英国がEUから離脱

23日にイギリスで行われたEU離脱の是非を問う投票の結果、離脱派が52%で勝利した。この結果を受けて世界の経済が大きな影響を受けた。
英國脫歐 亞歐美股全崩 自由時報
英国のEU離脱によって世界の株式市場全体で二兆ドル以上の株価が蒸発し、英ポンドは10%下落した。リスクを避ける資金は安全な逃げ場を求めて日本円を上昇させ1ドル100円の壁を破る円高になった。金の価格も8%上昇し、アメリカ国債価格も上がった。アジアの株式市場は、日経平均株価はは7.9%の下げで5年来最大の一日の下げ幅だった。香港恒生指数は2.9%下げ、途中5.8%まで下がる場面があった。オーストラリアが3.2%の下げ、韓国が3%の下げ。

熱情過後 英政經前景充滿不確性 自由時報
イギリスのシンクタンク国家経済と社会研究機構(NIESR)は、イギリスのサービス産業はGDPの8割近くを占めるが、英ポンドの下落、輸出の落ち込みと輸入価格の増加が消費と賃金の成長に衝撃を与えると指摘した。外国メディアは、イギリスのこの先二年の実質賃金は平均2.8%下がり、住宅価格は1割下がり、毎年の政府の負債は200億から400億ポンド増える恐れがあり、所得税率を2%上げる必要があるかもしれないと予測する。

中評網:英國脫歐 蔡政府有3層面受影響 自由時報
香港の中国系「中評網」はイギリスのEU離脱の台湾への影響について、直接的な影響は大きくないが、間接的な影響は小さくないとして、三つの影響を予想した。台湾金融市場への影響。国際経済環境が複雑になり、台湾の国際市場開拓が不利になる。イギリスの国民投票が台湾の国民投票議論に火をつけ、政局と両岸関係が複雑になる。

イギリス国民投票に中国共産党が衝撃を受ける理由 newsweek

罷工.英脫歐! 蔡英文專機開國安會議│中視新聞 20160625https://www.youtube.com/watch?v=kaGkbpdsnug
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)