中国は台湾独立を3種に分類し、来年は更に圧力を加える

台湾の中国系の学者たちが12日から16日にまで中国を訪問し中国の台湾専門家たちと会談して、中国の蔡英文政権に対する対応を聞いた。中国寄りの「中国時報」が報道したのを他の新聞も内容を報道している。
盯蔡搞台獨 陸列20多項事證 中時電子報
中國指台獨有3種 明年可能進一步施壓台灣 自由時報
北京列「台獨」事證 警告無「一中」台海大亂 大公網
http://www.takungpao.com.hk/taiwan/text/2016/0718/9899.html

中国は現在「柔性」「文化」「戦略」の角度から台湾独立の動きを分類して、蔡英文総統は台湾独立を目指していると判断し。来年前半外交面経済面から圧力をかけると言った。

中国側は蔡総統の言動を去年の教科書改訂反対運動、脱孫文、移行期の正義(独裁時代の清算)促進条例は文化的台湾独立、蔡英文政府の親日中国抑止政策は戦略的台湾独立、ひまわり学運の学生の訴追撤回、パナマでの台湾総統のサイン、「紅十字会法」廃止は柔性台湾独立と分析した。

しかし今回のフィリピンが訴えた仲裁裁判の判断に対して、蔡総統が判決に反対し、中国と同じ(ように)領土を主張したことを評価しており、この機会を使って両岸は一つの中国だと認めて関係改善をしないなら、来年から更に圧力を強めると言った。
台湾、南シナ海に軍艦派遣 「国益守る決意示すもの」=蔡総統 中央社

中国側は陳水扁総統は台湾独立を叫ぶだけだったが、蔡総統は細かく計算しており、また過去台湾独立の動きすべてに関わっているため非常に警戒しているという。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)