今日の台湾のニュースから(バス事故続報、李登輝元総統石垣島訪問等)

台湾桃園市内の「国道2号」空港連絡道路で19日、中国大陸からの観光客を乗せたバスが炎上し、子供3人を含む乗客乗員26人全員が死亡する事故が発生した。
<台湾バス火災>非常口開かなかった可能性 遺体、出口に重なるように 中央社

24日には検察が車内の残った容器5本からガソリンの反応を検出しまた車内のあちこちからもガソリンを検出した。
國道火燒車 車內5容器驗出汽油類反應 中央社

29日になってバスの運転手の体内から高い濃度のアルコールが検出された。
26人死亡の観光バス火災 飲酒運転と判明 中央社

その後バスの運転手は3年前女性ガイドに対して性暴行事件を起こし5年の実刑判決が出たばかりだったことがわかった。
【火燒車26死】司機蘇明成在這家飯店性侵 目擊者還原現場 蘋果日報
火燒車司機自焚疑雲》蘇明成被起底曾性侵女導遊 上個月二審判刑5年 風傳媒
この記事によると、3年前モーテルのカウンターの人の証言ではガイドの女性が髪を振り乱して来て運転手に強姦されたと言った。後から運転手がやって来て「大げさに騒ぐなそのへんでいいだろう」と言った。その後彼女は電話で夫と会社に泣きながら訴えた。彼女の首から胸にかけて赤く腫れメガネは壊れ、背中には手の跡があった。証人に運転手の写真を見せるとああこの人ですと言った。一新では5年の実刑、今年の3月18日には民事で90万の賠償判決。6月24日二審で五年の実刑判決が出た。運転手の蘇明成は判決一週間前に休みを取り、7月12日のツアーの仕事が判決後初めてのツアー参加だった。

【火燒車26死】酒駕司機性侵判5年喊冤 25陸客疑陪葬 蘋果日報
の記事では、10年前運転手は警官の職務質問が違法だったと訴えて賠償金を得ていた。また運転手は台湾籍の父親とずっと中国で育ち89年26歳の時やっと台湾に来たため大陸訛りが強く、色黒、近所と交流はほとんどしなかった。また女性ガイドに訴えられてから本名の蘇忠華から蘇明成に改名していた。

蘇明成酒駕再自焚 律師:每次出庭都渾身酒味 hinet
運転手は法廷に毎回浴びるように酒を飲んでは現れ、弁護士に注意されていた。

司機蘇明成酒駕自焚 竹圍里長:不可能 他還有孩子 聯合報
運転手の住んでいる高雄市の里長は自分でガソリンを播いてみんなを道連れに自殺するとは信じられない。大学、高校、中学の3人の娘がおり、一家も仲睦まじかったと言っている。

蘇明成曾涉性侵 玫瑰石總經理稱「今天才知道」自由時報
バス会社の社長は彼の過去の事件のこと名前を変えていたことなどまったく知らなかった。仕事ぶりも異常はなかった。

常被公司K? 傳蘇明成曾放話:幹一票大的... ETtoday
運転手は友人に曾ていつか驚天動地のことをやってやると言っていた。収入も低く、会社の待遇や時局に不満を持っていた。でかいことをやるとも言っており、当時聞いていた人はただ不満を言っているだけだろうと気に留めなかった。

李登輝幫國民黨賺8千多億黨產? 真相是… 蘋果日報
李登輝元総統は今日石垣島訪問に出かけた、桃園空港でインタビューに応じた。蔡英文総統の支持率が下がったことについて、なにかがあれば上がったり下がったりまた上がったりする。やるべきことは多い、それらを見守りたいと言った。太平島について本来は島だ、仲裁裁判所側によく理解させなければならないと言った。

火燒車酒駕震撼 陸再掀反台潮 中時電子報
の記事では、バス事故で中国人の犠牲が出てから、中国では反台湾の感情が広がり、今回の運転手の飲酒問題でますます広がっていると言っている。「これが民主だ! 台湾大陸観光客バス事故を再現実録」という文章では、台湾民衆は助けようともしなかった、大陸なら助けると言っている。また専門家は、台湾のネットでの中国人への嘲り(「火燒支那豬」など)や蔡英文総統が関係する式に姿を現さず、中国人に対して冷たい態度を取っていることも原因だと言っている。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)