中国外交部のG7外相会合声明文についての質問への回答

昨日日本の広島でG7外相会合が開かれ、海洋安全保障に関するG7外相声明が出された。昨日の記者会見でG7の声明文への論評を求められ、よく読んでから回答すると答えたが、今日外交部が回答した。


問:4月11日、日本の広島で開催されたG7外相会合は海洋問題の声明を発表し、東シナ海と南シナ海関連問題に触れた。中国側はこれに対して何か論評はあるか?
G7広島外相会合 外務省

答:中国側の東シナ海と南シナ海問題での立場は一貫して、明確だ。中国側の中国南沙諸島のいくつかの島・礁での建設活動は完全に主権の範囲内の事で、東シナ海と南シナ海の航行と飛行の自由にもいかなる問題も存在しない。中国側は自国の領土主権と海洋権益を断固として守り、同時に直接関係する当事国と歴史事実を尊重するという基礎の上に、国際法に基づき、協議と交渉を通して関連論争を解決し、関係海域の平和と安定を守るよう終始努力する。中国側はいかなる不法に強制する仲裁案も受け入れないし参加しない。

現在世界経済が復興への力不足に陥っている背景の下、G7は世界経済の管理と協力に焦点をあてるべきで、海洋問題を騒ぎたて、地域の矛盾を挑発するものではないはずだ。中国側はG7の関連するやり方に対して強い不満を表明する。我々はG7各国が領土論争問題関連において立場を持たないとの約束を厳守し、この地域国家の努力を十分に尊重し、一切の無責任な言行を停止し、真に地域の平和と安定のために建設的な働きを発揮するよう促す。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1354750.shtml 中国外交部


问:4月11日,在日本广岛举行的七国集团外长会发表海洋问题声明,提及东海和南海有关问题。请问中方对此有何评论?

答:中方在东海和南海问题上的立场是一贯的、明确的。中方在中国南沙群岛部分岛礁上的建设活动完全是主权范围内的事,东海和南海的航行与飞越自由也不存在任何问题。中方坚决维护本国领土主权和海洋权益,同时始终致力于同直接有关的当事国在尊重历史事实的基础上,根据国际法,通过谈判协商解决有关争议,维护有关海域的和平稳定。中方不会接受和参与任何非法强加的仲裁案。

在当前世界经济复苏乏力的背景下,七国集团本应聚焦全球经济治理与合作,而不是炒作涉海问题,挑起地区矛盾。中方对七国集团有关做法表示强烈不满。我们敦促七国集团各成员国恪守在有关领土争议问题上不持立场的承诺,充分尊重本地区国家的努力,停止一切不负责任的言行,真正为地区和平稳定发挥建设性作用。


その他今日は通常の記者会見も開かれた
2016年4月12日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:日本の自衛隊の二隻の護衛艦が今日初めてベトナムのカムラン湾に寄港した、この地点は中国が主権を主張する西沙諸島と南沙諸島に比較的近い距離にある、中国側はこれに対して何か論評は有るか?
平成28年4月12日大臣会見概要 防衛省

答:二国間でどんな正常な協力が展開されようとも非難すべきところはないはずだ、しかしもしこれらの協力が第三国に焦点を合し、当地域の平和と安定に役立たないものなら、特にもし中国側に話が及ぶものなら、中国側は必然的に我々の立場を表明しなければならない。あなたが今質問したその二つの事柄の間に何か関連があるのかについては、それが貴方自身の想像か、はたまた何かの面にそのように暗示するものがあるのか私にはわからない。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1354944.shtml


问:日本自卫队两艘护卫舰今天首次停靠越南金兰湾,这个地点同中国主张主权的西沙群岛和南沙群岛距离较近,中方对此有何评论?

答:任何两个国家之间开展正常合作应该是无可非议的,但如果这些合作针对第三方,不利于本地区和平与稳定,特别是如果涉及到中方,中方必然要表明我们的立场。至于你刚才提到这两件事情之间是不是有什么联系,我不知道这是你自己想象的,还是什么方面有这样的暗示。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1354944.shtml 中国外交部
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)