アメリカは中国に台湾新政権との対話を促した

アメリカ合衆国国務省東アジア・太平洋局次官補代理 Susan Thornton は11日、下院外交委員会アジア・太平洋小委員会「米台関係の未来」公聴会で、アメリカは5月に始まる台湾の新政権と中国の交流で自制と弾力性を持つよう呼びかけたと言った。
美官員:蔡英文承諾維持現狀與兩岸穩定 中央社
美政府:敦促中國與台灣新政府維持對話 蘋果日報
兩岸互動中方「看蔡的提議」 美盼持續交流 聯合報

Susan Thornton は言った、「台湾選挙前にアメリカ側は台湾の二大政党候補者と会った。当選した蔡英文候補者とは政権運営の計画と両岸協議の立場について良い対話ができた。蔡英文主席はアメリカ側に現状維持を約束し、また台湾海峡の繁栄と安定をつなぎとめる政策を提出する義務があることを了解し、北京当局と協力し、馬英九総統が両岸関係を処理した形式を続ける試みに賛成した」

Susan Thornton は中国側についても言った、「アメリカ側は当然中国側とも意思疎通をしている、John Kerry 国務長官が北京を訪問して王毅外相及び習近平主席と会談した、また Antony Blinken 国務副長官も北京で中国側と部門別会談を行った。アメリカ側は両岸の繁栄と相互交流が続くのを希望していると表明し、中国側が自制し、創意と弾力性を持って台湾の新政府と協力し、共同で両岸協議を続ける基礎を作るよう努力するよう希望する」

中国側が答えたのは、北京は蔡英文がこれについてどんな提案をするか観察するだった。Susan Thornton は両岸が協議について意見交換を続けることができるよう希望し、双方がそう願っていると信じると言った。

Susan Thornton はまた、台湾を国際組織に加えるようにという圧力は日毎に増えている。アメリカは台湾が国家としての身分を必要とせずに Interpol、ICAO、WHOを含む国際組織に加入するのを支持すると言った。

https://www.youtube.com/watch?v=pS0y8lWo7Nk

https://www.youtube.com/watch?v=sPUoWq5C-2M
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)