台南市がデング熱克服を宣言

台南市が新聞稿で1日に行われた記者発表会見を載せて、蚊がいなくなったことを観光客に呼びかけている。


台南に蚊はいない急いで来てくれ、頼市長一生懸命観光客の回帰を呼びかける
刊登發佈日期:2015/12/3 上午 10:51:24

台南市のデング熱はようやく治まってきた、市政府は観光客が帰ってくるようにと、特別に観光宣伝フィルムを撮影し、またネットでの抽選活動を打ち出して、全国民衆が台南に旅行に来るのを歓迎する。今日(1日)「観光振興宣伝フィルム発表とネット抽選活動記者会見」を開催した、映像の中の4人の主役のおばあさん本人が頼清徳市長と一緒に紅じゅうたんの上を歩き、壓馬路為台南拚觀光(「歩き回り台南観光のため頑張った」か?)、頼市長は何度も「台南に蚊はいない、台南に現在蚊はいない」と強調し、みんなが台南に遊びに来るように、また航空券と宿泊券等の抽選ができると呼びかけた!

頼市長は強調した、「今年台南市のデング熱はひどかったが、しかし疫病は一ヶ月半前に制御できた、学者が予想した四、五万人には至らなかった、これもみんなが一緒に努力したおかげだ、特に市の各部署、各界の協力してくれた貴賓、撮影人員と『台南4つの花』の手助け、観光産業推進の共同の努力に感謝する。とりわけ台南の10月は観光産業は困難に遭遇した、今回の公告活動を推進した後、いい効果が表れ、来年元の或いはより良い水準に達する事を希望する」

今日の記者会で発表した映像の主題は「台南に蚊がいない 急いで來pinn望」、今回の映像は特別に最近ネットで話題の「正興三姝」蔡惠玲、郭明珠、黃玉霞及び鳳梨阿嬤翁玉梅等の四人の素人のおばあさんが主役を担当し、林百貨、正興街、新化老街、府中街、後壁土溝等の地を背景に、台南の地元のおばあさんの雰囲気を演出に使い、全国の人に「蚊がいなくなったから、すぐに行こうじゃないか」と訴え、台南の厚い人情を感じ、美食、買い物、農村小旅行等の豊富な体験をするよう熱心に招いている。
(以下略)







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)