国際地学オリンピックで台湾が個人金四つ、国家十連勝

日本の三重県で開かれていた第十回国際地学オリンピック(International Earth Science Olympiad; IESO)で台湾が個人では金メダル四つ、国としては十連勝を果たした。
リオに続いた!!地学五輪で金3、銀1 日本代表全員がメダル 産経ニュース

中華民国教育部の新聞稿から


我が国が2016年国際地球科学オリンピックに参加し栄えある金メダル四つを獲得した
上版日期: 105-08-27

我が国が参加した日本での2016年第10回国際地球科学オリンピック大会の速報が送られてきて、今回総計26の国家が参加した中で我が国学生は100名の参加学生の中で、計4個の金メダルを獲得し、第一位になり、すばらしい成績だった! その中の台北市私立復興実験高級中学学生黃家冠は成績が最もよく、個人世界第一位だった、その他の3名の参加学生も個人世界順位トップ5に入った。我が国はこの大会開始以来連続10回世界一位となった。

我が国代表チームは国立台湾師範大学張俊彦教授等10余名の教授で構成された指導チームが責任を持って国内選抜過程で初戦(原文は初賽)、二回戦(複賽)、選抜訓練キャンプ(選拔訓練營)及び決勝(決賽)の4段階に分けて訓練育成した。今年の全国初戦は総計483名の学生が参加し、二回戦を経て、選抜訓練キャンプ及び決勝等の過程を経て、4名の学生が我が国の大会参加者に選出された。今回の代表団は国立中央大学大気科学系林沛練教授が団長を担当し、国立師範大学地球科学系米泓生教授が副団長を担当、国立台湾師範大学科学教育センター張俊彦主任、地球科学系呉朝栄教授、陳卉瑄教授、劉德慶教授及び淡江大学物理系秦一男教授オブザーバーとしてチームに随行した。代表団は今年8月20日に日本の三重県に大会参加に出発し、当地時間8月27日午前9時に閉幕式と授与式を開催した。

我が国は2007年国際地球科学オリンピックに参加してから、毎年よい成績を収め、大会では今まで29の金11の銀を獲得、既に連続10年国別順序で第一位だ。毎年の賞獲得状況は以下のとおり:
(表は略、新聞稿にある)

今回の我が国代表の4名の高中学生の賞獲得状況は以下のとおり:
(表は略、新聞稿にある)

教育部は学生の優秀さを表すことを奨励するため、「国際数理学科オリンピックと国際科学成績優良を示した学生進学優待方法」を定め、本オリンピックで金、銀、銅を獲得した者は、大学院校各本学系に責任を持って送られ或いは大学院校各学系に推薦される。栄誉賞を獲得した者は大学院校各本学系に推薦される。別に金、銀、銅を獲得した者は教育部の送る20万元、10万元、5万元の奨学金を獲得する、ただ同一年度に同一学科或いは違う学科で2種類以上の賞を得た者は、優れたものを選んで最高の賞の額で処理しなければならない。

当代表団メンバーは大会終了後、8月31日に帰国する予定だ。このオリンピックは来年はフランスで開催される、我が国は引き続き優秀な学生を大会に参加させ、以って国際交流を促進し、学生の国際的視野を広げ、また更に多くの栄誉を勝ち取る。



その他のニュース
國民黨反攻花蓮市 版圖重新歸位 中央社
花蓮市藍天再現 小英百日執政慘敗 中時電子報

市長が病気でなくなったため行われた花蓮市の市長選挙で国民党が民進党から市長の座を奪還した。花蓮市はもともと国民党支持が民進党支持より多い地域だった。しかしこの6年民進党の市長だった。民進党は陳菊高雄市長、頼清徳台南市長など応援に駆けつけ全力で勝ちにいった。一方国民党も投票日が蔡英文総統就任百日にあたり、蔡政権の評価をする投票と、政党対決を全面に掲げて激突した。結果は国民党の魏嘉賢候補が17,923票、民進党の張美慧候補が13,958票で国民党が市長の座を奪還した。今年の総統選挙後の選挙ではまだ民進党は勝っていない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)