2016年3月1日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年3月1日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:報道によると、アメリカ、カナダ、ドイツ、日本の中国駐在大使とEU大使は数日前中国側に書簡を送り、中国が施行した「反テロ法」と「サイバーセキュリティー法」草案、「境外*非政府組織管理法」草案の内容について懸念を表明した。中国側はこれに対して何か応えることはあるか?
*)境外=香港、澳門、台湾を含む外国。
中国で反テロ法が成立 ロイター
中国の「テロとの戦い」は国際社会の支持を得るか YAHOO!雑誌

答:去年末、中華人民共和国全国人民代表大会常務委員会は「反テロリズム法」を可決し成立させた。反テロ立法を進めることは世界各国で一般的に行われている。特に目下国際反テロの形勢は複雑で非常に厳しい、各国はどこもテロリズムへの防御と攻撃の力防備・取り締まりを強化している、反テロ法実施はその中の一つの重要な措置だ。その他の幾つかの法律もまた中国の国家の安全と中国社会発展の実際の必要性に基づき提出されている。

関係する立法過程において、中国側は関係国の法律規定と世界一般のやり方を十分に参照研究して、適法性を守り、違法性を防ぐだろう。関連規定は企業の合法経営活動に影響しないし、公民と組織の合法権益に影響しない。関係国が中国の司法主権を尊重し、中国の立法を前向き、客観的に取り扱うよう希望する。中国側は相互尊重、平等協力の原則に基づき、各国と意思疎通を保持したい。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1344327.shtml 中国外交部


问:据报道,美国、加拿大、德国、日本驻华大使以及欧盟驻华大使日前致函中方,就中国出台《反恐法》、《网络安全法》草案和《境外非政府组织管理法》草案的内容表示关切。中方对此有何回应?

答:去年底,中国全国人大常委会审议通过了《反恐怖主义法》。进行反恐立法是世界各国通行做法。特别是当前国际反恐形势复杂严峻,各国都在加大防范和打击恐怖主义力度,出台反恐法是其中一项重要举措。其他几部法也是根据中国国家安全以及中国社会发展实际需要提出的。

在相关立法进程中,中方充分研究并参照了有关国家法律规定和国际通行做法,将保护合法,防范非法。有关规定不会影响企业的合法经营活动,也不会影响公民和组织的合法权益。希望有关国家尊重中国司法主权,积极、客观看待中国立法。中方愿本着相互尊重、平等合作的原则,同各方保持沟通。


中华人民共和国反恐怖主义法(全文)中国国防部サイト
http://news.mod.gov.cn/headlines/2015-12/28/content_4634330.htm
网络安全法(草案)全文 全国人民代表大会信息中心
http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/lfgz/flca/2015-07/06/content_1940614.htm
境外非政府组织管理法(草案二次审议稿)全文 全国人民代表大会信息中心
http://www.npc.gov.cn/npc/xinwen/lfgz/flca/2015-05/05/content_1935666.htm
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)