中国が南シナ海永興島(ウッディー島)に地対空ミサイル配備

アメリカの Fox News が16日南シナ海西沙諸島永興島(ウッディー島)に中国が「紅旗-9」地対空ミサイルを配備したと報道した。アメリカ当局と台湾国防部もメディアの取材に対してそれを認めた。
中国、南シナ海に地対空ミサイル配備 台湾当局と米軍が指摘 CNN
中国が南シナ海の島に地対空ミサイル配備、緊張高まる ロイター
中港澳 影音 軍事 南海風雲》美媒:解放軍紅旗-9飛彈部署永興島 區域緊張再升級 風傳媒
南海風雲再起 美媒:中國在永興島部署飛彈 自由時報
南海爭議「軍事化」 大陸軍方在永興島部署地對空導彈 The News Lens 關鍵評論

ミサイル

衛星写真によると永興島(ウッディー島)にミサイル陣地が2つ出現した、8輌の地対空ミサイル発射の車のほかにも、レーダー装備等の一式が揃っている。アメリカ側は衛星写真は本当だ、写真に写っている車輌は紅旗-9ミサイル防御システムに属すると言った。紅旗-9の射程は200㎞。前回のアメリカの南沙諸島での航行の自由作戦に対抗してきたのではないかと言われている。
アメリカの爆撃機中国の人工島十二海里内を通過
アメリカ軍艦南シナ海の西沙諸島を航行

中国外交部の今日の記者会見から


問:報道によると、中国が永興島(ウッディー島)に地対空ミサイルを配備した。中国側はなんのためにこの時期軍事施設を配備したのか? ある分析では、これは中国側の南シナ海を軍事化しないということに関する約束に背いていると考えている。あなたはこれに対して何か論評はあるか?

答:私は具体的状況について承知していない。ただ私が強調したいのは、西沙諸島は中国固有の領土だ。中国は自国の領土で必要な防御設備を配置し、国土防衛能力を高める権利がある。これは「軍事化」とはまったく別のことだ。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1341284.shtml 中国外交部


问:据报道,中国在永兴岛部署了地对空导弹。中方为何在这个时候部署军事设施?有分析认为,这违背了中方关于不推动南海“军事化”的承诺。你对此有何评论?

答:我不了解具体情况。但我想强调的是,西沙群岛是中国固有领土。中国有权在本国领土上部署必要的防御设施,提升国土防卫能力。这与“军事化”完全是两回事。



台湾の次期総統蔡英文主席の反応今日の民進党の新聞稿から抜粋


メディアが中国の南シナ海での地対空ミサイル発射は地域全体の安全に影響を与えると聞いたことについて、蔡英文は表明した、「南シナ海は各国が注目している地域だ、とりわけ南シナ海の主権論争において、緊張した情勢を呈している、このため各国が南シナ海論争を平和的に解決する原則を持って自己抑制できること、これが最も重要だと呼びかけたい」



至於對媒體詢及中國在南海發射地對空飛彈對整個區域安全的影響,蔡英文表示,南海是各方關注的區域,尤其是在南海主權爭議上,呈現較緊張的態勢,為此還是要呼籲各方能夠秉持和平解決南海爭議的原則來自我克制,這是最重要的。

另針對李前總統表示釣魚台列嶼不歸屬台灣是毋庸置疑的事實,蔡英文表示,對於這件事,民進黨的立場一向很清楚,就是釣魚台是屬於台灣的。


https://www.youtube.com/watch?v=nK-SkqUyU4s
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)