選挙前の黄金週

日本のゴールデンウィークは5月の大型連休だが台湾では16日の投票日を前にした今週末今週末からを選挙前の黄金週と呼ぶようだ、各党は最後の投票呼びかけをして、一番みんながアドレナリンを出す時期のようだ。民進党の新聞稿から


選挙前の黄金週 国民党は大規模買収に関係している 民進党:朱立倫主席は社会に向かって謝らなければならない
2016-01-04

近日新竹市の万人食事会と嘉義水上郷郷代会主席の買収選挙等容疑の案件について、民主進歩党発言人黄帝穎、楊家俍は今日(4日)「国民党最賄選!?(原文のまま)」記者会を開いた、黄帝穎は表明した、
「選挙前の黄金週に近づいての票買収案件がますます増えてきた、しかし朱立倫主席は現在の所まだ国民党が大規模買収に関係していることを直視したがらない。これに対して私は朱立倫主席に呼びかける、無料食事会等買収選挙の問題に対して逃れることはできないし、国民党の長年に渡るこのような多くの買収選挙の案件に対して、彼は国民党主席として責めを負わなければならないだけでなく、新竹市の千卓万人宴と国民党嘉義郷代会主席が拘留された等の案に対して、社会に向かって謝らなければならない」

「今日早朝国民党水上郷郷代呉培裕が拘禁された、これは法律の上での検察官或いは裁判所の認定にかかわらず、国民党郷代会主席の容疑は重大だ。先週、新竹の千卓万人食事会があった、明らかに万人の選挙応援で且つただで飲食を提供している。法務部の文書の通知または裁判所の判決にかかわらず、候補者の応援のために無料の飲食を提供することは買収選挙の問題に関わると実質認定できることに対して、朱立倫主席は前の日曜これは忘年会だと言った、それは嘉義水上郷国民党籍郷代会主席が拘留された案件に対して、朱主席はこれは未だ審理しないのに先に判決を下すことだとするかどうかまた説明するのか*(黃帝穎說,不管是法務部的函示,還是法院的判決,對於提供免費飲宴為候選人造勢都是實質認定為涉及賄選的問題,朱立倫主席在上禮拜竟辯稱這是尾牙,那對嘉義水上鄉國民黨籍鄉代會主席被收押案,不知道朱主席會不會又講說這是未審先判)」
*)昨日国民党が声明を出して新竹市の食事会は選挙に関係ない、先に判決を下すようなことをするなと言ったことへの皮肉のようだ。

「買収選挙に対しては台湾人全部がはっきり知っている、国民党は選挙のたびに、いつも多くの政党関係者が買収選挙に関わってきた。民進党が作った表ではっきりわかるように、100年*から現在まで、国民党の買収選挙に関わり有罪の判決を受けた政党人員の案件で、国民党が連座しての処罰金は6080万に達する、全て国民党の党資産から払われている、更に遺憾なのは、このような選挙違反に対して国民党は現在まで、何の回答も示してはいない」
*)今年は民国105年

「朱立倫主席は先週の弁論会で、食事会買収の問題を問われた時、正面から回答しようとせず、説明する態度も取ろうとしなかったので、はっきりとわかった、私達は国民党が選挙前の黄金週に、本当に黄金を贈るかもしれないのを慎重に警戒しなければならない。このため私は全国民に共同で証拠を集めるよう呼びかける、どんな買収の話でも聞きさえすれば、すぐに携帯の録音。カメラ、ビデオを利用して、証拠を保全するよう呼びかける。民進党は現在票買収情報提供の賞金を上げている、総統、副総統候補者の賞金は500万元に上げ、立法委員候補者の賞金は200万に上げる、民衆が買収案件を勇躍検挙するよう希望する。

(その他国民党の党資産の問題や蔡英文主席への名誉毀損への反論など以下略)


国民党も毎日のように発言人が話しているようだ。國民黨:竹市餐會無關選舉 勿未審先判 中央社
https://www.youtube.com/watch?v=9katBcgLcsM

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)