中国本土から科学部門で初のノーベル賞

2015年のノーベル生理学・医学賞が今日発表された。受賞者はアイルランド William C. Campbell氏 、日本 大村智氏、中国 屠呦呦氏の3人が受賞した。受賞理由は「一部の最も重大な寄生虫病の治療分野で、今年の受賞者は革命的な治療法を開発した」

中国の屠呦呦氏は1930年12月30日生まれ,浙江省寧波市出身、名前の呦呦は詩経の「呦呦鹿鳴」からつけられた。薬学家,中国中医研究院終身研究員兼首席研究員,青蒿素研究開発中心主任。抗マラリア薬アーテミシニンと双氫青蒿素(Dihydroartemisinin)を発見。屠呦呦氏が賞金の半分を受け取り、残りを二人で分ける。
諾貝爾醫學獎3得主 對抗寄生蟲病有成 中央社
諾貝爾醫學獎陸首位得主 屠呦呦獲1/2獎金 中央社
諾貝爾醫學獎 屠呦呦獲一半獎金 聯合報

中国の記事の中でなぜノーベル賞が取れなかったか分析している記事があった。第一に研究開発費のGDPにしめる割合が低かった。2000-2003年日本のGDP比は2.99%,3.07%,3.12%,3.15%だったとしている。その間中国は1%以下だったとしている。現在は書いていないので今は中国が多いのかもしれない。第二に教育体制と科学技術体制、基礎科学への費用が少ないとしている。その他学生は優秀だが権威を重んじる体制のため、自由な発想ができない。論文の数量や質研究態度など。
中国人终于获得诺贝尔科学奖项了!创造力多重要! 搜狐母婴
http://baobao.sohu.com/20151005/n422608073.shtml 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)