謝長廷駐日代表が失言騒ぎを起こす

謝長廷元首相は現在日本で中華民国駐日代表処の代表、国交のある国の場合なら駐日大使と言われる立場にある。その代表の発言が問題になり、駐日代表処が説明の新聞稿を出したとニュースになっていた。
謝長廷發言遭誤導 駐日代表處澄清 中央社

そもそもの代表(大使)の発言は何かと言うと同じく中央社の31日の記事によると
謝長廷見台灣大學生 幽默談台日差異 中央社
中信金融管理學学院の「2017海外金融学習課程研習団」計82名の学生が日本で東京大学、早稻田大学等と交流している,謝長廷氏は昼学生との交流会の前に挨拶をした。曰く、「台湾と日本にはまだ未解決の懸案がある、例えば尖閣、沖ノ鳥島、漁民と漁業の領海問題だ、これらはまだ解決していない、しかし我々はどれも穏やかに対応している」「国内には誤解がある、台湾の漁民が日本に捕まっている、代表処は急いで救出するようにしろと言っている。我々は当然救出している、人は解放されているし、船も戻っている。しかし、謝長廷は強硬に行け、日本を恐れるなという」「漁民保護には多くの面がある。漁民は魚を取り、取った魚は日本に売っている。だから私達は日本と喧嘩はできない、喧嘩すれば魚は売れなくなる」「台湾は国際的に孤立しているが、日本は台湾を支持する発言をしている。例えば、WHO総会問題、ICAO等の場合、日本はいつも台湾を支持する発言をしてくれている、TPPもまた然り」「我々には優れた点がある、しかし日本にも優れた点がある、日本の良いところ、法を守る、第二は清潔、この二点は素晴らしい。さらに言えば、日本は比較的厳密で細かい、日本は大抵の問題では先に解決してきた先進国だ、ドラッグストアに行けばすぐ解る、何でもある」「日本の欠点は台湾の優れた点だ、台湾は比較的自由で開放的だ、日本の憲法は制定以来70年、変えることができていない、しかし我々は20年で7回変えた。これは台湾の優れた点だ。台湾で起こることは、日本人が聞くと皆驚く、台湾人が言う、『我々は2025年非核国家になる』、日本は飛び上がって驚く、『電気の供給はどこから?』、我々は言う、『問題ない』、日本はまた問う、『2025年まで後8年、電気が足らなくなるのでは?』 私は答える、『絶対に大丈夫、電気はどこから取るかって? まだわからない』」会場の人たちが爆笑したという。

この最後のセリフが台湾で問題になったようだ。
談2025非核家園 謝長廷:電從哪來還不知道 蘋果日報
の記事には読者の反応が載っているが、幾つか批判的な意見を抽出すると「バカ民進党が国民を騙している」「国家機密の漏洩だ」「総統に聞け」「彼女は答える、私も知りません、民進党は先に実行して後から馬鹿を言っている、那先做甚?」「非核家園=Faker(騙子)家園。」「蔡英文政権は若者を騙し、票をだまし取った、非現実的で、理想とスローガンだけだ」

時間がなくなってきたので、駐日代表処の今日の説明の新聞稿
關於7月31日謝大使與中信金融管理學院學生訪問團談話時有關非核家園發言說明
最近の夏の電力不足は短期的なもので、電力の問題は長期的には解決できると大使は信じているとしている。

今日の関連したニュースで
朱立倫批「關冷氣非最好方法」 黃重諺酸:有點中二 自由時報
朱立倫新北市長が政府が午後1時から3時まで出来るだけ冷房を使わないようにと呼びかけたことに、冷房を止めるだけが最善の対策ではないと言ったところ総統府発言人が、個人のFacebookで日本の311の時には全国民が一致団結して、節電した、朱立倫氏の発言は脊髄反射の中二の発言のようだと批判した。

