柯文哲台北市長、親民党の候補者に贈り物

柯文哲台北市長は今日親民党主席宋楚瑜氏と、親民党港湖(台北市第四選挙区)立法委員候補者黃珊珊選挙事務所開きに出席した。出席したことも記事になっていたが、インタビューで国民党の連戦栄誉主席に言った言葉も記事になっていた。台北市の今日の新聞稿でも発表されていた。


柯文哲:候補者は力を尽くして人民の支持を勝ち取る、それこそが民主政治の最も尊ぶべきところだ
発布機關:臺北市政府秘書處
発布科室:媒體事務組
発布日期:2015/11/22

台北市長柯文哲は22日午前公開行事に出席した後メディアの取材を受けた、市長が「改変成真」の掛け軸を議員に送ったことをに関して、メディアが問うた、
メディア:「どういう意図か?」
柯文哲:「これは本来私の選挙中のスローガンだ、ここでも改変を真に成し遂げるよう希望する」

メ:「他の人には送らないのか? 他の議員より関心があるのか?」
柯文哲:「他の人にはまだ送っていない」

メ:「姚立明が今日の行事で発言したことに関して、港湖区の白色(無党派層)の力を親民党に集中させる意図か?」
柯文哲:「どの有権者も独立した個人だ、自分の好きな候補者を選ぶ、それでいい」

メ:「投票を集中できなければ改変は難しいのでは?」
柯文哲:「どの候補者も最大の力を尽くしてみんなの支持を勝ち取る、それこそが民主政治の最も尊ぶべきところだ」

メ:「馬習会の後、連戦元主席の立場が影響を受ける恐れがある、現在大陸と折衝をする代表が別の人に変わりそうだ、市長はどう見る?」
柯文哲:笑って回答した「この題目は call in 番組*の題目のようだ、私個人は習近平に会ったことがない、それゆえ習近平がどうするのかわからない、しかし自分の限られた経験から、こう話さなければならない、曾て上海の所謂(いわゆる)高官に会って、両岸で買弁(ばいべん)している者に話が及ぶとみんな侮蔑の表情だった、斉人はその妻妾に驕るのみということだ**」
*)視聴者参加型の討論番組のことらしい、たとえば2100全民開講 2012-03-27 youtube
**)原文は曾經見過上海所謂的高層,提到買辦也是一臉鄙夷之色,有時候講到也只是「齊人驕其妻妾」而已、うまく訳せないので各社の記事を総合して、柯文哲市長が曾て上海に言った時、上海の高官と話して連戦氏の名前が出た時或いは似たような立場の人の話になった時、みんな軽蔑する表情になった、連戦氏の評価は中共に取り入り儲けさせてもらいながら、台湾では威張っているような人間だと、柯文哲市長が婉曲な表現で毒舌を吐いた、と解釈して訳してみたので原文通りではない。中時電子報の記事では「齊人驕其妻妾」は外では食を乞いながら、家では威張っている男の手段を選ばず富貴を求める姿を軽蔑する意味。http://www.mugyu.biz-web.jp/nikki.26.12.22.htm (このリンクは個人の漢文解説ページ)


酸兩岸買辦 柯:齊人驕其妻妾 自由時報 「両岸で買弁に皮肉、斉人その妻妾に驕る」
柯毒舌酸兩岸買辦:齊人驕其妻妾而已 中時電子報 「柯毒舌両岸の買弁に皮肉、斉人はその妻妾に驕るのみ」
兩岸談買辦「一臉鄙夷」 柯文哲:齊人驕其妻妾而已 ETtoday「両岸で買弁に話が及び軽蔑の顔色、柯文哲:斉人はその妻妾に驕るのみ」
国民党元主席の連戦氏、息子の対立候補を批判ー台北市長選

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)