台湾の公人たちが次々と日本の熊本地震にお見舞い等を表明

4月14から日本の熊本を中心にM7.3級の大地震が頻発し、死傷者が多数出て、大きな被害が発生した。台湾でも報道されているが、台湾の公人たちも次々とFacebook等でお見舞いや義援金を送ることなどを発表している。
台湾の外交部の新聞稿


中華民国政府は義援金を送り、救難隊を派遣して日本政府の被災者救済を助ける
日期:2016/04/16
日本九州の熊本地区で本年(105年)4月14日の地震発生以来余震が絶えず、大きな被害をもたらした。両国の深い友好に基づき、馬総統は義援金50万米ドルを追加するよう指示することで、日本の被災者救助を助け、日本政府がいち早く被災地の復興をできるよう希望し、また日本の被災者が迅速に元の生活に戻れるよう協力する。

中華民国政府は日本政府に対して我が方が救助隊を派遣して災害救助に協力できると表明しており、関係者は既に待機している、日本側の回答があれば、すぐに出発できる。

我が国は駐日代表処に昨日(15日)馬総統から日本の安倍首相へ、外交部長林永楽から日本の岸田文雄へ、亜協会長李嘉進から交流協会会長大橋光夫等の政府要人に慰問とお悔やみの意を伝達し、同時にまた駐日代表処に政府を代表して熊本県に一千万日本円(約300万台湾元)を寄付するよう支持している。

台日は近年来相互に助け合い天然災害後の再建に協力している、本年2月我が国の台南地震での重大な被害に対して、日本政府は我が方に120万米ドルを寄付しまたその他の援助をした、外交部は再度これに対して感謝を表明し、相互の友好の思いが永く固からんことを願う。


台湾次期総統の蔡英文民進党主席は14日のFacebookや今日のFacebookで発言している。今日のFacebookから


日本の熊本で再び激しい地震が発生した。民進党は100万元を義援金として送り、熊本地方の救援と復興を支えたい。私達は微力を尽くして、台湾の友人が困難を乗り越えるのに寄り添いたい。


国民党主席の洪秀柱氏も14日のFacebookで触れている。
柯文哲台北市長はFacebooktwitterで御見舞を表明している。twitterでは日本語で表明してある。Facebookから


台湾と日本の情誼は非常に強い、今年の二月私は日本の市政の視察に行き、多くの助けや親切を受けた、日本の友人は真面目で毅然とし、礼儀正しく温和な性格で強い印象を受けた。

今回の熊本地域の地震は大きな被害をもたらした、私は昨日twitter上でお見舞いを表明したが、多くの日本の友人の反応にも感動させられた。過去台湾は何度も災害にあった、日本の友人はみな私達に最大のおもいやりと協力を与えた。私達も助けあいたいという心を表し、熊本県等の地震の影響を受けた地域の友人の一切の平安を希望する。みなさんも一緒に日本のために祈ってください。


民進党の市長などもFacebookに日本へのお見舞いを表明している。最近地震で大きな被害を受けたばかりの民進党の頼清徳台南市長のFacebook頼清徳市長は個人的に給料の一ヶ月分を寄付すると書いている、民進党の陳菊高雄市長のFacebook、陳菊市長も一ヶ月分の給料を寄付すると書いている、台南市や高雄市では義援金の口座などを作って紹介している。民進党の謝長廷元首相のFacebook、民進党張花冠嘉義県知事のFacebook、民進党の潘孟安屏東県知事のFacebook管碧玲立法委員などきりがない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)