「台湾兵を追想し記念する活動」に蔡英文総統が出席

総統府の新聞稿から


総統が「台湾兵を追想し記念する活動」に出席
公布日期 中華民國105年11月05日

蔡英文総統は今日(5日)午後総統府副秘書長姚人多及び高尾市長陳菊同伴の下、高雄の戦争と平和記念公園に行き「台湾兵を追想し記念する活動」に出席し、台湾の無名の英雄たちを偲び、また記念と反省を通してすべての台湾人に戦争世代の話を深く理解してもらうよう希望した。

総統挨拶全文は以下:

1940年から1950年代、台湾は戦争の中に巻き込まれた。多くの台湾人は選択の余地なく、自己の故郷と親しい人から離れ、最も危険で恐ろしい戦場に入っていかなければならなかった。日本時代、彼らは召集、徴兵され従軍し、太平洋戦争の中に深く入らされた。第二次世界大戦集結の後、彼らは国民政府の軍服に変わって、国共内戦に投入された。その後その中の多くの人が現地で解放軍に組み込まれた。北は韓半島、南はニューギニアまで、ある台湾兵は異郷で命を落とし再び帰らず、ある台湾兵は当地にとどまり故郷と数十年切り離された。
台湾人日本兵 Wikipedia

またある人はやっと台湾に帰ってきたが、しかし一生戦争の影を引きずっていた。先輩の詩人陳千武が書いた「埋設在南洋,我底死,我忘記帶回來」だ。意味は、表面はいきいきとした人間だがしかしずっと以前に死を経験していると言っている。これが台湾兵の克明な描写だ。しかしこの彼らの人生を変えた経歴、長いこの時代は、台湾社会の主流に理解されることはできなかった。台湾兵の話は台湾社会の中で消えた。多くの苦しみを経て帰ってきた台湾兵にとって、これは最大の悲哀だった。

半生を台湾兵として奔走した許昭栄先輩*はこの悲哀を纏って人の世を離れ(焼身自殺)、今なお私達の心を揺さぶっている。2008年、私は民進党主席の身分で彼の告別式に参加した、2016年の今日、私は総統の身分で再びここに来た、私は許昭栄先輩に告げたい、私達は必ずあなたのためにあなたが完成できなかった仕事を完成する。
*)日本軍に志願兵として参加、戦後中華民国軍に技術を必要とされ参加、後台湾独立運動に参加し何度も逮捕投獄される、カナダ亡命を経て帰国元台湾兵の権益確保のため奔走、2008年高雄市の台湾無名戦士記念碑前で焼身自殺。

陳菊市長はずっと台湾兵の権益と歴史記憶の保存を重視してきた。私はこの数年来、彼女が高雄市政府と台湾兵のためになした一切に感謝したい。高雄は曾て台湾兵が出発する港の一つだった、現在、私達はここで彼らの帰るのを迎えたい、彼らを迎えることは私達の歴史になり、彼らを迎えることは台湾人の記憶の一部になる。政府は台湾兵の歴史の正義の追求を支持する、同時に、私達がまた覚えておかなくてはいけないのが、第二次世界大戦及び国共内戦に参加した台湾兵は、その相当多くが原住民だった。私は原住民族の移行期の正義の推進を通して、私達が民族の角度からこの歴史を認識し直す助けとなることができるよう希望する。

戦争は家族を離散させ、人生の軌道をねじ曲げ、また友であるはずの人を敵に変えた。私達の前の世代は民族を問わず、省籍を問わず、皆曾て烽火の歳月の証人になり、皆曾ておおきな時代の流れの中で奮闘し生き抜いた。私達は記念と反省を通してすべての台湾人に戦争世代の話を深く理解できるようにすることを希望する。私はある時台湾社会の集団の記憶が違う時代、違う世代、違う民族の経験を含むことができるよう期待している。人々が多元的な歴史的観点を受け入れることができる時、台湾社会が真の和解に向かうことができる。私は信じる、これこそが平和の真理だ。

その後、総統は無名戦士の碑及び許昭榮先輩に花輪を捧げ、また「高雄市台湾籍老兵ケア文化協会」理事長呉祝栄の案内で戦和館を参観した。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)