中国軍部が台湾に強硬手段を取ると脅す、等のニュース

ロイター社が中国の3つの消息筋から得た情報を報道し、それを台湾のメディアが引用している。
路透:中國考慮在台灣周邊進行軍事演習 newtalk
陸擬對台採強硬手段 可能在鄰近區域軍演 中時電子報
China considering strong measures to contain Taiwan: sources reuters

中国軍部はトランプ次期アメリカ大統領が台湾独立を支持しているのではないかと過敏になっており、最近数週間中国軍部の高官たちの話題になっている。彼らは強硬手段として、台湾周辺での軍事演習と経済面での措置を考えているが、北京が決定するかどうかはまだわかっていない。

張大春批蔡總統春聯:不識字,不解意,不通文,不學事,沒有教養 上報
台湾総統府が春節用の春聯「自自冉冉、観喜新春」とお年玉袋を1月1日から配り始める。しかしこの春聯の句に対して批判が出ている。例えば、平仄や意味の上で対句になっていない、引用したという詩の原文は「自自由由」ではないのか、あるいは「冉冉」だけでは総統府が解説する「冉冉上升」の上昇の意味は持たないなど。
「自自冉冉」有誤?賴和長孫:台客語發音就明白 自由時報
翌日の上の記事では、民進党の国会議員呂孫綾氏が原文の作者頼和氏の孫の頼悦顔氏に直接聞いたところでは、原文を「自自冉冉幸福身,歡歡喜喜過新春」と説明され、意味はもし台湾語或いは客家語の発音なら,意味は「自自然然」になると言われた。

內閣改組 蔡英文:必要時做調整 鏡週刊
総統と政権は5月の就任以来支持率が下がる傾向が続いている。蔡英文総統は記者との懇談会で内閣改造について聞かれ、今ようやく慣らし運転が終わるところだ、と言って、改造は必要な時に調整すると言った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)