最近の電力不足の原因は台風9号によって送電線が倒れたためだという、蔡英文総統のFacebookに倒れた鉄塔の写真と共に解説してある。同じく今日の中央社の和平電廠電塔搶修 經濟部估13日復電の記事では順調に行けば13日には送電が回復するという。それまで昼間の冷房の制限などがあるのかもしれない。

不甩中央命令?柯文哲:北市府實施空調不低於28度 自由時報
供電危機!政院令午後關冷氣雙北不甩 https://www.youtube.com/watch?v=0bymVyng5sc



小英派高層赴日求援造艦? 總統府駁斥 自由時報
多了309人 中市人口超越高雄 自由時報

習近平の閲兵式が台湾攻撃の模擬訓練場の近くで行われた等の今日のニュース

今日の新聞稿にも興味がわく記事があった例えば国際生物オリンピックで高校生が金四つ獲得
我國參加2017年第28屆國際生物奧林匹亞競賽榮獲4金! 教育部新聞稿
文化部の国家言語発展法は全ての言語を公式言語にするのではないと解説している。
文化部:國家語言發展法確保語言及文化平等發展 非指定官方語言 文化部新聞稿
どちらも興味を惹かれたが、教育部のサイトはセキュリティの例外承認を求められ、文化部の新聞稿は昨日の発表だったためリンクだけにした。

中央社の両岸関連の記事に興味を惹かれるものが多かったので、記事の要約を幾つかしてみる。
陸委會提醒 台灣人民不得領用大陸護照 中央社
台湾の陸委会が今日新聞稿を発表した(今晩の陸委会のサイトにはまだ掲載されていなかった)、それによると、香港メディアの「超訊」が28日中国の学者が「台湾特区委員会」と「台湾特区パスポート」の試行を提案したと報道した。これに対して陸委会が新聞稿を発表した。内容は
「両岸人民関係条例第9条の規定1によって、台湾人民は中国大陸のパスポートを受け取り使ってはいけない、もし規定に違反すれば、台湾地区人民の身分と関連権益を喪失する。第33条の規定で、台湾人民は中国大陸の党務、軍事、行政或いは政治性を具えた機関機構、団体の職務、その他のメンバーを引き受けてはいけない。もし規定に違反すれば、身分を公務員或いは一般人民と見做し、刑事責任或いは行政罰金がある」

「中華民国は主権国家であり、これは議論の余地のない事実だ。関連メディアのでたらめな発議は、中国大陸内部の台湾に対する、「強硬にするほうが融和策よりも良い」という雰囲気が存在し非常に危険だということを示している。また一部の人間が台湾を矮小化し屈辱を与える対立の考えと挑発のやり方を提案することに依って、双方の対立を激化させようとしており、我が方は絶対に受け入れられない、厳正に中共当局にこの潜在的な危機に注意するよう告げる。最近の中国大陸はむやみに脅迫圧迫の後ろ向きの行為を取り、台湾人民の感情をきずつけている、完全に両岸関係の発展の助けにならない」等々

中共閱兵總統府成背景 府:人民反感 中央社
中共の習近平総書記がモンゴル人の居住地区の朱日和で閲兵式を行ったが、式の遠くないところに台湾総統府を模した軍の訓練設備があった。台湾総統府発言人黃重諺は今日取材に答えた、
「両岸の平和と安定を維持し、人民の幸せを確保することは両岸双方の共同の責任だ。台湾は国際社会の一員として、以前より、地域の平和、両岸の安定を守る立場と政策に力を尽くしてきたことは相当明確で且つ一貫している。」
「同様に、中国大陸は地域の大国だ、この点で努力する責任がある、狙いを定めた脅し、挑発のような無責任なやり方は、いたずらに台湾人民の反感を増やすだけでなく、国際社会もまた認めない」等々。

