台北市動物園にオオコノハズクの親子が現れる

6741042025.jpg
写真は台北市の新聞稿に添付のもの
台北市の動物園に親子のオオコノハズクが現れ職員を癒やしている。台北市の新聞稿から


ロマンチックな動物園への出勤 野生のオオコノハズクに窓の外から見守られる
發布機關:臺北市立動物園
發布日期:2016/7/4

台北市立動物園内はいつもは真剣な雰囲気で各々忙しく建物を行き来しているが、ある日同僚たちは我勝ちにと何事かを告げながら走りだしある場所に集まっていた、その多くは思わず微笑みを見せお互いに小声で語り合っている、一体何が原因なのか? 実はそれは職員が出退勤に必ず通る庁舎前の木立の中に、6月下旬ひっそりと四羽のオオコノハズク(原文は領角鴞)の家族がやって来て、その瞬間みんなの注目の的となっていたのだ。鳥の父と母は2羽の幼鳥を連れすみかとし、巣立ちの訓練をしている、4羽のオオコノハズクはここにとどまってもう一週間を過ぎようとしている、事情を知った同僚たちはあいた時間にじっくり観察するということができないので、樹の下を通り過ぎる時彼らがまだいるかどうか必ず頭を挙げて見ている。

オオコノハズクの生息地は都会周辺の浅い山だ、オオコノハズクは通常昼は休み夜活動する、日中は木々の間でじっとしている。しかしオオコノハズクは小型の猛禽類のため、もし外の鳥類がオオコノハズクの存在に気付いた時には警告の鳴き声で大騒ぎにならざるを得ない。今回庁舎前のオオコノハズクの家族が発見されたのも、金仕謙園長が付近のシロガシラクロヒヨドリ(紅嘴黑鵯)、オウチョウ(大捲尾)、タイワンオナガたちがひとしきり騒いでいたため、探っていた時突然すぐ近くのオオコノハズクの一家四羽を発見したのだ。

大部分の人にとっては、オオコノハズクは童話或いは映画の中にだけ出てくる神秘的な動物だ、それは野外で彼らの姿を目撃する機会がとても少ないためだ。動物園の園内環境を自然のままに保とうとする努力によって、近年園内で野生のキョンハクビシンシナイタチアナグマ、センザンコウ、ムササビ、カンムリワシ、ヤマムスメ、コジュケイ、台湾コノハズク、等の浅い山で生活している動物の観察がどんどん容易になって来ている。ただ今回のオオコノハズクはこのように大きな顔をして事務室の窓の外の木の上で、2羽の幼鳥を連れているのは、動物園の同僚たちにとっても初めてといえる新鮮な経験だ(對動物園同仁來說,也算是頭一遭的新鮮經驗)。

都市の中でオオコノハズクが繁殖できる天然の木の洞は探しにくい、巣を作れないオオコノハズクはヤシの葉の根本や果ては油煙を排出する通風口などの不適当な場所に仕方なく産卵し、そのため毎年繁殖の季節になるといつも幼鳥が「巣」から落ちる事故が発生している。動物園の庁舎の外のオオコノハズクの幼鳥の体型は成鳥と同じくらいまで大きくなっている、ただ羽毛の色はやや灰白で、日中はほとんど移動しないで時々羽をつくろい、頭をかしげて自分たちに関心を示す人を見たり、あるいは目を閉じて英気を養っている。

オオコノハズクは台湾の特有亜種でまた台湾で最も広範に分布しており、人々の生活範囲でオオコノハズクに遭う機会も多い。人間の開発、山林の造成によってすみかが破壊され、食物選択の要求が高くないオオコノハズクは、山林から都市に進入する冒険をすることができ、彼らは、ベニバト、雀、シロガシラ、ネズミ、カエル、トカゲ果てはゴキブリ等の都市によくいる動物を捕獲し、彼らの子供を養う。それゆえ都市内の環境が良好な区域でありさえすれば、人類との平和共存を試みているオオコノハズクと遭遇する機会もある。

オオコノハズクのオスメスの外形は同じだが、野外では一般にメスのほうがオスよりやや大きい、毎回2個から4個の卵を産む、孵化の仕事は母鳥の仕事だ、オス鳥は食物の提供と警護の仕事だ。受精卵の孵化期は約一ヶ月、孵化したてのひな鳥は全身白いふわふわの毛、約一ヶ月で巣を離れ、巣を離れたばかりの鳥は一箇所に集まり親鳥の保護と餌をもらう、同時にゆっくりと獲物を捉えるのに必要な技術を学ぶ。

領角鴞小檔案 特有亞種
英名: Collared Scops Owl
學名: Otus lettia glabripes
保育等級:珍貴稀有保育類野生動物
分類:鳥綱 鴞形目 鴟鴞科
分布:臺灣
棲息環境:平地至1,300 公尺闊葉林區
食性:昆蟲、鳥類、小型哺乳動物、兩棲類及爬蟲類
習性:晝伏夜出 , 在春夏夜晚,常可聽到牠發出單調「不--」的
鳴叫聲。
型態:翼長16~17公分,體長23~25公分,體重108~170 公克,裸
趾;全身灰褐色佈有黑褐色柱紋、蠹紋,面盤周圍黑色,頭頂
有羽角,嘴喙基部有發達地感覺毛鬚,頸椎:有14節,頭部可
轉動270度。
食性:肉食性。
習性:晝伏夜出,非繁殖期單獨活動,白天藏於樹葉濃密樹枝處


動物園上班超級浪漫 野生領角鴞窗外陪伴 A Romantic Owl Date (With English Subtitles) https://www.youtube.com/watch?v=fECW4xy2f_4

〈台北都會〉領角鴞家族 悄悄進駐動物園 自由時報
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)