台北市今日の新聞稿から

台北市の今日の30前後ある新聞稿の中の市長の動静が掲載してある一つから


8メートル以下の狭い道路際の停車枠の全面的な課金が始まる 柯文哲:日中以外は暫時課金停止
發布科室:媒體事務組
發布日期:2015/11/12

12月1日から始まる8m以下の狭い道路際の停車枠の全面課金政策に対して、柯文哲は12日市議会の總質詢(一般質問?)で、当政策の主要な目的は交通管理のためだ、「使用者への課金」のためだけではない台北市の道路をもっと有効利用させると強調した、これにより議員が建議した意見に対して、彼は住宅区の8mの狭い道は月曜から金曜の勤務時間(午前9時から5時まで)だけ課金、6m以下4mまでは、優先して標線型歩道*を設け、現に有る停車枠は課金しない、ただもしその地の住民が多数決で同意したら、課金させる、とした。
*)臺北市鄰里交通環境改善計畫 youtube

議員はまた、この政策の実施時、柔軟な対応をして(原文は一定要做好配套思考)地域住民の本当の声を理解しなければならないと注意した、柯文哲は表明した、「わたしは議員の建議に同意する、全市12行政区の古い自治体で標本調査をする」

この他、議員は一旦8m以下の道路際の停車枠で全面課金を始めたら、車使用者の停車空間を圧縮するのは必定だ、新北市のやり方に倣って、進行方向に向って揃えて停車する枠を設ける可能性は? と指摘した。停管処長謝銘鴻が説明して、路辺駐車枠全面課金政策実施時、車、バイク、自転車を整列させて、道路の秩序はもっと良くなると信じる、ただ議員の建議は法案の方策検討の中で、消防安全に影響せず、通行人の安全の前提の下、一方向停車枠の設置の可能性を考えられる。(但議員的建議會納入配套方案檢討,在不影響消防安全、行人安全的前提下,可以思考劃設順向機車停車格的可行性。)

(中略)

午前、柯文哲は台北府城隍(土地の神,、産土神に似ているようだ)廟に行き廟方百年の伝統習俗「丁亀開刀儀式」に参加した。柯文哲は挨拶で表明した、「台北市長として、自分はしばしば臺北府城城隍廟に来て拝み、国家安康を祈り、また信徒の無病息災、万事如意も祈る」 参拝行事の後、柯文哲は200個の丁亀を人々に配った、別に子どもたちに市長が200元のお祝いを渡した。

丁亀求子の伝統習俗は家の中に男の子が生まれた若者がいると(丁龜求子的傳統習俗是家中有年青人生男丁)、年長者が願成就のお礼に数千斤の丁亀を準備し、府城隍に子供の無病息災を祈る。毎年台北府城隍爺の誕生日に、子供ができた若い信徒が、廟にやってきて、府城隍爺にお礼をし、丁亀祝寿慶賀の準備をし、再び丁亀を他の子供或いは子供がほしい人に縁の有る人に分け与える。
(以下略)







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)