頼清徳台南市長に台南地方裁判所裁判官が反論

今年2月6日台湾南部でM6.4の地震が発生して、 117人が死亡。その死亡者の内115人が台南市の永康維冠大楼(ビル、マンション)が倒壊したためだった。その後永康維冠大楼の建設請負者林明輝(64歲)、建築師張魁宝(63歲)、鄭進貴(63歲),維冠公司設計部経理洪仙汗(58歳)、大合鑽探技術顧問公司構造技師鄭東旭(52歲)の5人が業務上過失致死傷罪で起訴された。25日全員に刑の限度の懲役5年、最高9万元の判決が出た。
維冠大樓倒塌釀115死 建商林明輝等人判最高刑度5年 三立新聞網

この判決に対して頼清徳台南市長は昨日、検察が勝ったけれども、裁判官の判決は民衆の期待と差が大きい。台南地方裁判所は説明する責任がある、なぜ刑期が5年なのか、罰金はなぜこの金額なのか。居住者の反発は道理がある、もともとの予想と差がある、と言った。これは頼清徳市長や市民にもともと台南地方裁判所や司法界への不信感があったため( 台湾における司法改革の挑戦.pdf 国立情報学研究所)もあっての過激な発言だろう。

それに対して今日台南地方裁判所の裁判官が反論の新聞稿を出した。
台南地院就賴清德市長批評維冠案裁判結果之澄清新聞稿.docx - Google


臺灣臺南地方法院新聞稿
日期:105年11月27日
發稿單位:行政庭
連 絡 人:郭貞秀庭長

頼清徳市長がネット上の放送で維冠事件の裁判官の判決結果と社会大衆、被害者の期待との差が甚だしい、地方裁判所裁判官は表に出て判決理由、判決の拠り所を説明しなければならない、そうしてこそ社会の期待に合致すると指摘したこと等の状況に関して、本裁判所は以下のごとくはっきり説明する:

1,裁判所の裁判に基づく範囲は、ただ国家を代表して犯罪を訴追する検察官が起訴する範囲内でこれをなすことができる(原文は一、 按法院裁判的範圍,僅能在代表國家追訴犯罪的檢察官起訴的範圍內為之;)。そして罪刑法定の原則はすなわち国家刑罰権行使の準則であり、共に裁判所が法に依って裁判をする根拠であり、また民主法治の基本精神である。以上どれも民主法治国家のため、人権保護のため、決して壊すことはできない、必ず守らなければならない核心の価値だ。

2,本裁判所が受理した台湾台南地方裁判所検察署検察官起訴の維冠建商林明輝等の人の犯罪容疑は、ただ業務過失致死等の犯罪容疑に及ぶだけで、本裁判所はただこれについて裁判審理を進行できるだけだ。そして業務上過失致死罪を一度判断する事によって、その刑罰の法定限度の最も重いものは5年の有期徒刑と併せて9万元を科す、裁判官が本案の情状を酌量して、既に法の刑量によって業務過失致死罪の法定の最も重い刑に処した、多くの被害者と家族の心身の大きな傷を認識しているけれども、たとえ上述の法定範囲内の最高刑に処して、なお容疑が足らないとしても、ただ人民の声を通して、立法機関に関連規範の改訂を或いは刑の限度を上げることを督促できるが、自分勝手に刑罰を増やしてはいけない、そうでなければ罪刑法定の原則に違反し、法治国家ではなくなる。(而從一重論斷之業務過失致死罪,其法定最重刑度為五年有期徒刑及併科新臺幣九萬元罰金,法官審酌本案情節,已依法量處業務過失致死罪之法定最重刑,雖亦認眾多被害人及家屬身心巨創,即便量處上述法定最重之刑,猶嫌不足,亦僅得透過人民的聲音,督促立法機關修改相關規範或提高刑度,尚不得自行任意添加刑罰,否則即違背罪刑法定原則,而非法治之國家。)

3,人民は法を知り法を守る義務があり、国家公務員はなおのことそうあらねばならない、頼清徳市長は直轄市長として、曾て国民大会代表、4期にわたる立法委員として上の業務過失罪の法律規定の適用に対して、当然正確な認識があるはずだ、それでもし現在の法定刑度に足らないものがあると考えるなら、法律修正を提案する機会が少なくない、国家の刑罰法律の規定を軽視し、恣意的に本裁判所の裁判に対していささかの法治意識もなく、理のない批判をする、本裁判所はこれに対して甚だ遺憾に感じ、特に新聞稿を発表しはっきりと説明し、以って人々の誤った見聞を正す。


賴清德指維冠案判太輕 台南地院:裁量範圍最重刑度 聯合報
賴清德:民眾批判應當成司法改革動力 中央社
[爆卦] 台南地院踹共了 回應賴神市長的質疑

これに対して今日屛東市で市長はメディアに答えて、「被害者が台南地方裁判所に対して不満を訴えるのは理解できる、地方の父母としての首長(儒教的な表現)として台南地方裁判所にはっきり説明を要求するのは、私の職責だ。司法院は国民の司法改革への要求が非常に切実なのに向き合う時、民衆の批判を改革の動力にし、門をいっそう固く閉ざさいないようにしなければならない、そのようにして司法改革をしなければ、労多くして実りは少なくなる」と言った。

維冠案判太輕?賴清德、法院互槓-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=YIBd3rYHsLE


解放軍軍機繞飛台灣一圈 國防部:我全程監控 蘋果日報
中國漁船 「集團化入侵」我海域濫捕 自由時報
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)