習近平朱日和閱兵 港媒分析有9特點 中央社
習近平大力軍改 估2020年完成 中央社
憂成另個劉曉波 陸維權者入獄重病纏身 中央社
中国の人権サイト「六四天網」開設者黃琦氏が勾留7ヶ月で病気を悪化させ第二の劉暁波になるのではないかと心配されている。2016年11月28日に中国の公安に連れ去られた黃琦氏は慢性腎炎、糖尿病、ひどい脳血栓、心肌炎冠心病、肺気腫等の多くの疾病を抱えていて、休息と薬物治療が必要だが、拘置所で、36人以上に順番に尋問されたり、一日6時間以上立って労働させられたりなどの虐待を受け、全身に浮腫が起き病状が悪化している。

中国の報道禁止用語の台湾編

今日も新聞稿や報道を見ていると興味をひかれる記事が多数あり、どれにしようか迷いながら呼んでいるとあっという間に時間が立ってしまった。
台北市の新聞稿インド映画のプロデューサーや監督ら映画関係者が台北観光をしている。
全新北門即將誕生 古蹟本體將由文化局接續修繕という新聞稿では台北市の高架道路に隠れていた清代北門城門が現れたことを載せている。
772616254244.jpg
写真は上記の新聞稿から

国の文化部の新聞稿では中正紀念堂を変えるのに一般の人の討論を通して変えていくとしている。
財政部の新聞稿では学生に夏休み期間アルバイトをするのに、雇用主に印鑑や身分証を安易に預けて、後に多額の所得を得たと国に把握される場合があった。悪徳業者に気をつけ、安易に印鑑等を預けて脱税に利用されないよう呼びかけている。

姚元浩偷拍王心凌GG了 私密床照外流可能原因曝光 自由時報の記事では芸能人同志のカップルが分かれて、男のほうが女性の写真を暴露したらしい。女性が訴えれば勝てると記事では書いている。写真とは? とググっていると時間が過ぎた。

自由時報の政治記事の見出しを眺めているだけでもまた時間が過ぎた。內閣改組傳言滿天飛 總統府出面否認 自由時報

ということで夜も更けてきたので新華社通信の禁止用語に「中華民国」追加 「事実の尊重を」中央社に出てくる禁止用語は
http://www.digitaling.com/articles/38596.html
等のサイトで見ることができる、台湾部分の一部を訳すと


34、「台湾」と「祖国大陸(或いは「大陸」)は対応概念とする、「香港、澳門」と「内地」は対応概念とする、混同してはならない。

35、香港澳門台湾住民が内地(大陸)に来ることを「中国」或いは「国内」に来ると称してはならない。「香澳台観光客来華(国内)観光」と言ってはならない、「香澳台観光客来内地(大陸)観光」と呼ばなければならない。

49、1949年10月1日の後の台湾地区政権に対して、「台湾当局」或いは「台湾側」と称し、「中華民国」を使用してはならない、また「中華民国」の紀年及び旗、徽章、歌を一律使用しない。「中華民国総統(副総統)」を用いて台湾地区の正(副)指導者を呼ぶことは厳禁、「台湾当局指導者(副指導者)」「台湾地区指導者(副指導者)」と呼ぶべきだ。台湾「総統選挙」に対しては、「台湾地区指導者選挙」と呼ぶべきだ、簡単には「台湾大選」と呼ぶ。

50、「台湾政府」という言葉は使用しない。
 (以下略)
このサイトは日本の個人のブログなので当然このような中共の規制検閲は関係ないが、日本のマスコミでもまさかこれにそのまま従っているところはないだろう。


柯文哲台北市長の再選の確率が少し上がる

獨/柯文哲和這7人競選 南霸天、五星市長都不是對手 三立新聞網
三立新聞が世論調査をして、2018台北市長選挙で誰に投票するか聞いたところ、意外にも柯文哲現市長が圧倒的に勝利することがわかった。候補者は柯文哲、朱立倫、賴清德、李鴻源、姚文智、丁守中等の8人だった。柯文哲市長の支持率は32.1%で2位の朱立倫16.0%に大差をつけている。柯文哲市長は台北ドーム問題で支持率が低迷し再選は危ないと言われていたが、それを跳ね返して再び支持率が上昇してきたようだ。
今日の台北市の新聞稿に三立新聞の世論調査についてのインタビューがまとめてある。


記者:今日のある世論調査で支持率が回復上昇している、この結果に満足か?

