地球の陸地が水分を吸収して海水面上昇を抑えていた

台湾大学の学者とNASAが参加している研究で陸地へ水分が吸収されたため地球の海水面上昇が抑制されていた事がわかった。
近10年海平面上升暫緩 學者憂未來將加快 newtalk
陸地含水增加 研究:海平面上升速度減緩20% 自由時報
冰河持續融化 海平面上升卻趨緩 台學者找到原因 自由時報
台大研究顯示 陸地像海綿、減緩海平面上升速度2成 蘋果日報

台湾大学大気科学系羅敏輝助理教授とアメリカ航空宇宙局 (NASA).の協力で、GRACE (人工衛星)を使った研究で、過去十年の陸地の水を含む量の増加が海水面上昇の速度を20%遅くしていたと発見した。この研究は2月の「「Science」の中で発表された。

科技部は今日「気候駆動の陸地水文循環、過去十年の海水面上昇速度の減速」記者会を開き羅敏輝がアメリカ航空宇宙局噴射推進実験室(NASA, JPL)の科学者達との共同研究の結果を発表し、過去十年来もともと年平均3.3ミリ上昇するはずだったが、実際は2.5ミリだった、多くの水が土壌層と地下水層に入り、陸地が含む水が増えたため、海面上昇速度が0.71ミリ下がった。研究チームは資料を分析して、ラニーニャ現象が雨を降らす地域を移動させ、アマゾン河流域、アフリカ南部、オーストラリア東部の降水量が増え、多くが内陸部のため海水に流れ込まず陸地に含む水が増えたためとした。

一般に地球の重力場は数ヶ月から数年の間では明らかな変化はない、唯一短時間に重力場波動をもたらす要素は水循環だ。羅敏輝はGRACE衛星システムは重力場変化の資料収集の責任を負っていると説明した。

羅敏輝は陸地の含む水の量の増加が海水面上昇速度を抑えているが、この結果が将来の海水面上昇問題の心配をしなくていいということではない、これらの水はやがて十年後二十年後結局海に流れ込み、海水面上昇を加速させるかもしれないと言った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)