中国軍艦が尖閣周辺の接続海域に入ったとの報道への中国国防部の短い反応

9日未明に中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に初めて入った。その報道に関しての質問に答える形で中国国防部が短い論評を発表した。
http://www.mod.gov.cn/info/2016-06/09/content_4672551.htm 中国国防部記者会見


6月9日国防部新聞局が記者の質問に答える
責任編集:孫力為 2016-06-09 12:20

問:日本のメディアが中国とロシアの軍艦が6月9日釣魚島(尖閣諸島)付近の海域に進入したと報道した、お聞きするこれに対して何か論評はあるか?
中国軍艦が尖閣周辺の接続水域入り、日本はロシア艦との関連を分析 ロイター

答:我々は関連報道に留意している。釣魚島とその付属の島は中国固有の領土だ。中国軍艦が自国の管轄海域で航行することは合理合法で、他国が四の五の言う権利はない。メディアが提示した関連状況について我々は更に調査する。

端午の節句の平安を祈る*
*)中国は9日から11日まで農暦端午節の三連休、記者会見はどこも休み。


これに対する日本の防衛大臣のコメント大臣臨時会見概要 平成28年6月9日(17時09分~17時16分)防衛省から抜粋

Q:別件ですが、中国の艦艇が、接続水域に、中国の軍としては、尖閣周辺の接続水域に初めて入った事案なのですが、これについて、中国がコメントしていまして、中国は、尖閣諸島は固有の領土だとしたうえで、「合理的かつ合法であり、他の国がとやかく言う権利はない」とまで言っているのですが、これについては、大臣、どう思われますか。

A:自制的にしないと、極めて危険な状態が発生してしまいます。これまで、わが国の接続水域に、中国の海軍が入ったことはなく、今回が初めて域内に入ったということで、これは、緊張感を一方的に高める行動で、非常に深刻な懸念であると思います。政府としては、すでに、中国に対して、厳重な抗議を申し入れているわけでありますが、防衛省・自衛隊としては、いたずらに事態をエスカレートさせないよう、冷静な対応を続けると同時に、しっかりと、わが国の領海・領土・領空を守り抜いていく体制は、しっかりしていきたいと思いますし、また、中国に対しては、米国をはじめとする国際社会と連携して、このような緊張を、一方的に高めるようなことにつきましては、自制していくように、さらに、働きかけを強めてまいりたいと思います。



その他の今日のニュース
山東當街搶孩子 群眾怒掀警車 中央社
中国の山東省で昨日子供を誘拐しようとする事件が発生したが、住民に取り押さえられた。そして警察を呼んだが来るのが遅かったため住民が怒りだし、警察車両をひっくり返そうとする騒ぎとなった。北京青年報を引用する形での中央社の報道によると、山東済寧市兗州区和馨家園社区玄関で3歳の幼児が母、祖母と一緒に遊んでいたところ突然一群の人が子どもと家族を引き裂き、一人の女が子供を抱き猛スピードで通りを去っていこうとした、一群の他の人は家族の動きを封じ祖母は押し倒された。祖母は必死で叫び、近所や通行人の助けで子供を奪い返した、子供を抱えていた女は人々に取り押さえられその他の共犯は逃げ去った。目撃者によると一群の人は男女2名ずつの四人だった。目撃者によると取り押さえられた女性は民衆に殴打された。同時に民衆は警察に連絡したが警察が10分でつくことができる所を40分かかったことに怒りだした。目撃者によると民警が到着後女性の容疑者を連れて行こうとしたが、取り囲んだ数百人の群衆が怒り、女を引きずり出し殴打するのを警察が止めようとし群衆と揉み合いになった。その衝突で群衆の中には警察車両をひっくり返そうと試みるものもいた。兗州公安は今日微博に、「極小数の人間が真相のわからない少数の群衆をそそのかし警察車両を取り囲んだ、公安機関の現場での活動を経て現在事態は収束した、公安機関は目下全力で残りの容疑者を追跡している」と発表した。

山東女被誤會當街搶童 遭群眾脫衣暴打 on.cc東網
http://hk.on.cc/cn/bkn/cnt/news/20160609/bkncn-20160609110145356-0609_05011_001.html
の記事では、捕まった女性は群衆に殴打され服を剥ぎ取られ、顔は殴られ血に染まり群衆の中からは殺せとの叫びが上がったという。しかし済寧市政府新聞弁のきょう午後の発表では事件は実際は誤解で、口論で野次馬が集まり女性と別の一人が人さらいと誤認され群衆に殴打されたとしている。発表によると、昨日の晩龍橋二区居民趙某とその娘伊某が二人の子供を連れて遊ばせていた所、子供が走り回るので子供を厳しく叱った。そこへ女性李某が通りかかりそれを見て止めに入った、そこで李と趙伊親子の口論が発生。その後趙と伊の親子は子供を連れてその場を離れたが、李某ともう一人の地元の馮某は群衆に人さらいと誤解され取り囲まれ殴打された。
a255a4665fd735fc68c41f3adfcd5dae.jpg

001b9aea4ee8a0a24928b8dd7c07830d.jpg

どちらの記事が本当かはわからない。
写真は
http://www.hk01.com/%E5%85%A9%E5%B2%B8/25155/%E4%BA%BA%E8%B2%A9%E5%B1%B1%E6%9D%B1%E7%95%B6%E7%9C%BE%E5%BC%B7%E6%90%B6%E5%B0%8F%E5%AD%A9%E9%81%AD%E5%9C%8D%E6%AF%86-%E6%B0%91%E7%9C%BE%E6%83%85%E7%B7%92%E6%BF%80%E5%8B%95%E6%8E%A8%E7%BF%BB%E8%AD%A6%E8%BB%8A
からインターネット上の写真とある。
山東搶孩子疑雲 女子遭毒打警車被圍堵 https://www.youtube.com/watch?v=yrLDNlK38cc

ビデオでは大怪我はしていないように見える。短いのでこの後はわからないが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)