台風14号(ムーランティ)が台湾南部に影響

台風14号(ムーランティ)は台湾には上陸しなかったが、大雨と強風で大きな被害を与えて中国へ上陸した。
Meranti_2016_track.png
画像はwikipediaより
行政院の新聞から


林全首相は総統に同伴してムーランティ台風中央災害対策センターを視察 地方の各復興再建作業を積極的に協力支援する
日期:105-09-15 資料來源:新聞傳播處

ムーランティ台風がもたらした災害状況を思いやる、林全行政院長は今日(15日)蔡総統に随行して中央災害対策センターを視察し、引き続き対策と修復復興作業を調査し、同時に国軍の兄弟と同僚の苦労に感謝し慰問した。林院長はまた今日午後高雄視察に行き、実際に高雄港と市街区の損害と復旧状況を理解し、積極的に県市政府の各復興再建作業を支援協力する。

蔡総統は会の中で各部所に迅速に交通、水、電気、通信を回復させるよう指示した、また動員された人員に復旧作業の際自分自身の安全に注意するよう要請した。ムーランティ台風はまだ遠くには離れていないし、マラカス台風が引き続き台湾に影響を与える可能性が有る、各部所はなお気を緩めず、頑張り通す、後続の復旧作業は共同の努力にかかっており、迅速に民衆を正常な生活に回復させるよう期する。

中央気象局は午前11時30分ムーランティ台風の海上陸上台風警報を解除した、災害状況について内政部は今日10時段階で、ムーランティ台風は死者1名負傷者51人の被害をもたらし、6,814件の被害は多くは高雄、台南、屛東等の地域に集中し、主に断水停電、街路樹が倒れたり物が吹き飛ばされたりが多い。

水道電気への対応状況については経済部が表明した、ムーランティ台風が来襲し、停電戸数は99万余戸、今日午前現在、既に61万余戸が復旧、現在なお38万余戸が復旧を待っている、主要な地区は屛東、高雄、金門、台南等の地区。別に全国の断水戸数は約72万戸だったが、現在復旧は36万余戸。関係部所は既に人員と機械を動員し積極的に復旧に投入し、以って迅速に水道電気を復旧させる。

国軍支援協力状況は、国防部が表明した、今日各地区に4,415人の災害救助兵力を派遣予定で、花蓮、台東、屛東、高雄、台南と金門等111箇所の災害後の復旧作業に協力する。

中央災害対策センター指揮官内政部長葉俊栄は表明した、現段階の重点作業は既に徐々に再建復旧作業に移っており、中央災害対策センターは部会は平時の対策メカニズムに回復しつつ有る、ただなお関係部会は引き続き積極的に一部地域の水道電気生活維持設備の損害復旧をする、別に避難者や被災者に対しては、家に帰る評価と居住の安全の評価の後家に帰ることができるようにする必要がある。この外、中秋の連休にあたり、交通の渋滞など各最新状況を即時民衆に公布周知させる。

中央気象局は注意する、ムーランティ台風警報は既に解除した、今日台東、花蓮、高雄地区と屛東山区はなお局地的に大雨或いは豪雨がある、屛東平地、台南、基隆地区、南投山区、新北山区と金門、澎湖は局地的に大雨が発生する可能性がある、連日の降雨で、土砂崩れ、落石、土石流、沿海の低地での浸水に注意するように、民衆は山地や河川に入る事は避けるように。


颱風肆虐高雄市區 5000多棵路樹受災-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=QJEu0rLqvjk
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)