中国人民解放軍戦区成立大会を北京で開催

中国の人民解放軍が今までの七大軍区制から五大戦区制度へと変わる。その戦区成立大会が今日北京で開催された。まったく同じニュースを各メディアが報道している。まったく同じなので報道というよりは政府発表と言ったほうがいい。政府発表なら全文引用でもいいかもしれないが一部にしておく。


中国人民解放軍戦区成立大会が北京で開催される

中国 人民解放軍戦区成立大会北京で挙行 習近平各戦区に軍旗を授与し訓令を発布
中国人民解放軍東部戦区南部戦区西部戦区北部戦区中部戦区の設立を宣言

新華社北京2月1日電中国人民解放軍戦区成立大会が1日北京八一大楼で盛大に挙行された。中共中央総書記、国家主席、中央軍委主席習近平は東部戦区、南部戦区、西部戦区、北部戦区、中部戦区に軍旗を授予しまた訓令を発布し、強調して言った、東部戦区、南部戦区、西部戦区、北部戦区、中部戦区を打ちたて、戦区連合作戦指揮機構を組織し打ち立てたのは、党中央と中央軍事委員会が中国の夢強軍の夢を実現することに着目し行った重大な決定であり、強軍戦略改革の全面的実施において象徴となる措置であり、我が軍連合作戦体系構築の歴史的進展であり、我が軍が戦争ができ、戦争に勝つことができるのを確実に保証し、国家の安全を効果的に維持する上で、重大かつ深遠な意義がある。

午前10時大会は正式に始まり、軍人は隊列を整え、全員で国家を斉唱した。儀仗兵は八一軍旗を守り、歩調を取って主席の前に進んだ。習近平は逐一軍旗を東部戦区司令官劉粵軍、政治委員鄭衛平,南部戦区司令官王教成、政治委員魏亮,西部戦区司令官趙宗岐、政治委員朱福熙,北部戦区司令官宋普選、政治委員褚益民,中部戦区司令官韓衛國、政治委員殷方龍に授与した。五つの戦区の司令官、政治委員は習近平に敬礼をし、習近平の手から軍旗を受け取り、旗を持って恭しく直立した。全将兵は軍旗に向かって厳粛に敬礼した。

儀式のあと、習近平は指摘した、戦区は本戦略方針に対応し、安全保障上の脅威、平和維持、戦争抑止、戦争に勝利する使命を担っており、国家の安全を守る戦略と軍事戦略全体に対して重大な影響を与える働きを有している。

習近平は命令した、「各戦区は使命を心に刻み、党の新しい情勢の下での強軍の目標を断固貫徹し、新しい情勢の下での軍事戦略方針を断固貫徹し、軍委の総管理、戦区主戦、軍種主建の総原則を断固貫徹し、絶対忠誠、真剣な戦争への備え、指揮の効率を高め、必勝の連合作戦指揮系統を作り上げなければならない」
(以下略)


http://china.huanqiu.com/article/2016-02/8486948.html 環球網
http://politics.people.com.cn/n1/2016/0201/c1024-28102436.html 人民網
http://news.xinhuanet.com/politics/2016-02/01/c_1117960554.htm 新華網
http://news.sina.com.cn/c/sz/2016-02-01/doc-ifxnzanh0519593.shtml 新浪網
https://www.youtube.com/watch?v=d5PkhIZ8BGw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)