中国外交部が蔡英文総統の6月4日の所感に反応する

蔡英文総統は6月4日天安門事件への所感をFacebook上で発表した。蔡英文総統が天安門事件に対して所感を発表 これについて今日の中国外交部定例記者会見で記者が質問した。洪磊(らい)発言人はそれに回答した。
回應蔡英文六四談話 中國:已選擇正確道路 蘋果日報
回应蔡英文64谈话 中国外交部:中国选择的道路符合人民期望 博聞社 上の蘋果日報の転載のようだ。

蔡英文総統はFacebookで「誠心誠意対岸と台湾民主化の経験を分かち合いたい」等と書いていた。記者は

中国は台湾の民主の経験から学びたいか?

と聞いた。洪磊発言人は

過去30年来中国経済と社会の成果は世界中の関心を浴び、民主システムも完備していっており、十分に中国の制度の優れている所を表している

と答えた。しかしこのやりとりは中国外交部のサイトには掲載されていない。

その他に記者は

台湾国防部は、もし中国政府が南シナ海に防空識別圏を設定したら、台湾は承認しないと言った

と質問した。発言人は強硬に答えて、

南シナ海に防空識別圏を設定するかどうかは各面の要素、特に直面する空の安全の脅威の程度を総合的に考えなければならない、世界中の多くの国家が防空識別圏を設定している。各国の領土主権と海洋権益論争問題については関係ない、この行動は各国の主権の範囲内のことだ

と答えた。このやりとりも中国外交部のサイトには掲載されていない。

なお中国外交部の今日の記者会見を掲載したサイトでは台湾関連の話題としてパナマ運河の拡張工事竣工式の話題が掲載してあった。http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1369911.shtml


問:パナマ運河拡張工事竣工開通式が6月26日挙行され、台湾当局指導者は出席する。大陸にはパナマからの招待状が来たか? 関係者を出席させるか?

答:中国側は世界各国との関係を処理し発展させる時、終始一つの中国の原則を堅持することを根本の前提とする。一つの中国の原則は国際社会が普遍的に受け入れている原則だ。我々は関係国が台湾に関わる問題を慎重に処理するよう希望する。



その他の今日のニュース
中生赴台念書 傳中國官方暫停辦理 自由時報
談中生來台 中師:有學生因上傳大選照碰到麻煩 自由時報
中国から台湾への留学生が中国政府の命令で減少或いは停止させれられているという。しかし現場の中国の大学教師は今はまだそこまで感じていないと答えた。

習近平:中美有分歧 太平洋非競技場 中央社
第八回中米戦略・経済対話習近平演説 新華網
http://news.xinhuanet.com/world/2016-06/06/c_1118997076.htm
第8回米中戦略・経済対話が二日間の日程で北京で始まり、習近平主席は米中は違いがあっても衝突しないようにと呼びかけた。習近平主席は孔子の「人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり」を引用して、信任が人と人の関係の基礎、国と国の付き合いの前提だと呼びかけた*。
*)中国共産党は本当に孔子を尊敬しているのか 大紀元 2010年3月3日
南海博弈白熱化 美中披露最新進潛艦│中視新聞 20160606https://www.youtube.com/watch?v=dqi7bSVFbXw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)