柯文哲:世論調査はちょっと見るにはいいが、なぜ逆から見ないのか、不満足度が4割に達しようとしている。
記者:あなたが中央に文句を言っているのと関係しているか?

柯文哲:両者は関係ない。実際、私は衝突があると世論調査は良くないと考えている、しかし間違いを見れば、文句は言うよ。

記者:この世論調査では明日投票なら、あなたは朱立倫を瞬殺する、あなたの支持度は50%、朱立倫は10数%だった。

柯文哲:やらなければならないことを真剣にやっていくだけだ、しかし間違ったことを見れば、言わしてもらう。

記者:この世論調査では、あなたの支持者と時代力量(台湾独立派の少数政党、若者層の支持が多い)の支持者で重なっているのが8割以上だ、来年の選挙ではお互いに協力するか?

柯文哲:両者に重なる部分が多いとしても、私はもっと多くの人の支持が必要だ、時代力量の支持者にだけ頼っていてはダメだ。友人は多く、敵は少なく、この道理を私はわかっている、しかし私は間違ったことを見れば、戦う。


20170725【LIVE大現場】台北市長柯文哲施政滿意度47 7% 朱立倫重申不選台北市長 │記者黃昕晟 周楷│三立新聞台 https://www.youtube.com/watch?v=ox4OSuDJa1Q

台湾の年金改革反対運動に中国が介入か

蔡英文総統の政権の年金改革政策について反対する人々がいる(特に国民党系が意図的に煽っている)。その反対運動の人間たちが蔡英文総統の発表されていない日程の場所に予め場所をとって待ち受け、抗議活動をしていた。例えば17日の台中市での「亞洲台商年會」出席は日程は非公開だったが、会場周辺には中国系の抗議団体が待ち受けていたという。これを関係者が問題視しているらしい。これは会場準備などでどうしてもわかるかもしれない、特に公務員には過去の影響で国民党系が多いらしいので漏れて、その情報が国民党系から同じ中国人意識から中国系の団体に漏れるのかもしれない。また中華民国国家安全局(中華民国の情報機関)は年金改革に関するフェイクニュースなどが国内以外に、多くが中国の微信、微博や中国が海外に設立している内容農場(英語ではcontent farms、例えばCOCO01等のサイト)を使って驚異的な量と深さ広さで発信されているという、これも中国系の介入の根拠にされている。
國安單位:反年改陳抗 有中國勢力介入 自由時報

また同じく自由時報の19日の中國勢力介入反年改陳抗? 府:不評論 自由時報の記事によると総統府の発言人は反年金改革運動に中国が介入しているのではないかというニュースに関して、「そのニュースには論評しないが、台湾は民主国家で違う意見を表すのは人民の基本的権利だ。しかし社会衝突の不安を作り出したり、国民の安全を傷つけるやり方は社会は認めないし、法律も許さない、訴えは冷静理性的に、法律の範囲を越えないように」と呼びかけた。

台湾の四大新聞は自由時報(民進党寄り)、聯合報(国民党寄り)、中国時報(国民党寄り)、蘋果日報(中立)と言われている、新聞だけでも元来は外省人の少数派の国民党系が多い、いかに戦後の国民党系独裁の影響が今だに続いているかがわかる。一時が万事で主要な分野では国民党系の影響がまだまだ大きいらしい。国民党系と中国系は親和性が強いだろうと思えるので、中国の介入も今のところはやりやすいのかもしれない。中国の介入に加えて国民党寄りのメディアや人間が一斉に蔡英文政権を攻撃すればその影響は大きいだろう。蔡英文政権に批判的な意見を読む時にその立場を考えながら読む必要があるようだ。
名実共に台湾本土の台湾人の国家になるには、民進党などの台湾系の政権が十年以上は続かなければ無理ではないのか。

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)