2015年10月13日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2015年10月13日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:報道によると、日本側は、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)が中国の申請した「南京大虐殺文書」を世界記憶遺産に登録することを決定したために、日本政府がそこに提供している経費を停止或いは減少させることを考慮すると、表明した。日本側はまた中国側がUNESCOに提供した一部の申請資料は虚偽の可能性があると言った。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
菅官房長官、ユネスコ拠出金の停止検討 世界記憶遺産に「南京大虐殺の記録」登録受け The Huffington Post
世界記憶遺産 中国報道官「日本がユネスコを公然と脅迫」と反発 YAHOO!

答:私は関連報道に留意している。日本側がUNESCOに対して公然と威嚇する言論を発していることに驚かされた、まったく受け入れることは出来ない。UNESCOは「南京大虐殺文書」の世界記憶遺産登録申請問題において客観的専門的立場を執(と)っている、中国側はこれについて十分肯定する。南京大虐殺は第二次世界大戦期間日本軍国主義が犯した重大な犯罪で、国際社会公認の歴史事実だ。中国側の関係申請資料は世界記憶遺産登録の審査基準に完全に適合している、申請手続きもUNESCOの関係規定に完全に適合しており、UNESCO国際諮問委員会は厳格な関係手続きに基づき、慎重な討論と研究を経て関連の決定を下した。日本側がこの問題でUNESCOの正当な作業を度々妨害し、且つ公然と脅迫する言論を発したことは、日本が歴史問題において今なお間違った歴史観を頑固に堅持していることを再度十分に暴露したということでしかない。

私が強調したいのは、日本側は国連関連機関に対する経費を削減すると脅迫することはできるが、しかし日本側は過去の歴史の汚点を拭い去ることはできない、更に汚れがひどくなるだけだ。我々は日本側が歴史と未来に対する責任ある態度に基づき、ただちに理のない絡(から)み行為とUNESCOに対する妨害威嚇活動を停止し、侵略の歴史を適切に正視、深く反省し、間違いを正し、実際の行動でアジアの隣国と国際社会に本当に信頼されるよう、厳粛に促す。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/jzhsl_673025/t1305461.shtml 中国外交部


问:据报道,日方表示,由于联合国教科文组织决定将中国申报的《南京大屠杀档案》列入世界记忆名录,日政府考虑停止或减少向其提供经费。日方还称中方向联合国教科文组织提供的部分申报材料可能是虚假的。中方对此有何评论?

答:我注意到有关报道。日方对联合国教科文组织进行公然威胁的言论令人震惊,完全不能接受。联合国教科文组织在《南京大屠杀档案》申报世界记忆名录问题上秉持了客观专业的立场,中方对此予以充分肯定。南京大屠杀是第二次世界大战期间日本军国主义犯下的严重罪行,是国际社会公认的历史事实。中方有关申报材料完全符合世界记忆名录的评审标准,申报程序完全符合教科文组织的有关规定,教科文组织国际咨询委员会严格按照有关程序,经过慎重讨论和研究作出了有关决定。日方在这个问题上一再干扰联合国教科文组织正常工作,并且发出公然威胁的言论,只能再次充分暴露出日本在历史问题上迄今仍在顽固坚持错误历史观。

  我想强调的是,日方可以威胁削减对联合国有关机构的经费,但是日方抹不去过去的历史污点,而且只会越抹越黑。我们严肃敦促日方本着对历史和未来负责任的态度,立即停止无理纠缠和对联合国教科文组织的干扰威胁活动,切实正视和深刻反省侵略历史,纠正错误,以实际行动来真正取信于亚洲邻国和国际社会。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)