2015年12月29日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2015年12月29日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:日本、韓国は「慰安婦」問題について共通認識を成立させ、日本の安倍晋三首相は被害者に対しておわびを表明した。中国側は今後「慰安婦」問題について日本側と協議し更にこの問題の最終解決を推し進めるかどうか?

答:日本軍国主義が引き起こした侵略戦争は中国とその他のアジア被害国人民に大きな災難をもたらした。我々は日本側があの侵略の歴史を正しく認識したうえで対応し、歴史の教訓を汲み取り、実際の行動でアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう一貫して要求してきた。

「慰安婦」問題に関して、昨日私は既に中国側の立場を詳しく述べた。我々は日本側が侵略の歴史を適切に直視・反省し、責任有る姿勢で関連問題を処理するよう再度促す。この立場は一貫しており、変わってはいない。

台湾側が、台湾「慰安婦」問題について日本側と協議を進めると表明した。中国政府は日本側に申し入れをするか?
<慰安婦問題>馬英九総統、日本に謝罪と賠償求める/台湾 中央社
<慰安婦問題>台湾の支援団体が今後の対応検討へ=日韓合意受け 中央社
日韓慰安婦問題/爭權益 蔡英文:會全力支持 聯合報

答:第二次世界大戦期間、日本軍国主義は中国各地で「慰安婦」を強制連行し、重大な人道に反する罪を犯した。我々は日本側が責任をしっかりと負って、被害者の懸念を尊重し、ぜひとも関連問題をしっかりと適切に処理するよう促す。

問:中国側は日本側が「慰安婦」問題を誠意有る解決をしたと考えるか?

答:「慰安婦」問題は中国、韓国を含むアジアの多くの被害国人民の感情と尊厳に影響を及ぼしている。我々もあなたと同じように、日本側が言行を一致させ、表裏なく、終始一貫することができるかどうか注目している。我々は刮目して待っている。

問:報道によると、日本の安倍昭恵首相夫人は28日彼女の社会交流型媒体(Facebook)の個人ページで靖国神社に参拝したと表明した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
首相夫人が靖国参拝 交流サイトに書き込み BLOGOS

答:中国側の靖国神社問題においての立場は明確で一貫している。我々は日本側が過去のあの侵略の歴史を真剣に直視して深く反省し、徹底して軍国主義と一線を画し、アジアの隣国と相互信頼を高め和解を実現するために、誠心誠意の努力をするよう促す。歴史問題に正しく対応する上において、日本側がしっかりと表裏なく、言行を一致させ、終始一貫することができるよう希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1328542.shtml 中国外交部


问:日本、韩国就“慰安妇”问题达成共识,日本首相安倍晋三向受害者表示道歉。中方今后是否将就“慰安妇”问题与日方磋商并推动这一问题最终解决?

答:日本军国主义发动的侵略战争给中国和亚洲其他受害国人民带来了深重的灾难。我们一贯要求日方正确认识和对待那段侵略历史,汲取历史教训,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

关于“慰安妇”问题,昨天我已阐述中方立场。我们再次敦促日方切实正视和反省侵略历史,以负责任的态度处理有关问题。这一立场是一贯的,没有变化。

问:台湾方面表示,将就台湾“慰安妇”问题与日方进行磋商。中国政府是否会向日方提出交涉?

答:二战期间,日本军国主义在中国各地强征“慰安妇”,犯下了严重的反人道罪行。我们敦促日方切实负起责任,尊重受害者的关切,一定要切实妥善处理好有关问题。

问:中方是否认为日方有诚意解决“慰安妇”问题?

答:“慰安妇”问题牵动着包括中国、韩国在内的亚洲很多受害国人民的感情和尊严。我们也跟你一样,关注日方是否能做到言行如一、表里如一、始终如一。我们拭目以待。

问:据报道,日本首相夫人安倍昭惠28日在其社交媒体个人主页上称其参拜了靖国神社。中方对此有何评论?

答:中方在靖国神社问题上的立场是明确和一贯的。我们敦促日方切实正视和深刻反省过去那段侵略历史,彻底同军国主义划清界限,为同亚洲邻国增进互信、实现和解作出真心诚意的努力。在正确对待历史问题上,希望日方能切实做到表里如一、言行如一、始终如一。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)