2016年4月26日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年4月26日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


去年韓国ソウルで開催された第六回中日韓首脳会談の成果を具体化するため、中国公共外交協会と中日韓三カ国合作秘書処は4月29日北京釣魚台国賓館で「第一回中日韓公共外交論壇(フォーラム)と2016年中日韓協力国際論壇(フォーラム)」を共同開催する。フォーラムにおいて許嘉璐中国全国人大常委会元副委員、高建韓国元総理と二階俊博日本自民党総務会長、元経済産業大臣が開幕式に出席し基調演説を行い、張業遂外交部副部長が開幕式で挨拶をし、三カ国の各界の著名人は「対話を強化し、交流を深化させ、中日韓協力を新しい段階に踏み出させる」というテーマについて話し合う予定だ。我々は。この活動は三カ国の国交の良好な相互交流と三カ国協力促進のために建設的な働きを発揮すると信じている。

問:報道によると。日本の岸田文雄外務大臣は25日中日関係について演説を行い、その中で今後中日関係を改善発展させることに対して積極的な姿勢を多く見せた、しかし同時に中国の軍事力の発展、海洋活動等の問題を提起した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
読売国際経済懇話会における岸田外務大臣講演 「新しい時代の日中関係」外務省

答:我々は岸田外務大臣が演説の中で多くの積極的な便りを投げかけてきたことに留意している。日本側が言行を一致させ、両国関係の改善発展の推進のため適切な努力をできるよう希望している。ただ同時に我々も日本側がなおいくつかの問題で中国側に対して四の五の言っていることを残念な思いで見た。これに対して、私が指摘しておかなければならないのは、中国は平和的発展の道を歩むことを堅持し、防御的な国防政策を遂行し、戦略意図は透明だ。中国が東シナ海と南シナ海で展開する活動は完全に正当合法で、何ら非難される点はない。とりわけ南シナ海問題においては、域外国家として、日本側は自己の位置と心理状態を正し、中国に対してあれこれ指図することを止めなければならない、更にいつもいつもある国の後に付き従って地域の安定を守ることに役立たない事をしてはならない。

問:日本政府は25日台湾漁船1隻を拿捕した、あなたは関連状況を紹介できるか?

答:我々は報道を見た、今関連状況を調査確認している。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1358589.shtml 中国外交部


为落实去年在韩国首尔举行的第六次中日韩领导人会议成果,中国公共外交协会与中日韩三国合作秘书处将于4月29日在北京钓鱼台国宾馆共同举办“首届中日韩公共外交论坛暨2016年中日韩合作国际论坛”。届时中国全国人大常委会原副委员长许嘉璐、韩国前总理高建和日本自民党总务会长、前经济产业大臣二阶俊博将出席开幕式并发表主旨演讲,外交部副部长张业遂将在开幕式致辞,三国各界知名人士将就“加强对话、深化交流,推进中日韩合作迈上新台阶”这一主题进行研讨。我们相信,这一活动将为促进三国交往的良性互动和三国合作发挥建设性作用。

问:据报道,日本外相岸田文雄25日就中日关系发表演讲,其中对今后改善发展中日关系做出了很多积极表态,但同时也提及中国军力发展、海洋活动等问题。中方对此有何评论?

答:我们注意到岸田外相在演讲中释放了不少积极信息。希望日方能够言行一致,为推动两国关系改善发展作出切实努力。但同时我们也遗憾地看到,日方仍在一些问题上对中方说三道四。对此,我要指出的是,中国坚持走和平发展道路,奉行防御性国防政策,战略意图是透明的。中国在东海和南海开展的活动完全正当合法,无可非议。尤其在南海问题上,作为域外国家,日方应当摆正自己的位置和心态,停止对中国指手画脚,更不要总是跟在某些国家后面做不利于维护地区稳定的事情。

问:日本政府25日抓扣了一艘台湾渔船,你能否介绍相关情况?

答:我们看到了报道,正在了解核实相关情况。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)