2015年10月22日中国外交部記者会見(全文)

2015年10月22日中国外交部記者会見(web発表の全文)


問:報道によると、近日、日本側は中国側が双方の2008年6月ガス田開発に関する合意に違反して東シナ海で一方的に開発を進めていると言って抗議する、あなたはこれに対して何か回答することは有るか? 中日は近い内に高級事務レベル海洋協議を開催するかどうか? 双方の防衛当局間の海空連絡メカニズムは運用開始をされるかどうか?
中国のガス田開発に抗議へ…来月、日中海洋協議 YAHOO!

答:中国の東シナ海ガス田開発活動は議論の余地のない中国管轄海域で進められている、所謂「一方的な開発」の問題は存在しない、日本側が東シナ海問題での原則的共通認識を正確に認識し、再び理不尽な要求をしないよう希望する。

中日高級事務レベル海洋協議は中日の海洋事務に関する総合的連絡協調メカニズムだ、双方はこのメカニズムの下東シナ海防衛、法執行、ガス田、科学的考察、漁業等の各方面の問題について意見交換を行っている。今年1月開催された第三回中日高級事務レベル海洋協議*で、双方は今年後半中国で第4回協議を開催することで原則合意した、現在双方は協議の時間、場所等の取り決めについて話し合いを進めている。
*)日中高級事務レベル海洋協議第3回全体会議及びワーキンググループ会議の開催 日本外務省

中日防衛当局間の海空連絡メカニズムを打ち建てることは両国首脳同士で共通認識が成立しており、東シナ海海空危機管理力を強化し、誤解誤判断を避け、東シナ海の平和と安定を維持するのに役立つ。中国側は双方が去年成立させた4つの原則的共通認識の基礎の上、日本側と関連問題について意思疎通を強化したい。

問:習主席の訪問期間、英国政府は中国からイギリスへ来る観光客に十年有効のビザを発行する計画を提出した。中国側は中国に来るイギリス観光客に長期の数次有効ビザを提供する計画をしているか?
英国计划向中国赴英游客推出10年签  四川新闻网
http://travel.newssc.org/system/20151022/001768077.html

答:中国側はイギリスを含む世界各国が中国と外国の人員往来に便利な措置を提供することに対して歓迎の意を表明する。中国側は平等互恵の原則に基づいて、各国と人員往来を強化便利にすることについて密接な意思疎通と協力を保持したい。

問:報道によると、最近開催された第二回中日ハイレベル政治対話で、日本側が来年中日首脳相互訪問を再開するよう提案した。あなたは確認できるか?

答:第二回中日ハイレベル政治対話に関して、中国側は既に関連状況を紹介した。関連報道は事実と符合しない。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/jzhsl_673025/t1308226.shtml


问:据报道,近日,日方抗议称中方违反双方2008年6月有关油气田开发协议在东海进行单方面开发,你对此有何回应?中日近期是否将举行海洋事务高级别磋商?是否将启动双方防务部门海空联络机制?

答:中国东海油气开发活动是在无争议的中国管辖海域进行,不存在所谓“单方面开发”的问题,希望日方正确认识东海问题原则共识,不要再提无理要求。

中日海洋事务高级别磋商是中日涉海事务的综合性沟通协调机制,双方在这一机制下就东海防务、执法、油气、科考、渔业等方方面面的问题进行沟通。在今年1月举行的第三轮中日海洋事务高级别磋商中,双方原则同意今年下半年在华举行第四轮磋商,目前双方正就磋商时间、地点等安排进行协商。

建立中日防务部门海空联络机制是两国领导人达成的共识,有利于加强东海海空危机管控,避免误解误判,维护东海和平稳定。中方愿在双方去年达成的四点原则共识的基础上,与日方就有关问题加强沟通。

问:在习主席访问期间,英国政府提出计划向中国赴英游客发放十年有效签证。中方是否计划对来华的英国游客提供长期多次往返签证?

答:中方对包括英国在内的世界各国推出的便利中外人员往来的举措表示欢迎。中方愿本着平等互惠原则,与各国就加强和便利人员往来保持密切沟通与合作。

问:据报道,在前不久举行的第二次中日高级别政治对话中,日方提议明年恢复中日领导人互访。你能否证实?

答:关于第二次中日高级别政治对话,中方已经介绍过有关情况。有关报道不符合事实。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)