香港の立法会議員が宣誓式で「People's Re-fucking of 支那」

香港の立法会議員の宣誓式で姚松炎 梁頌恆 游蕙禎の各議員が宣誓の言葉に余計な言葉を加え「Hong Kong is not China」という標語の幕を示したとして立法会の陳維安秘書長から宣誓無効と言われた。
立會秘書長裁定宣誓無效 姚松炎 梁頌恆 游蕙禎禁表決  香港蘋果日報
http://hk.apple.nextmedia.com/news/art/20161013/19799417
港議員宣誓稱中國「支那」 中聯辦:卑劣言行嚴重違憲 ETtoday
誓詞加料、展示「香港非中國」 姚松炎、梁頌恆、游蕙禎被指宣誓無效 立場新聞
https://www.thestandnews.com/politics/%E8%AA%93%E8%BE%AD%E5%8A%A0%E6%96%99-%E5%B1%95%E7%A4%BA-hong-kong-is-not-china-%E5%A7%9A%E6%9D%BE%E7%82%8E-%E6%A2%81%E9%A0%8C%E6%81%86-%E6%B8%B8%E8%95%99%E7%A6%8E%E8%A2%AB%E6%8C%87%E5%AE%A3%E8%AA%93%E7%84%A1%E6%95%88/

香港の立法会で12日午前宣誓儀式があった。その中の3名の本土、自決派の立法会議員が宣誓の言葉の中に余計な言葉を入れたり標語を掲げたりした。建築、測量、都市企画及び園境界功能界代表の姚松炎(Edward Yiu Chung-yim)議員は宣誓の最後に「きっと香港の制度的正義を守り、普通選挙を勝ち取り、香港のために引き続き勉める」と付け加えた。
三名議員被裁定未完成宣誓程序:之一(姚松炎)https://www.youtube.com/watch?v=Ql66cMzjBO8


香港新界東代表の梁頌恆(Sixtus "Baggio" Leung Chung-hang)議員は英語で宣誓し、「China(中国)」の発音を支那の発音で読んだ。また「香港民族(Hong Kong Nation)の利益を守るよう努力する」と付け加え「Hong Kong is not China」の幕を羽織った。
三名議員被裁定未完成宣誓程序:之三(梁頌恆)https://www.youtube.com/watch?v=LRKsBfTVID4


九龍西選挙区代表の游蕙禎(Yau Wai-ching)議員は宣誓前に「香港民族に忠誠を尽くす」「香港の価値を守る」と付け加え更に「People's Republic of China(中華人民共和国)」を「People's Re-fucking of 支那」と発音した。また「Hong Kong is not China」の幕を広げた。
三名議員被裁定未完成宣誓程序:之二(游蕙禎)https://www.youtube.com/watch?v=n1Ng9Jf87Vc


立ち会った陳維安秘書長は宣誓直後それぞれの議員に宣誓が無効だと言った。最後に羅冠聡議員が宣誓式の後、現場で陳維安秘書長は何の権限で3名の議員の宣誓が無効と言ったのかと質問したが、陳維安秘書長は回答しなかった。逆に宣誓式は既に終わった、羅議員は席に帰るようにと言った。羅議員が拒絶すると陳秘書長は会議の暫時停止を宣言した。その後陳秘書長は法律顧問と一部の民主派議員と開会した。

梁君彦当選立法会主席は来週三大会で上述の3名にもう一度宣誓をさせる、もし3名の議員が12日と同じような宣誓をしたら宣誓は無効だと言った。

中国の新華網は「数人の議員が宣誓でわざと国家と民族を侮辱する言葉を使い、国家の尊厳に挑戦し、香港同胞を含む中国人民と海外の華人全体の感情をひどく傷つけた、我々はこれに対して強烈な憤慨と譴責を表明する」とし、また「我々は数人の議員の卑劣な言行が社会の公憤を引き起こし、香港各界の人士が声明を発表し、抗議をし、ネット上で強い不満を表明していることに留意している」「このことは香港社会が極少数の人間がほしいままに法治を踏みにじり、『香港独立』の言論を鼓吹し、国家の安全に危害を加え、香港の繁栄と安定に損害を与える事を絶対に許さないことをはっきりと示した」と言った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)