蔡英文主席の副総統候補は陳建仁氏

台湾では2016年1月16日に総統選挙と立方委員の同時選挙が行われる。与党国民党の総統候補は朱立倫主席、野党の民進党は蔡英文主席が総統候補になっている。今日民進党はまだ決まっていなかった、副総統候補者を陳建仁氏(64歲)だと発表した。wikiから略歴を見ると、1951年生まれ64歳蔡英文主席より5歳上。高雄市出身。台湾大学動物系卒業。米ジョンズ・ホプキンス大学で公共衛生学院流行病学と人類遺伝博士号取得(1982年)、中央研究院生物医学科学研究所合聘研究員(1988年)、2003年衛生署署長、現在中央研究院副院長。父親は元高雄県長、弟も中央研究院院士。カトリック。科学者。
民進党の新聞稿から


勇気と智慧と慈悲で台湾を反転させる 陳建仁:チームが愛と平和の種を蒔く人になれるよう切に希望する
2015-11-16

民主進歩党主席総統候補者蔡英文は今日(16日)正式に陳建仁副院長を選挙運動の同伴者にした、副総統候補者陳建仁は記者会で挨拶して、チームが愛と平和の種を蒔く人になることができ、分裂した場所で団結を促進し、憎みあう場所で友愛を伝え、失望の場所で希望を喚起し、暗闇の場所で光を放つよう切に望んでいる、と表明した。

副総統候補者陳建仁の挨拶全文は下の如し:

蔡主席、選挙運動本部の幹部各位、政策研究専門家、特別の来賓、李明亮教授、蘇益仁教授、各記者女性の皆さん、こんにちは!

台湾は今大事な選択の時期に直面している、私達は天国に向かうか地獄に向かうか、光を仰ぐか暗闇に入るか、衰退し続けるか新しく生まれ変わるか、これはみな台湾の2016年1月の重大な選択によって決定する。台湾を深く愛する誰も皆責任を他人に押し付けることはできない、蔡主席が私に副総統を引き受けるよう求めて問うた時、私は選択を弁別しまた私の妻と洪総主教と李遠哲院長に教えを請わなければならないと表明した、学術研究はずっと最も好きな仕事だった、一旦学術研究を放棄し、公共のために従事すれば、私は一気に純粋な研究の生涯を失うだろう(原文は我將失去一聲醇心的研究生涯)、私は確かに捨てきれずあがいた。

私の妻と娘は私のために祈った、彼女らは神のお召しを感じた、私が世の光、地上の塩*とならなければならない、ろうそくの光のように自己を燃やし、台湾を照らす、或いはひとつまみの塩のように、自分を溶かして、台湾人の命に更に味をつけるため。洪総主教は私に告げた、天主教徒の学者の政治参加は、学術研究を、主を愛し人を愛する実践に変えることができる、彼は言われたフランシスコ法王もまた、政治が清新な雰囲気をもたらし、特に貧困を気遣い、弱者を思いやるために、信徒の政治参加を奨励しておられる、政治屋はずっと自分のために利権を貪っているが、政治家は逆に人民の要望に従うことを自己の責任と見なす、フランシスコ法王は更に仰言(おっしゃ)っている「本当の権力はサービスだ」、「善き羊飼いは羊の群れの息の中にいなければならない(好牧羊人要沾滿羊群的氣息)」、飢えた人、喉の渇いた人、裸の人、帰るべき家のない人を自ら世話をして。
*)マタイ 5章13~16節

李遠哲院長は私を政治闘争の渦の中に投げ入れる事に気が進まなかった、彼は私が引き続き中央研究院で学術研究に打ち込むことを希望していた、しかし国を憂い民を憂う彼はまた、台湾が地球温暖化、環境破壊(環境變遷)、食糧安保、生態系の危機及び社会不平等等の種々の問題に直面しており(因應著)、どれも急いで解決する必要があると言った。彼はまた信じていた、蔡主席の政見はどれも具体的で、実行可能で、台湾の将来を最も保証するものだと。

私が生物工学医薬(バイオテクノロジー・医薬)政策策定の過程で、私と研究チームは(民進党系の)政策研究所の同僚と一緒だった、私は蔡主席の日程が詰まっており、相当の辛苦だとわかった、しかし彼女は七時から夜の八時過ぎまで、私達と何度も討論した。彼女の奥深い見解はまた独特の見方をしていた、更に戦う力も有り、民衆のために幸福をもたらすことができる、彼女の努力は私を感動させずにはおかなかった。彼女の台湾に対する理解と専心は、私を彼女の指導の下なら将来の台湾は更に良くなると信じさせた、彼女には智慧があり、勇気と慈悲がある。

現在私はここに立って、私の蔡主席と彼女のチームに対しての全力での支持と協力を表明したい、私はまた私達チームが愛と平和の種を播く人*になることができ、分裂した場所で団結を促進し、憎みあう場所で友愛を伝え、失望の場所で希望を喚起し、暗闇の場所で光を放つよう切に望んでいる。台湾はもう衰退してはいけない、私達は勇気と智慧と慈悲で台湾を転換させよう、二千三百万人に新しく永続的な平安、繁栄と喜びを与えよう、謝謝皆さん、謝謝。
*)ルカによる福音書 8章4~15節


最新の世論調査によると各候補の支持率は蔡英文46.2%、朱立倫20.4%、宋楚瑜10.4%、未決23%


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)