台湾のIC設計、電子産業への中国の浸透が重大

台湾の立法院で昨日国家安全局局長が質問に答え、IC産業と、電子科学技術産業に中国の「浸透」が進んでいると言った。
國安局長:我IC設計、電子科技 中國滲透嚴重 自由時報
台IC、電子科技業被嚴重滲透 中共還有3招施壓新政府 ETtoday
陸滲透台科技業 經部:人才易尋找 中央廣播電臺
臺國安局長:IC電子科技產業遭中共滲透嚴重 大紀元
卡式台胞證資料外洩?陸委會:無此疑慮 中央社

中華民国の情報部の国家安全局の楊国強局長は昨日、立法院で時代力量の林昶佐委員に現在中国に「浸透」されている産業は何かと聞かれて、「IC産業」と「電子科技産業」だと答えた。中華国経済部投資審議委員会での中国からの投資審査に国安局は反対するのかと聞かれ、国家の安全に影響するものであれば私は絶対反対すると言った。また経済部は投資審議委員会は国安局も入って共通認識を作る当然国安局の意見を尊重すると言った。経済部は「浸透」の定義を聞かれ国安局の専門的な判断で経済局は説明しないと言った。

民進党劉世芳委員が「蔡英文主席の5月20日就任演説の中で、『1992年両会両岸会談の歴史事実』という言葉で馬英九総統が過去使ってきた『九二共識』という言葉に替えることはできるか? 中共の反応は?」と聞いたことに対して、楊国強局長は、「現在中共の反応は以前のような平和的なものではないと感じている、明らかに比較的激烈な態度に転換している。もし中共が新政府の九二共識に対しての態度に不満なら、中共は『協商メカニズムの停止』、『大陸観光客の停止』、『外交的圧力』という3つの手段で圧力をかけるかもしれない。しかし現在国安局は中共が敵意が有るかどうか掴みきれていない、なお情報収集が必要だ」と言った。蔡英文次期総統への報告は選挙後すぐに行った。以後毎日新政府に報告を行っていると言った。

また民進党の蔡適応委員が「中国大陸がカード式台胞証制度を実施した後、台湾の戸籍情報が中国大陸に全て把握されたのではないか?」と聞いた。楊国強局長は、「ない、しかし、漏れは有るかもしれない、がどれくらいがコピーされたかはわからない」と言った。

南シナ海の永興島(ウッディー島)への中共のミサイル配置については射程距離に限りがあり台湾へには影響しないと言った。中共が北京から台北への高速鉄道計画を発表したことに関しては「木に縁りて魚を求める」ようなものだと言った。

蔡若沒提九二共識 中國恐祭三措施反蔡-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=0uffoZD1xxo
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)