呉釗燮民進党秘書長がアメリカで選挙結果を分析

民進党秘書長がアメリカに行き演説で選挙結果について分析してみせた、その梗概が民進党の20日の新聞稿に載せてある


呉釗燮(ごしょうしょう)秘書長選挙後アメリカに行き演説、選挙勝利の要因を分析しまた執政の将来を展望する
2016-01-20

民主進歩党秘書長呉釗燮はアメリカ東部時間(19日)ワシントンで演説し指摘した、「三回の政権交代を経て、台湾の民主は既に揺るぎないものになった、人民はやっと手に入れた民主的な生活方法を誇りに思い、また他人と分かち合いたいと望んでいる」 呉秘書長は招きに応じてアメリカシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)に行き挨拶した時分析した、「今回の選挙の結果は伝統的な統一と独立の二分法による解釈は適切ではない、民進党内部の世論調査が明らかに示しているのは、有権者が関心があったのは経済、食品安全、長期介護、所得分配、住宅価格、年金、社会住宅等の切迫した問題だ」

現場の数百人の台湾の選挙に熱心な関心を持つ聴衆に向き合い、呉秘書長は民進党勝利の要因を深く分析した。第一の要因は若い有権者が政府に不満を持っていた。その次、民進党政権の地方政府の実績が国民党地方政府に勝っていた。第三、民進党は両岸、南シナ海、対日釣魚島(尖閣諸島)紛争、農業貿易等の敏感な問題において、程合いをわきまえ、国民党の藍緑(国民党と民進党)の分化策略を無効化した。第四、民進党は早くから五大新産業計画等の各項政策白書を発表して民心を勝ち取った。

呉秘書長はまた強調した、両岸関係は選挙の主軸ではなかった、国民党敗戦の結果で中国に立ち向かうかどうか決めることはできないが中国の問題のためかどうか決めることはできない*。民進党候補者は選挙中両岸の議題を騒ぎ立てることはしなかった、それによって中国側の談話も相対的に静かになり、北京が台湾選挙に関与するマイナスな印象を作るのを避けた。
*)民進党日本語サイト

呉秘書長は言った、「民進党政府が引き継ぎから就任後までに着手進行するのは、対内的には対立を協力に変えることを強調し(民進黨政府從交接到就任後將著手進行的是,對內強調化對立為合作)、立法院の安定多数を追求し、政権引き継ぎ条例、両岸協議監督条例等を含む関連優先法案を推進するのを有利にする。さらに五大イノベーション産業計画をもとに経済構造改革の推進を強化する。対外関係上では、国際と両岸関係の友好善隣を追求することを方針として、一致性と予測可能性及び台湾の国際社会に対する実質的な貢献を確保する。またTPPとRCEP貿易協議への加入、国際人道援助と災害救助等を積極的に推進する」

両岸関係面では、呉秘書長は重ねて蔡主席が去年六月CSISで講演をしたとき提示した原則を表明した。それは両岸が平和的に安定している現状を維持し、中華民国の現行憲政体制と普遍的民意、両岸二十年以上の積み重ねた協議交流相互作用の成果を基礎として、両岸関係の平和的安定的な発展を推進するということだ。九二共識の問題に関しては、蔡主席が総統選挙弁論会で及び政見発表会で明確に指摘したように、民進党は1992年両岸両会会談の歴史事実を否認しない、また双方が持つ相互了解、小異を残して大道につきくを認め、両岸関係を前進させることを認めている。2000年国民党が創りだした九二共識名の争点に対しては、彼女は九十二年の両岸会談の基本事実と小異を残して大道につくの精神に帰ることを主張している。それは将来最大限の力を尽くし、台湾と中国大陸の間の相互が受け入れられる相互交流の道を追求し、挑発せず、事故を起こさないということだ。

現場の観衆とメディアの質問を受けた時、呉秘書長は南シナ海、両岸、貿易協議、国際参与、及びいかに施政を阻害する力を取り除くか等の議題について一々回答した。呉秘書長が強調したのは、民進党政府は南シナ海のいかなる主権も放棄しない、しかしすべての関係国に「国際法」と「国連海洋法条約」の主張と立場を順守するよう呼びかける、各国はみな共同で南シナ海地域の航行の自由と飛行の自由の権利、並びに平和的手段で南シナ海争議を処理する義務がある。国際貿易協議においては、TPP加入は朝野の共通認識だ、ただ法律等基本的事項を完備する必要がある。特定の産業において、市場開放の競争力を強化し、また食品表示を強化して消費者の食の安全に対する要求に呼応する、協議前に結論をあらかじめ設定してはいけない(在特定產業上,會強化其市場開放的競爭力,並加強食品標示以呼應消費者對食安的要求,且不能在談判前就預設結論)。


https://www.youtube.com/watch?v=z6Y3VPbGUnM
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)