柯文哲台北市長がキリスト教と道教の国際学術シンポジウムに出席

台北市の新聞稿から


キリスト教と道教の国際学術シンポジウムに出席 柯文哲:対話を通して相互理解する、理解を深めれば衝突を解決できる
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2016/10/15

台北市長柯文哲は15日午前大同区保安宮に行き、「キリスト教と道教民間信仰対話国際学術シンポジウム」の開幕式のため挨拶した、彼は言った、「このシンポジウムは東洋の道教民間信仰と西洋のキリスト、カトリック団体との対話だ、宗教文化の上での交流だけでなく、考えのまったく異なる人が対話を通して相互理解できると明らかにして、社会に範を示す事になる。私はまた信じる、より理解を深めることが衝突をより解消することになると」

彼は挨拶の時言った、「保安宮は台北市で重要な宗教の中心というだけでなく、社会福祉事業全体での貢献も相当多い、更に宗教をまたいだ事業、羅東聖母医院、花蓮メノナイト医院、台東馬偕、埔里基督教医院等等に対してはどれも医療設備と経費の上で補助をしており、それは道教団体に限ってではない、それゆえ保安宮の社会福祉事業は一種の真に宗教を跨いだ純粋な博愛の精神で行われている」

「対話は交流だけでなく、衝突を解決する第一歩だ、両岸関係、国内関係或いは違う利益団体の間では、対話は最重要な第一歩だ、対話を通して相互理解し、より理解が深まれば衝突もより解消できる」

市長はメディアの取材を受けた
問:頼清徳台南市長は先週保安宮を訪問したが、今日は自分の地盤を固めるためか?*
*)訪保安宮掃賴清德人氣鞏固勢力? 柯P:想像力太豐富 ETtodayの記事によると頼清徳台南市長が新北市か台北市で次の選挙に出るという噂が有る。保安宮の董事長も頼清徳市長に台北市で立候補するよう薦めたという。董事長が今日は柯文哲市長になんと言ったかは分からない。

柯文哲:このシンポジウムは、数カ月前から予定に入っている、考え過ぎだ。

問:挨拶で「対話」について語った、他の意味はあるのか?

柯文哲:対話は社会の衝突を解決する第一歩だ、両岸関係だけでなく、国内関係或いは違う利益団体の間全てで最重要な第一歩だ。

問:国民党主席洪秀柱は中国に行き洪習会に参加する、彼女が「一中同表」を言うのを心配しているか?

柯文哲:彼女が話すのを待ってそれから心配すれば良い、これは洪主席が自分で考えなければならないことだ、彼女の政治判断と信仰がどうするか決めるだろう。

問:富邦董事が毎月3万元の車代をもらう、以前は給料が多すぎると批判していたがこれでは増やすことになるのではないか?
幫富邦獨董加薪36萬 柯市府說原因是… 自由時報

柯文哲:これは発生した問題に対して穴を補うためだ、当時富邦と給料以外は寄付すると約束したがどの団体或いは基金会に寄付するか規定していないため、この規定により寄付の明細表に詳しい時間団体を書き込むようにした。
柯文哲:富邦獨董分紅要捐出並提明細表 大紀元

(以下略)


訪保安宮回防賴清德? 柯P:不要想太多-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=aeRMBbucHRM
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)