台湾35歳から54歳で配偶者があって父母と同居は21%

台湾内政部の新聞から


21%の熟年が配偶者があって父母と同居している
05-08-31 10:30 AM 發言人室

あなたは知っていますか、全国のどれくらいの熟年が配偶者があって父母と同居しているか? 内政部の統計では全国の35から54歳で、配偶者があり且つ父母と同居している潜在的に独立可能なブループ(原文は潛藏可獨立族群)は106万人で、比率は21.40%に達する、これは35から54歳の熟年の配偶者がある人口の5人に1人が父母と同居していることになる。

内政部は表明する、国民の教育程度が高くなっているため、34歳前の青年の多くは学生と職場の新人たちで構成されている、そして35歳以後54歳までの中壮年は家をなし業を立てる段階で経済能力は比較的安定している。我々はこのグループ35から54歳で配偶者があり父母と同居しているものは潜在的に独立できるグループとする。統計によると、我が国の20歳以上の成年になった子どもと父母が同居しているものは633万人、33.53%、その中の潜在的に独立できるグループは106万人を越え比率は21.43%に達する。
news_content_8431.jpg
年齢婚姻状況別の20歳以上の父母と同居している人口

直轄市、県(市)の潜在的に独立可能なグループ分布状況を観察すると、金門県の比率が最高で33.79%、要因は金門人の有する福利と関係がある、そして雲林県と嘉義県が2位と3位なのは、農業県市に属し、熟年齢の配偶者のある人口が故郷で田畑の耕作をするため近くで父母の世話をすることができるように同居を選択するのかもしれない。父母と同居率が最低なのが基隆市、新竹市、新北市、その中の基隆市は仕事のため近くの直轄市に近づいて住んでいるためかもしれない。新北市は外部から仕事で移ってくるため、父母と同居に至らない。そして新竹市は新竹科学工業団地関連産業が人材を募集しており、青年が故郷を離れて職を求め、土地に根を下ろしても父母との同居者はまだ少ない。
news_content_8432.jpg
各県市の潜在的独立可能人数(表はどれも新聞稿から)

内政部は指摘する、都市化の程度が比較的高い六大都市は父母との同居が比較的低い、逆に苗栗以南の中南部の県市(直轄県市を含まず)は順序が比較的高い、明らかにこれらの35から54歳の潜在的独立可能なグループで父母との同居を選択しているものは都市と田舎の距離に関係がある。都市化の程度が比較的高い都市住民は結婚後父母と同居する比率も比較的低い、人と人との関係が薄く子どもと父母の間で子どもと父母の関係も比較的個別生活空間を重視するからかもしれない。南部の県市の父母と同居する比率は比較的高い、南部の住宅環境がテラスハウスが多いことと関係があり、居住範囲が大きくフロアの区切りもある、子供が結婚後たとえ父母と同居してもプライバシーが保てる。

内政部は表明する、これらの年長で既婚且つ社会経験地位が比較的基礎を具えているものは、比較的父母から離脱できる潜在的独立可能な人口に見える、なお父母と同居を選択するのは、結局親孝行或いは経済的な考慮か意味深長である。これを各直轄市、県(市)政府が住宅政策の参考とし、建築時の住宅企画の違う地域の形態と文化習俗から各地の民情に適合した住宅の類型を考える参考を提供する。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)