2016年8月29日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋(TICAD VIナイロビ宣言への反応)

2016年8月29日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋(TICAD VIナイロビ宣言への反応)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1392669.shtml 中国外交部


問:日本の共同通信社の報道によると、28日、ケニアで開催されたアフリカ開発会議(TICAD)は「ナイロビ宣言を発表し、宣言はルールを基礎とした海洋秩序を維持すると称し、また国連安全保障理事会改革の推進を確認した。共同通信社は宣言は日増しに自信をつける中国と東シナ海、南シナ海の情勢が緊張する背景の下発表され、中国を暗に指摘する意図があると言った。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:周知のように、アフリカ開発会議(TICAD)は本来はアフリカの発展に焦点を合わせた多国間交流と協力のプラットフォームの筈で、その主旨はアフリカの発展を支えることだ。しかし遺憾なことに先週ケニアで開催された第六回TICAD会議期間、日本は自己の意志をアフリカ国家に押し付けようと企み、私利を求め、中国アフリカ関係を挑発しようと企んだ。

正義の道理はおのずと人々の心の中に存在する。私が知るところでは、今回のTICADサミット前開かれた高官会議で、日本は会議の議題と成果の文書を安全保障理事会改革と海洋の安全保障問題に振り向けようと全力で推し進め、アフリカの発展というサミットの主題から逸脱し、アフリカと参加代表の強い不満を引き起こした。アフリカ国家はTICADの政治化に断固反対し、アジアの問題をアフリカに持ち込むことに断固反対し、日本が自己の意志をアフリカに押し付けることに断固反対している。今回のTICADサミットの最後に採択された文書から見ると、日本は最終的に全面的にアフリカ国家の意見を受け入れざるを得ず、海洋関係の内容をアフリカの海上安全保障協力に限定し、安全保障理事会改革問題では前回のTICADサミット「横浜宣言」の原則を述べている。日本の共同通信社の報道が会議の真実の状況を客観的に反映していないのは明らかだ、これもまたアフリカ国家に対する尊重に欠けている。

問:去年9月3日は中国人民抗日戦争勝利記念日だった、中国側は多くの外国の賓客を大規模な軍事パレードへ出席するよう招いた。お聞きする今年は類似の記念行事の手配はあるのか?

答:去年中国は中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年を記念する行事を開催した。現在私は今年去年に類似した記念行事を開催する計画があると聞いていない。我々は現在既にG20時間に入っている、杭州でのG20サミット開催が成功し、可能な限り多くの成果を得て、世界経済を奮い立たせるため新しい動力を注入するよう期待している。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)