中国人観光客26人焼死事故に対して中国が不信感

台湾桃園市内の「国道2号」空港連絡道路で19日、中国大陸からの観光客を乗せたバスが炎上し、子供3人を含む乗客乗員26人全員が死亡する事故が発生した。
<台湾バス火災>非常口開かなかった可能性 遺体、出口に重なるように 中央社

この事故に関して中国の環球網が多数の記事を発表して、台湾の中国人観光客に対する姿勢などについて書いている。
社评:台湾旅游业事故多得太离谱了 環球網
http://opinion.huanqiu.com/editorial/2016-07/9197830.html
の社説では、台湾の観光業での事故が多すぎるとしている。「台湾のメディアによると、2008年の中国人観光客の受け入れがはじまってから、9回の観光バスの事故、列車の事故一回、飛行機墜落事故一回、計83人の中国人観光客が死亡し、159人が負傷している。2300万人の人口は中国の中程度の省の半分ぐらいにすぎないのに8年間の間にしては突出して多すぎる。もし中国の省なら社会に十分に説明し責任を取らなければならない。東南アジアや日韓に比べても台湾の事故は多すぎる、中国のツアーが費用を削りすぎているという意見もあるが、台湾側にたるみがある。このままでは観光客はますます減るだろう。大陸側が台湾に圧力をかけて改善させるよう希望する」

24名大陆游客台湾罹难 个别岛内网民留言偏激
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9198322.html
の記事では、台湾への観光客は日本人も多いが中国人ばかり事故に遭う、これは台湾人の心と態度に中国人観光客への差別心があるからだ。蔡英文政権成立以来中国からの観光客が減るのではないかと観光業者は心配しているが、中国人観光客は中国の系列の店で買い物をして台湾にお金を落とさないとか、中国人のいない台湾は静かで良いとか、差別的な意見もある。今回の事故でも26人が死んでこれで中国人が来るのを止められるなどというものまでいる。実に台湾で美しいのは人の心ではない。

その他の記事の見出しは
陆客团火烧车意外 死者可获赔约550万新台币
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9199300.html
大陸観光ツアー焼死事故、補償金は550万元

人祸酿悲剧?台媒:事故游览车安全门打不开是因为设有暗锁
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9201939.html
悲劇は人災か? 台湾メディア:事故のバスの非常口が開かなかったのは隠し錠のため

港媒:台当局应检视旅行安全 别让陆客“以命游台”
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9200122.html
香港メディア:台湾当局は旅行の安全検査をするべきだ大陸客は命と引き換えに台湾観光をするな

台湾中天新闻声明:本有良意 未来会对文字表述做更精准呈现
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9200628.html
台湾中天テレビで、中国人観光客が安全教育を受けていないため、ガラスを割れなかったりしたのが死亡の原因などと差別的なことを言ったことを後で言い訳しているという記事。

24人陆客团事故不幸罹难 蔡英文:希望两岸沟通顺畅
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9199571.html
24人の大陸旅行ツアーの死亡事故 蔡英文:両岸が意思疎通を滞りなくできるよう希望する

火烧陆客游览车意外 台法医将解剖司机遗体厘清案情
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9200947.html
バス事故で焼死した大陸観光客 台湾法医運転手の遺体を解剖し事件を究明

台媒:台当局规定陆客团接待水准每日60美元是“低价团”元凶
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-07/9201766.html
台湾メディア:台湾当局の規定した大陸観光ツアーの接待水準毎日60ドルが低価格ツアー(事故)の元凶
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)