台湾の中国国民党が17日に総統選挙候補者変更の第19回全国代表大会臨時会議開催

台湾の中国国民党が17日に第19回全国代表大会臨時会議を開催して総統選挙候補者の変更をするという。
廢柱提名 喬定了?國民黨中常會前氣氛詭譎 聯合報
代表大会臨時会議開催を決定した中央常務委員会では委員が洪秀柱氏を交代させる提案をした時、洪秀柱氏の今までの勇気と努力に感謝して提案をしたという。

今日の中国国民党中央委員会 公告


中国国民党中央委員会 公告
104年行管総字第148号
主旨:中国国民党第十九回全国代表大会臨時会議
依拠:中国国民党党章第十八条規定「中央委員会は必要或いは直轄市及び県市級の党部の半数以上の要求がある時、臨時全国代表大会を招集(原文は召集)できる」。104年10月7日第十九期中央常務委員会第95回会議決議を経て、第十九回全国代表大会臨時会議を特別に招集する。
公告事項:一、本党第十九回全国代表大会臨時会議期日及び地点:
       期日:中華民国民国104年10月17日(土曜日)午後。
       地点:台北市信義区仁愛路4段505号国立国父紀年館大会堂。
     ニ、今回の会議の重要議題:全党の共通認識を凝集し、心を同じくして協力し、団結協力し、全力で中華民国第十四代総統、副総統と第九期立法委員選挙で勝利の栄光を勝ち取る。
     三、各級党部党員は今回の会議の重要議題に対する具体的建議は、所属する各段階の党部に提示し、或いはインターネットを通して中央に集めてから提出するように(原文は各級黨部黨員對本次會議重要議題具體建議、請向所屬黨逐級反映、或透過網路提出、由中央彙處。)。

中華民国104年10月12日


今日の国民党の新聞稿


新聞稿  中國國民黨文化傳播委員會 104.10.14
朱主席:滅亡を救い生存を図る時(救亡圖存時刻)、臨全会では共通認識を凝集させ、団結して選挙に勝利する

中国国民党主席朱立倫は今日(14日)表明した、「臨全会の目標は共通認識を凝集させ、団結して選挙に勝利する;10月17日の後、一つの団結した国民党が、責任を持って国民党の中心となる主張、共通の理念と両岸政策を提出し、人民に選ばれることを勝ち取るだろう」 朱主席は強調した、「今は国民党の滅亡をすくい生存を図る時だ、絶対に権力を争い、易きに逃げるときではない!(這是國民黨救亡圖存的時刻,絕對不是爭權力、求好處的時候! )」

朱主席は今日中常会で臨全会を開くことに対して、関連説明をした。朱主席は衷心より洪副院長の今までの勇敢さ、責任、払った努力とに感謝し、全党及び洪副院長に向って頭を下げ申し訳ないという気持ちを表した。彼は指摘した、「これは決定せざるを得ない時のせざるを得ない決定だ(這是不得不做決定的時刻,也是不得不做的決定)。私は党主席としてこのような決定をしなければならない、全党員同志に申し訳ないと表明する:私の努力不足と、意思疎通の不足だ、洪副院長に不当な仕打ちと不快な思いをさせた、最大限にすまないという気持ちを表したい」

朱主席は沈痛な心情で表明した、「2016総統大選まで残すところ百日に至らないこの時になって、党の選挙情勢は空前の低迷状態だ(黨的選情空前低迷)、一般民衆の情勢への意見或いは世論調査はどれも、国民党は隊伍を整え再出発(從新出發)しなければならないと明らかに示している。私は党主席として、『我々の党が歴史に消えていくのを見ることはできない、すべての同志が敗戦し、努力奮起しないのを見ることはできない(不能看見我們的黨,走入歷史,不能見到所有同志敗選,而不努力奮起)』。皆さんは同じ心だ、愛党、愛台湾、愛中華民国、敵は絶対党内にいるのではない、再び隊伍を整え、民衆の国民党に対する支持を勝ち取る」

朱主席は表明した、「臨全会の目標は共通認識の凝集、団結して選挙に勝つ、同時にすべての党員と支持者に呼びかけ、皆が新たに共通認識を凝集する。10月17日の後、団結した国民党は共同で責任を持って、国民党の中心の主張、共通の理念と両岸政策を提出し、すべての民衆を我々の共同の主張の下に団結させ、人民に選ばれることを努力して勝ち取る:一致団結し、台湾に別の一つの選択をさせる」

このほか、中常会は天気危険管理開発株式会社社長彭啟明博士を招き「開放政府、開放資料と開放機会:について専門講義を受けた。講義を聴いた後、朱主席は表明した、「これは開放政府或いは開放情報(Open Data)の時代だ、国民党は更にビッグデータ時代に、開放の姿勢及び若い世代の思考を用いて、新たに民衆に一体感を感じさせなければならない」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)