2016年4月27日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年4月27日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


王毅外交部長の招きに応じ、日本国岸田文雄外務大臣は4月29日から5月1日まで中国を正式訪問する。

問:第一、日本の岸田文雄外相の中国訪問に関して、あなたは更に多くの情報を提供できるか? 第二、中国側はアジア相互協力信頼醸成措置会議第五回外相会合に対して何を期待するか?

答:王毅外相の招きに応じて、岸田文雄外相は4月29日から5月1日中国を正式訪問をする。その期間王毅外相は岸田外相と会談し、中日関係と世界と地域のともに関心を抱く問題について意見を交換する。中日が互いに重要な近隣となり、中日関係の健全で安定した発展を保持することは両国と両国人民の共通の利益に合致し、本地域の平和と安定と発展に対して重要な意義を持つ。目下中日関係は改善の流れが出てきているが、同時に多くの問題にも直面している。日本側は中国側と互いに歩み寄り、中日の四つの政治文書と四つの原則的共通認識の精神をしっかりと厳守し、関連問題を適切に処理し、両国関係の改善と発展を引き続き推進するためしっかりと努力する事を希望する。

アジア相互協力信頼醸成措置会議外相会議に関しては、中国側は今回の会議を非常に重視しており、習近平主席は会議の開幕式に出席し重要講話を発表する。中国側が希望していることは、会議参加国と共同して努力し、各国が地域の安全保障の重大問題に関して共通認識を成立させ、アジア相互協力信頼醸成措置会議が地域の平和と安全の安定のため更に積極的な働きを発揮するよう推進することだ。会議の具体的状況に関しては、我々は随時ニュースを発表する。

問:報道によると、アメリカのオバマ大統領は5月に日本訪問期間中広島を訪れる予定だ・中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:私はオバマ大統領の日本訪問G7サミット関連日程については把握していない、アメリカ側に聞いてください。

追問:オバマ大統領の広島訪問に対して何か論評はないですか?

答:アメリカ側はすでに日程の段取りを確認したのか? 我々は注目するだろう。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1358963.shtml 中国外交部


应外交部长王毅邀请,日本国外务大臣岸田文雄将于4月29日至5月1日对中国进行正式访问。
问:第一,关于日本外相岸田文雄访华,你能否提供更多信息?第二,中方对亚信第五次外长会议有何期待?

答:应王毅外长邀请,岸田文雄外相将于4月29日至5月1日对中国进行正式访问。届时王毅外长将与岸田外相举行会谈,就中日关系以及共同关心的国际和地区问题交换意见。中日互为重要近邻,保持中日关系健康稳定发展符合两国和两国人民的共同利益,对本地区和平、稳定与发展也具有重要意义。当前中日关系出现改善势头,同时也面临不少挑战。希望日方同中方相向而行,切实恪守中日四个政治文件和四点原则共识精神,妥善处理有关问题,为推动两国关系持续改善发展作出切实努力。

关于亚信外长会议,中方高度重视此次会议,习近平主席将出席会议开幕式并发表重要讲话。中方希望同与会各方共同努力,凝聚各方在涉及地区安全重大问题上的共识,推动亚信为地区和平安全稳定发挥更加积极的作用。有关会议具体情况,我们将及时发布消息。

问:据报道,美国总统奥巴马计划5月访问日本期间赴广岛参访。中方对此有何评论?

答:我不掌握奥巴马总统赴日出席G7峰会有关日程,请你向美方询问。

追问:你对奥巴马总统将赴广岛参访有何评论?

答:美方已经确认日程安排了吗?我们会予关注。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)