台湾原発の廃炉計画での使用済み核燃料一時保管

昨日1日にメディアが台湾の新北市にある第一原子力発電所を廃炉にした後核廃棄物を原発に貯蔵し続けるのではないかと報道した。驚 核一將成核廢場 蘋果日報 それに対して新北市の朱立倫市長が絶対反対を表明した。核一除役計畫︰核廢料將暫存廠內 自由時報その報道に対して台湾電力公司が新聞稿を出して、核廃棄物は暫時置くだけだと表明した。新聞稿には書いていないが核一除役核廢哪裡去 台電遙指無人島 中央社の記事では台電は無人島に最終貯蔵所を作ると言っている。

中華民国経済部が昨日台湾電力公司の新聞稿を転載していた。経済部新聞稿 から


台湾電力は国際原発廃炉のやり方を参照する 核廃棄物を原発内に安全に貯蔵するのは過渡期のやり方だ
發布單位:台灣電力公司
發布日期:2016-03-01 午前 11:59

今日(1日)メディアが原発廃炉の後、台電が使用済み核燃料を直接元の場所に貯蔵することを計画していると報道したことについて、台電ははっきりと説明する、台電は国際間の原発廃炉計画のやり方を参照し、原発内で過渡的な方式として暫時安全に貯蔵するのであって、最終処分場場所が確定するのを待って、再び後続の遷移作業を進める。台電は強調する、使用済み核燃料は既存の事実だ、全国民が共同で向き合わなければならない。台電は最終処分場場所選定作業を積極的に進めており、目下原発廃炉計画期間の安全貯蔵はただ過渡的なものであるだけで、外界が伝えたところの核廃棄物最終処分場とするためではない。

台電は指摘する、第一原子力発電所廃炉計画は既に去年(104年)11月24日行政院原子能委員会に提出してある、審査承認を経て、行政院原子能委員会は今年(105年)1月22日公告した。台電はオランダ、スイス、ベルギー等の国を参考にして、放射性廃棄物集中式貯蔵施設建設を計画推進し、今年(105年)9月実現可能性の研究報告を予定しており、主管機関の審査承認を待って、場所と環境の影響評価を行うと同時に、公開透明に意思疎通を続けるよう努力していく。将来集中式貯蔵施設の建設完成後、原発に暫時貯蔵している核廃棄物を集中貯蔵施設に移すことができる。

台電は表明する、最終処分場場所選定作業には多くの時間と民衆との全面的な意思疎通討論が必要なことに鑑み、共通認識を成立させるために、目下台電は地方政府及び民衆と意思疎通することに努力しており、それによって場所選定作業を順調に推し進める。


核一廠變核廢場? 威脅700萬人https://www.youtube.com/watch?v=Y6bqoMe2kGA
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)