2016年5月20日中国外交部記者会見ー蔡英文台湾総統就任演説への反応等

中華民國第十四屆總統蔡英文就職演說https://www.youtube.com/watch?v=LdwJMbrJAK4

中華民国第14代総統蔡英文女士就任演說文 中華民国総統府新聞稿
蔡英文・総統就任演説全文日本語訳 radio taiwan international

2016年5月20日中国外交部記者会見から日本と台湾部分抜粋
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1365177.shtml 中国外交部


問:日本の「朝日新聞」の18日の報道によると、「全米民主主義基金」は今まで少なくとも103の反中国団体に約9562万米ドルの資金援助をして、その中には「蔵青会」、「世維会」等の中国側に明確にテロ組織だと定義されている団体を含んでいる。当基金会の大半の資金はアメリカ政府から提供されている。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:中国側は「朝日新聞」の関連報道に留意している。これはまさしく中国が公布実施した「境外非政府組織境内活動管理法」の重要性と必要性を一つの側面から裏付けた。中国政府は各国の非政府組織が中国に来て法に従い活動するのを歓迎し、彼らが継続して本国と中国の友好交流のため「正しいエネルギー」を発揮するのを支持する、また必要な物やサービスを提供する。ただいかなる国家であってもどんな境外非政府組織活動が本国の安全と社会の安定に危害を加えることを許すはずがない。それらの中国境内で中国の国家政権を転覆し、中国の国家安全に危害を及ぼし、及び中国国家利益或いは社会公共利益に損害を与える愚かな企みをする組織に対しては、中国政府は法に依って対処する。

問:あなたは蔡英文の就任演説に対して何か論評は有るか?

答:中共中央台湾工作弁公室またの名を国務院台湾事務弁公室の責任者は蔡英文の今日の午前の演説に対して談話を発表する、皆さん注目するべきだ。

私が強調したいのは、一つの中国の原則は国際社会の普遍的な承認を得ており、一つの中国の原則を堅持することはまた中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。台湾島内*の政局にどのような変化が発生しようとも、中国政府は一つの中国の原則を堅持し、「台独」に反対し、「二つの中国」と「一中一台」に反対する立場は変わらない。
*)http://www.takefoto.cn/viewnews-679682.html

あなたも留意しているかもしれないが、昨日ロシア外交部は明確に表明した、世界にはただ一つの中国しかなく、いかなる形式の「台独」にも反対すると、我々はロシア側のこの立場に対して強い賞賛を表明する。

問:蔡英文就任演説の中で、米日を含む民主国家との協力を継続して深めると表明し、日本側も蔡英文の就任に対して歓迎を表明した。あなたはこれに対して何か論評は有るか?
520蔡英文就職典禮 美麗島大合唱 https://www.youtube.com/watch?v=l69MNtjx4fM



答:私は今言った、一つの中国の原則を堅持することはすなわち中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。

問:蔡英文はまた表明している、台湾は国際経済貿易協力の中での国際的地位を高め、その他の民主国家との関係を強化するだろうと。あなたはこれに対して何か論評は有るか?

答:我々の台湾の対外交流問題での立場は一貫し、明確だ。一つの中国の原則を堅持することはすなわち中国が世界各国と関係を発展させる重要な政治的基礎であり前提だ。我が国と外交関係を結ぶ国が台湾と民間の経済貿易交流を展開することについては、我々は異議を挟まない、しかし、我々はその国が台湾といかなる形式でも公式交流をすることに断固反対し、その国が台湾企業と主権の内容を持った或いは公式の性質を持った協定に調印することに断固反対する。台湾が多国間の経済貿易取り決めに参加することについては、すべて「二つの中国」、「一中一台」をもたらさない前提の下、両岸実務協議を通して検討されなければならない。


蔡英文就職演說打幾分 李登輝:幾霸分 自由時報
の記事によると、就任演説の後、萬豪酒店で国宴が開かれた、李登輝元総統も曽文恵夫人に付き添われて参加した。ホテルに入る時メディアに就任演説は何点かと聞かれ、「幾霸分!(台湾語で百点)」と答えた。
任總統首同台 馬.李零互動https://www.youtube.com/watch?v=hntkkmcx36c
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)