柯文哲台北市長アメリカ訪問

柯文哲台北市長が8日から18日までの予定でアメリカ訪問をするその記録のurlのメモ(報道はきりがないので省く)
新聞稿
3月4日 柯文哲8日率團出訪美國 考察市政與產業交流
3月8日 展開訪美之旅 柯文哲:此行最重要的目的是考察當地產業和招商
3月9日 柯文哲抵達美國 展開產業學習之旅
3月10日 拜會舊金山市長李孟賢 柯文哲:寬容文化造就創新 思考如何讓臺北容易創業
3月11日 出席臺北市招商暨產業合作論壇 柯文哲:臺灣的友善環境適合企業投資
出席「臺北-矽谷創投之夜startup pitch demo day」 柯文哲強調「臺灣走出去,世界走進來」
3月12日 訪美第4天參訪全球頂尖創新企業 柯文哲:提升市府效率,吸引創新能量
出席臺北-史丹佛生技醫療企業論壇 柯文哲:思索未來臺灣在全球生技產業中角色
3月13日 訪美第五天 柯文哲參訪El Camino Hospital自動化醫療技術並試用手術機器人設備
3月14日 訪美第6天參訪鳳凰城公共自行車 柯文哲:YouBike有長期運作經驗,有競爭優勢
3月15日 訪美拜會姊妹市鳳凰城市長 柯文哲:相信未來雙方有更多交流機會
3月16日 拜會NBC Universal 針對電影產業的發展與合作交換意見
讚美僑胞表現優異 柯文哲:盼引回美國成功臺灣人士
3月17日 首次與美國在臺協會主席薄瑞光見面 薄瑞光讚柯文哲是個好人、好醫師、市長
拜會姐妹市洛杉磯郡監督與洛杉磯市長Eric Garcetti
拜會加州理工學院、UCLA學者 柯文哲結束訪美最後一個行程

市長のFacebook
3月8日 今晚我將前往美國舊金山
3月10日 美國時間9日上午,我拜會舊金山李孟賢市長
3月11日 訪美第三天,上午到Santa Clara
3月13日 早上在舊金山的行程,參訪El Camino Hospital
3月15日 今天在亞歷桑納州鳳凰城
3月17日 今天我與美國在臺協會主席薄瑞光

youtube
3月9日 柯文哲啟程訪美 拒貴賓室 籲廢「送往迎來」-民視新聞
3月10日  美市長防災不坐鎮 柯文哲:台灣政治太假了-民視新聞
柯文哲好大面子!矽谷「創投教父」徐大麟親自接機|三立新聞台
3月11日 體驗鋼鐵人電動車 自動駕駛柯文哲怕怕│三立新聞台
【2016.03.11】柯文哲英文演說 盼美商投資台北 -udn tv
3月12日 柯文哲訪美第四天 參訪谷歌思科 -udn tv
讚史丹佛教授天才型 柯嘆自己變笨了|三立新聞台
3月13日 當市長後對佩琪更好 柯P笑:要靠太太養家
酸藍黨產! 柯文哲:沒黨產、國民黨難再起
3月14日 推UBike騎入鳳凰城 柯:價格上有優勢│三立新聞台
3月15日 抱女州務卿好害羞 柯P緊張「英文凸槌」│三立新聞台
與小英談「國家機密」  柯P坦承:有談大巨蛋|三立新聞台
3月16日 參訪行程混亂 柯文哲:回國檢討-民視新聞
台北市長柯文哲洛杉磯僑宴演說-改變從首都開始 ←要Flash
3月17日 雙方首會面 薄瑞光:柯文哲是個好人、好醫師、好市長│三立新聞台
【2016.03.17】柯文哲會洛城市長 盼兩市加強合作 -udn tv
3月18日  結束訪美返台 柯:引進人才庫致力開發-民視新聞
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)