柯文哲台北市長の二・二八事件紀年日の所感

二・二八事件69周年の今日馬英九総統は二二八国家紀念館開催の二二八事件69週年中枢紀念儀式に参加した。蔡英文次期総統は台北市政府、台湾国家連盟、台湾二二八関懐総会共同開催の「二二八事件69週年」紀念会に参加した。しかし柯文哲市長は北の端の台北富貴角燈塔(灯台)から南の端屏東鵝鑾鼻(がらんび)燈塔まで自転車に乗って1日でたどり着くという挑戦をするため二二八事件関連の行事に参加しなかった。今日無事南の屏東鵝鑾鼻燈塔に到着した後二二八事件記念日の所感を涙を流し時折声を詰まらせながら読み上げた。
柯文哲台北市長のFacebookから


「寬容如海、成就台湾」
柯文哲二二八記念日感言

去年私は初めて台北市長の身分で二二八紀年儀式に出席した。挨拶の時祖父が二二八事件で受難し家族もまたこのことによって思いもよらない困難な境遇に陥ったのを思い起こした、祖父は事件後病に臥し三年後世を去った、納棺の時一揃いの新しい服さえ着せてあげられなかった、これは私の父の数十年来の心の傷になっている。家族の過去の苦難を思うと耐え切れずしばらく悲しみで声にならなかった(想到家族過去的苦難不禁泣不成聲,久久無法自己)。私は祖父の苦難のために哭き、父の傷のために哭き、1947年のその痛ましい時代、不幸にも命を奪われた台湾の先賢先烈のために哭いた。

過去毎年の二二八は、私には最も向き合いたくない日だった。私の父親は毎回追悼行事に参加したあと涙を流しながら帰って来た、人の子である私には父親の悲しみは見るに忍びなかった、しかし何を言わなければならないか何をしなければならないかはわからなかった。二二八は、私と私の父、及び父親と彼の父親に永遠に補えない傷と痛みをもたらした。

去年私は二二八の挨拶の時悲しみに泣き、声を失った、父親はしかし涙を流さなかった。私は知っている、子供が弱った時、父親は逆に特に勁くなる、これは父として子供を守ろうとする本能だ。あの時私は密かに決心した、これ以後毎年の二二八に私達父子はもう涙を流さない、私達は悲しみの歴史から歩み出す。今年から私は違う方法で二二八を記念する。

私は自転車で「一日双塔」(北端の灯台から南端の灯台まで一日でたどり着く)に挑戦し、台湾最北端の富貴角燈塔から最南端の鵝鑾鼻(がらんび)燈塔まで五百二十キロの挑戦によって、肉体の練磨から魂の再生の贖(あがな)いを追求した(從肉體的磨練尋求靈魂重新的救贖)。過去私達の涙は恨みに満ちていた、今日私達はたくさんの汗で寛容と理解の未来を切り開く。

この五百二十キロの道には、私の汗がこの土地の一村一里に滴り落ちた。道の上では呼吸の音と心臓の鼓動の音だけが同伴者だった、しかし私は孤独ではなかった、祖父が天上から私を見ていると知っていたためだ。当時祖父は大陸からきたばかりの外省人を保護していたが、国民党政権の迫害に遭った、彼は一介の小学教師にすぎなかった、しかし終始台湾人の善良さと勇気を堅持していた、その祖父の精神が私の果てしない長征の達成を支えた。沿道で頑張れと私を励ましてくれた人々も私に最も強い支える力を与えてくれた。汗が滴り落ちた町や村は、もはや地図上の見知らぬ土地ではなくなった、それらは私にとって自らの足で踏んだ土地として、私の生命の中で今までとは違う意味を持つ。

今私は台湾の最南端--鵝鑾鼻燈塔に立ち、大海に向かっている。南島語族の先住民は曾てバシー海峡を渡って台湾に来て国土を切り開き栄光ある偉大な原住民族として繁栄した。漢民族もまた曾て勇気を以って暗い海峡の風浪を克服し、この地に来て新しい故郷を創建した。身は海洋国家の子孫として、私達もまた太平洋を通して世界に向かい全世界で自らが力を尽くして世界を照らす(在全世界發光發熱)。

台湾人はこの台湾の土地の主人とならなければならない、台湾人は自己の運命を決定しなければならない、台湾人は公平正義の新世界を打ち立てなければならない、これが私の信念と努力目標だ。親愛なる友人、今日二二八に、被害者の家族として柯文哲は「寛容如海、成就台湾」でみんなと共に勉励し、私達が歴史の教訓を記憶に留めながらも悲しみから踏みだすことを希望する。私達は違う過去を持っているかもしれないが、しかし私達は共に抱く現在を大切にし、みんなが互いに愛し互いに理解し一緒に共通の未来を目指すよう希望する。この特別な日に、衷心より台湾が私達の努力によって更に良くなるよう希望する。

謝謝皆さん。


挑戰雙塔成功 柯文哲談二二八淚崩-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=zk0B6E7XLJw

馬英九総統の「二二八事件69週年中樞紀念儀式」の挨拶文総統府新聞稿
蔡英文次期総統の「二二八事件69週年紀念會」での挨拶民進党新聞稿

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)