台湾では今年コンビニエンスストアの収益が3,000億元を突破する予定

中華民国経済部の新聞稿から


今年のコンビニチェーン収益は3,000億元を突破する予定
発布単位:統計処 発布日期:2016-06-27 午前 09:00

1, コンビニエンスストアチェーンは各種民生用品及び多元化されたサービスを提供し、消費者の多様な需要を満足させ、あたかも日常生活の中の不可欠な一部になっているようだ。我が国のコンビニエンスストアの2015年の収益は2,950億元、年増2.0%、今年になってから春節期間の購買熱、連休の外出人数の増加及び商品の入れ替えの良さが出て、1−5月の収益の累計は1,259億円、年増5.2%だ。日本のコンビニエンスストアの収益は2015年に10兆9,957億円に達し、台湾の2兆8,977億元に相当し、我が国の9.8倍、2016年1−4月の収益の累計は年増5.0%で二年連続で5%を越えた、明らかに我が国と日本のコンビニエンスストアの収益額は年々上昇する傾向にある。

2, 2014年我が国では商品の販売収入が96.7%を占め、サービス収入は3.3%、日本は94.9%と5.1%だ、我が国のコンビニのサービス収入は日本より低くなお成長の余地がある。商品販売の面では、我が国は食品飲料類が59.4%で、非食品類が40.6%を占める、日本は65.5%と33.5%で、明らかに我が国のコンビニの販売は生活用品等の非食品類の比率が日本より高い。

3, 我が国と日本のコンビニの密集度は世界の1位と2位だ、流通ニュースの店舗数の統計によると、2014年末我が国の四大コンビニ*総店数は1万店舗を突破した。2016年5月末には1万199店舗に達し、一店舗あたり2,304人が利用している、日本の2016年3月末のコンビニ店舗数は54,839店舗、一店舗平均2,317人が利用している。
*)中国語wikiによると台湾の四大コンビニは
統一超商(7-Eleven):約5,022家(2015年8月17日)
全家便利商店(FamilyMart):3,001家(2016年6月10日)
萊爾富(Hi Life):1,296家(2015年2月2日)
OK :890家(2015年2月2日)
合計:約10,209家。

4, 我が国のコンビニ店舗数の伸びは鈍化し、2015年は純増56店舗となり6年来最低となった、今年の1−5月は僅か12店舗の増加だった。同業と異業種との競争は激烈で、業者は座席形式や外食客を積極的に開拓するほかにも(原文は業者除積極拓展座位經濟及外食商機外)、店の中の店や複合店モデルを導入し、電子商取引やモバイルコマースとネット経由の決済サービスの強化をして、今年のコンビニチェーン店の収益3,000億元突破を目指す。



その他文化部の新聞稿
白色テロ被害者口述歴史映像記録映画発表会 移行期の正義を実現する 鄭麗君部長(大臣)は迅速な人権博物館の完成を約束
49b9b25e-9d92-4bbf-a7fb-31c1eaeff2cd.jpg

台北市の新聞稿
国産3D映画ポストプロダクション技術を体験 柯文哲:製造業の考え方から離れ、ソフト志向の産業へ進む

台北市の新聞稿
妙齢の女性三人が携帯をタクシーに忘れたと派出所に駆け込んだ。警官は女性から話を聞き出した後、道路に設置してある監視カメラを分析してタクシーを割り出した。そしてタクシー会社に連絡し携帯が帰ってきた。3人の女性と警官の記念写真有り。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)