沖ノ鳥島問題で日本の外務大臣は台湾当局と協議しない

日本の沖ノ鳥島の排他的経済水域200海里内に台湾の巡視船が入ったことに関しての日本の外務大臣のインタビューが記事になっている。
沖之鳥爭議 日外相無意與台灣協商 中央社
外相の発言部分だけ抜き出すと(発言だけ報じている)


記者:台湾の海巡署の船が沖ノ鳥島200海里に進入した、現在の状況はどうなっているか? 日本はどう対応するのか?

岸田外相:確かに台湾側の船舶が沖ノ鳥島周辺の日本の排他的経済水域を航行しているのを確認している。日本は何度も台湾に通知したけれども、台湾側の船舶はまだこの海域に進入している、この事態に至ったことに対して遺憾に感じる。既に台湾にすぐに船を当該海域から撤収するよう要求した。

記者:台湾の外交当局は日本に協議を希望すると言っている、日本側は協議に応じるのか?

岸田外相:しない、日本のやり方は今説明したとおりだ。


日本語の会見原文があった。
岸田外務大臣会見記録  外務省(平成28年5月10日 8時50分 於:官邸エントランスホール)
関連記事
「沖之鳥」事件 管理爭端抑或放大衝突?(宋承恩)newtalk

その他のニュース
羅瑩雪下午稱不知何時槍決 鄭捷今晚突伏法 自由時報
二年前に台北地下鉄で4人を殺害22人傷害の犯人が死刑判決確定後最短の18日目の今日死刑執行。

WHA框一中 新舊政府回函各表 馬政府提九二共識 新政府:邀請函連結一中沒必要 自由時報
WHAからの招待状への返信の内容が現政府と次期政府で違う。

美軍巡航永暑礁 陸:威脅主權堅決反對 中央社
今日アメリカの駆逐艦ローレンス号が、中国が管理するファイアリー・クロス礁の海域を航行した。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)