2015年10月19日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2015年10月19日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:報道によると靖国神社の秋の例大祭期間に、日本の安倍晋三首相は靖国神社に「真榊」を奉納した、高市早苗総務大臣、岩城光英法務大臣等は靖国神社に参拝した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
首相、靖国神社に真榊を奉納 秋季例大祭 YAHOO!
岩城法相、靖国神社を参拝 国務大臣の肩書で記帳 YAHOO!

答:靖国神社は侵略戦争に対して直接責任を負う第二次大戦のA級戦犯を祀っている、我々は日本政府要人の間違ったやり方に一貫して断固反対する。中国側は日本側が侵略の歴史をしっかりと直視し深く反省し、軍国主義と一線を画し、実際の行動でアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう促す。

問:アメリカのオバマ大統領は韓国の朴槿恵大統領と会談の後、韓国が中国と強力な関係を結ぶことを支持すると表明した。中国側はこれに対して何か論評は有るか? 朴槿恵大統領は、もうすぐ韓国で開催する中日韓首脳会談期間に日本の安倍晋三首相と日韓首脳会談を行いたいと表明した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
米韓首脳会談 「同じ声をあげよ」オバマ政権、朴外交に足かせ YAHOO!
日中韓、11月初めに首脳会談 朴氏「日韓関係改善に重要な機会」ロイター

答:中国側は協力によるWin-Winを核心とする新型国際関係の構築推進に力を尽くし、アメリカ、韓国を含む世界各国と良い相互作用を保持し、相互信頼を増進し、協力を開拓発展させ、利益の合流点の拡大に努力し、地域と世界の平和、安定と発展のためプラスのエネルギーを提供し、二国間、多国間のウィンウィンを実現したい。中国側は米韓関係の発展を希望し、米韓関係の発展が地域の平和と安定維持に役立つよう希望する。

韓日首脳会談に関しては、私は関連報道に留意している。中国側は韓日が関係を発展させるよう希望し、韓日関係の発展が地域の平和と安定の実現に貢献し、関係国家が平和的発展の道を歩むことを堅持するように貢献することを希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/jzhsl_673025/t1307223.shtml 中国外交部


问:据报道,在靖国神社秋季例行大祭期间,日本首相安倍晋三向靖国神社供奉了“真榊”祭品,总务大臣高市早苗、法务大臣岩城光英等参拜了靖国神社。中方对此有何评论?

答:靖国神社供奉着对侵略战争负有直接责任的二战甲级战犯,我们一贯坚决反对日本政要的错误做法。中方敦促日方切实正视和深刻反省侵略历史,同军国主义划清界限,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

问:美国总统奥巴马在与韩国总统朴槿惠会谈后表示,支持韩与中国发展强有力关系。中方对此有何评论?朴槿惠总统表示,愿意在即将于韩国举行的中日韩领导人会晤期间与日本首相安倍晋三举行双边会晤。中方对此有何评论?

答:中方致力于推动构建以合作共赢为核心的新型国际关系,愿与包括美国、韩国等在内的世界各国保持良性互动,增进互信、拓展合作,努力扩大利益汇合点,为地区与世界的和平、稳定与发展提供正能量,实现双赢、多赢和共赢。中方乐见美韩关系发展,并希望美韩关系发展有利于维护地区和平与稳定。

关于韩日领导人会晤,我注意到有关报道。中方乐见韩日发展关系,希望韩日关系的发展有助于实现地区的和平与稳定,有助于推动有关国家坚持走和平发展道路。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)