柯文哲市長読書の習慣について語る

柯文哲市長の日本訪問前日23日のインタビュー。台北市の新聞稿から


インターネット書店の読者活動に出席 柯文哲:読書は自己の精神を自由に探求させる
発布機關:臺北市政府秘書處
発布科室:媒體事務組
発布日期:2016/1/23

台北市長柯文哲は23日インターネット書店の読者活動に出席した、彼は活動の中で彼の自分の読書心得を披露した。彼は読書は自己の精神(原文は靈魂)を自由に探求させることができると言った。仕事上の本以外に彼は特にみんなにどんな本を読んだほうがいいかとか推薦する必要を感じない、どんな本を読むかはそんなに重要なことではないと言った。

柯文哲は表明した、
「市長になってから読書時間が少なくなったのにはどうしても慣れない。私はもともと読書が大好きだった、実際台湾大学をやめる前は、計算してみるのに毎朝大体五時間読書ができた。私は台湾大学で教授として基本的に知識を作る人であり伝達する人だったため、多くの世界の知識を吸収する必要があった、それで読書をもともと私の習慣にしていた」

「急いでここに来る途中、秘書が私に三冊推薦する必要があると言ったが、ここについてからみんなにどんな本を読むのがいいか言う必要はないと思った。仕事上で必要な本以外に、実際更に重要なのは、読書それ自体が自分の精神を自由に探求できるようにさせる習慣だということだ。それ故本来教育局が私に三冊推薦させるようなことは無用だと考える、ただみんながこの種の読書を楽しむ習慣或いは嗜好がありさえすればそれでいいんだ、何を読もうがそんなに重要なことではない」

「私は台湾の国民の読書のやり方についていつも思っているのは、アメリカ人は面白いもの新しい物を見て、いつも言うのが『これは面白い!』だ、しかし私達台湾人は新しいものを見た時の第一声が『なんの役に立つのか?』だ、私がいつも病人のためにネット上で資料を探したのも必要な知識がいるためだった」

現場の民衆が柯市長に普段どんな本を読むか聞いた、彼は言った、
「何でも読む、各種の本はみな読むべきところがある(各種書通通都有在讀)、私が気づいたのは、私は以前英文の本を読むほうが中文の本より多かった、医学ではまだ多くのものが答えがない(醫學還是有很多東西是無解的)、それゆえ一時期私の頭は英語で考えていた。現在市長となって英語で考えることは比較的少なくなった。通常は私は何を読むかとか考えず、どんな本でも手元にある本を読む(通常不是他讀什麼書,而是什麼書落在他手上,他就會看)」

活動後柯文哲はメディアの取材を受けた、
メディア:「蔡英文の本「英派」について何か感想はあるか?

柯文哲:あの本は読んだ、いいと思った。ただ後半になると文章の組み立て配置が乱れている(但書後面的文字編排布局亂亂的)、前半の内容はいい*」
*)下のビデオではメディアが、ということは民進党の政策の構成が悪いということかと聞き、市長が、違う違う本の話だ拡大解釈のし過ぎだと笑って答えている。

メディア:あるメディアの報道では柯市長が副市長候補に三、四人男性、民進党籍を考えているという

柯文哲:私はまだ気に留めていないとは言っていない(沒有講他還沒有注意到)、帰ってからまた見て研究する(回去再研究看看)。

メディア:副市長候補を既に面接したのか?

柯文哲:私は明日日本に行く、面接はしばらく中断だ。

メディア:誰を面接したのか?

柯市長は答えなかった。

メディア:民進党籍の副市長にする気はあるか?

柯文哲:必ずしも民進党籍とは限らない、能力があれば良い。

メディア:昨日忠孝橋で事故が起きて台北市の交通を混雑させた(讓臺北市交通打結)、ああゆう状況はSOP(標準作業手順書、危機管理マニュアルという意味か?)に従う状況ではないか?

柯文哲:昨日渋滞した車の中で耐えられなかった、すぐにlineで交通局長鍾慧諭にこのような場合はSOPに書いているように処理するよう言った。

メディア:あのような重大事故は新北市との連携を強化するべきかどうか?

柯文哲:問題に向き合うことが解決の第一歩だ、これは市長が処理することではない、交通局長がすぐに問題を分析して改善方法を提出しなければならない、昨日鐘局長に言っておいた。

メディア:臨時にホテルの部屋を今回の大寒波を避けるためにホームレスの人に提供したことがネットで賞賛されていたが、柯市長の考えか?

柯文哲:私はただ社会局、衛生局に温度が10度以下になったら臨機応変に対応するよう(衛生局將溫度低到10度以下啟動的系統整合一下而已)指示しただけだ。

メディア:今日大安森林公園でホタルの幼虫を放流するそうだが?

柯文哲:私は耐えられない(他實在是受不了了、多分大寒波の話だろう)、どう処理するか担当部署に回答させる。

メディア:市長が平素愛読している論語で選挙後の政局を形容してください。

柯文哲:「子曰く、天何をか言わんや。四時行われ、百物生ず。天何をか言わんや*」 意味は、聞く必要はない、なるようになるさだ。
*)Web漢文大系
(以下略)


https://www.youtube.com/watch?v=dkkzGAFZ7BU
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)