尖閣諸島沖で中国漁船がギリシャ船籍貨物船と衝突沈没

尖閣諸島沖で連日300隻近い中国漁船が、中国の海警船と日本の接続海域や領海に進入して挑発行為を繰り返していた。日本政府は度々中国側に抗議をして両国の緊張状態が高まっていた。そんな中、今日早朝尖閣諸島沖でギリシャ船籍の貨物船と中国の漁船が衝突し中国の漁船の乗組員6人が日本の海上保安庁に救助され残りの乗組員の捜索が続いている。
尖閣諸島沖で中国漁船とギリシャ船籍貨物船が衝突 海外メディア「日本が乗組員を救助」 The Huffington Post

中国外交部の今日の反応
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1388512.shtml 中国外交部


外交部発言人華春瑩が中国漁船と外国籍貨物船の衝突事故発生について記者の問いに答える
来源: 2016-08-11

問:報道によると、今日中国釣魚島(尖閣諸島)西北海域約70キロの場所で中国漁船と外国船籍貨物船の衝突事故が発生した、中日双方は政府所属の船公船を派遣し水に落ちた乗組員を捜索救助している。関連状況と最新情報を発表してください。

答:中国海警局と交通部中国海上捜索救助センターの通報によると、8月11日朝、一隻の中国漁船と一隻のギリシャ船籍貨物船が東シナ海南部の海域で衝突し、中国漁船が沈没した。現在、6名の中国船員が救助され、中日両国の政府所属の船公船が残りの行方不明の船員を全力で捜索救助している。我々は中日の関係海上部門が継続して協力する姿勢でこの突発事件を適切に処理するよう希望する。


中国渔船钓鱼岛附近被希腊货船撞沉 日本海保救起6名渔民 観察者網
http://www.guancha.cn/local/2016_08_11_370880.shtml

台湾(中華民国)の交通部が事故の新聞稿を出していた。


大陸籍漁船「閩獅漁05891」がギリシャ船籍「ANANGEL COURAGE」貨物船と衝突沈没
發布日期: 105-08-11
新聞提供單位: 航港局

今日(11日)午前0945行政院海岸巡防署海洋巡防総局が電話で通報を受けた。大陸籍漁船「閩獅漁05891」が彭佳嶼東北方50海里のところ(北緯26度3.8分、東經122度52.3分)でギリシャ船籍 ANANGEL COURAGE ばら積み貨物船と衝突沈没した。現在わかっているのは船上には合計14人おり、6人が救助、なお8人が行方不明。現在海難発生海域の気象条件は東南東の風五級、陣風風力七級、曇、現場には中国の海警船と日本の飛行機がいる、0910時海巡署は既に桃園艦を現場に救援に派遣した。

ギリシャ船籍 ANANGEL COURAGE、IMO 9593218,総トン数 106727、積載トン数 205888M/T,建造年2013、船舶所有人 ANANGEL MARITIME SERVIES,責任保險人North of England club。交通部航港局は0945時海巡署の本案の通報を受け、すぐに1000時航港局に海難災害対応小組を成立させ、関係部署の人員を次々進駐させ、管轄区の北部航務センターもまた1010時当センターに合わせて緊急対応小組を成立させ、同時に行政院環保署、陸委會、國家搜救中心、海巡署、漁業署、內政部移民署及び交通部航政司に同時に通知し、1130時航港局で緊急対応会議を招集した。もしさらなる進展があれば航港局は随時新聞稿を発表する。 



その後夜遅く(たぶん)中国外交部はもうひとつ発言人の談話を発表した
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1388559.shtml


外交部発言人華春瑩が東シナ海漁船事故捜索救助の進展状況について記者の問いに答える
来源: 2016-08-11

問:あなたは今日東シナ海海域で発生した中国漁船と外国船籍の貨物船との衝突事故関連の捜索救助の最新進展状況を紹介できるか?

答:わかっているところでは、8月11日夜、日本側が救助した6名の中国船員は既に無事中国側に引き渡された。中国政府所属の船公船はなお事故発生海域で継続してその他の水に落ちた船員を捜索している。

中国側は日本側に対してこの海難救助事件の中で体現された協力と人道主義精神に賞賛を表明する。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)