台南市でクロツラヘラサギ写真展

台南市で11月6日から高溢源氏が20年以上撮影してきたクロツラヘラサギの写真展が始まる。検索すると高溢源氏のクロツラヘラサギの写真展は何度も開催されているようなので台湾では有名人のようだ。
002.jpg
台南市の新聞稿から


今年台南に来て冬を過ごすクロツラヘラサギは1200羽を超える! クロツラヘラサギ写真展は6日から
台南市政府新聞稿
發佈日期:2016/11/4 下午 05:44:15
發稿人:農業局森林及自然保育科

秋風が吹き始めた! 国際保護動物「クロツラヘラサギ」(学名:Platalea minor 台湾名:黑面琵鷺、黑琵)が続々と南台湾に飛来して冬越しを始めている、昨日(3日)までで既に1,200羽を越えており、その中の主要越冬地では680羽いる。農委会特有生物研究保育センター、台南市政府農業局、台南市生態保育学会共同企画「2016年クロツラヘラサギ保育季」系列活動の一つ「クロツラヘラサギを追った8千日高溢源写真展」が11月6日七股特生センタークロツラヘラサギ展示館で開幕の茶会を開催する、クロツラヘラサギと生態保育活動を愛する全国の親子民衆がクロツラヘラサギを鑑賞し、クロツラヘラサギ写真展を見に来ることを歓迎する。

気候が涼しくなり、ここ数日東北の季節風が吹き始め、加えて先月の2つの台風の影響で、今年の第一陣の2羽のクロツラヘラサギは9月18日朝、七股曾文溪口主要越冬地に飛来し、その後続々と群れをなして飛来し、七股曾文溪口クロツラヘラサギ保護区、頂山棲息処、四草野生動物保護区、三寮湾農田棲地、南布袋湿地及び螯鼓湿地等に分かれて過ごしており、昨日その総数は1200羽前後を越えた。クロツラヘラサギが次々と飛来して、今年もクロツラヘラサギを鑑賞する季節が始まった事を教えてくれる。
特生センター七股研究センター薛美莉主任は説明する、「『クロツラヘラサギを追った8千日高溢源写真展』の主要作者高溢源は今年68歳で今まで写真と名の付く試験に参加したことはないが、その作品は中華野鳥学会出版の2000年台湾野鳥カレンダー、中華電信公司IC電話カード、国外のアメリカ野生動物保護雑誌で印刷され、また『青青写真研究会』を代表し第二十四回中華民国写真連展に参加し優勝した」

高溢源は昨日開幕前に謙虚に表明した、「これらの作品は『クロツラヘラサギ』という『愛人』の助けがあったから、私に豊かな人生を与えてくれた。私とクロツラヘラサギは20年以上「格闘して友情を育み」、長年かけてクロツラヘラサギを追って撮影した数万枚の貴重な写真の中から、特に精選した一連の行為と各種肢体の動作素晴らしい写真を展示した、みなさんに美しいクロツラヘラサギの写真を鑑賞してもらいたい」
高溢源はまた特にみんなが人生の途上で困難に遭遇した時励ますのに、クロツラヘラサギの勇敢な精神を見倣うことができると言った。高緯度地域に生まれるクロツラヘラサギは冬の時期もしその寒い地域を離れなければ食物が無くなるという危機に直面する、鳥達は困難に直面した時、座して死ぬのを願わず、毅然として愛する故郷を離れ遠く台湾等の地域に飛び立つ、夏には再び故郷に帰るのだ。
「クロツラヘラサギを追った8千日高溢源写真展」の場所七股クロツラヘラサギ生態展示館は、クロツラヘラサギ保護区の隣で、全台湾のクロツラヘラサギの最大の越冬地だ、大変意味のある場所と言える。11月6日朝開幕時、小小黑琵舞踊と民族舞踊を発表しと3合1の黑琵ぬいぐるみが一緒に来場者と遊ぶ予定だ。全国の親子民衆を歓迎する。


005.jpg
画像は新聞稿から
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)