2018年台湾国内外経済情勢展望

国家発展委員会の新聞稿から


2018年国内外経済情勢展望
呉明蕙/国家発展委員会経済発展処処長

今年(2018年)を展望すると、国際主要機関は世界経済成長率は去年よりも優れているが、主要国家の貿易政策の動向、世界金融情勢の変化と地政学的リスク等の不確定要素が今年の世界経済の実績に影響を与えるだろうと予測している。国内面では、世界経済の回復が我が国輸出の勢いの継続を助け、内需もまた安定成長を期待できる。国内外主要機関はどこも今年の台湾経済成長率は2.0%~3.0%の間になると予測し、明らかに経済成長の勢いが安定して続くことを示している。政府は緩和、効率、投資の三方面で積極的に法規制の緩和、行政の効率化、台湾への投資の加速を推進し、以ってビジネスチャンスと雇用機会を創り、そうして国民の賃金上昇をもたらし、経済成長の果実を全国民に共有させる。

1、今年の世界経済は徐々に回復するだろう

国際主要経済機関の見積もりによると、今年の世界経済は引き続き回復する(附表1)。その中のIMFの予測は今年の世界経済成長率を3.9%とし、去年の3.7%より高い、それは主に先進国、新興国、途上国が同時に回復するためだ。この他、IMFは今年の世界貿易量増加は4.6%で。二年連続で世界経済成長率よりも高いと予測している。
guojiafazhan.png

世界経済は引き続きペースを拡大しているが、しかしアメリカのトランプ大統領の経済貿易政策の行方は保護貿易主義の台頭を引き起こし世界貿易の勢いに影響する恐れがある、加えて主要国家の金融政策が徐々に正常化されその他の国家の資金が流出する等の金融リスクが起きる、またアラブ国家、東北アジア地域の地政学的緊張等の不確定要素すべてが世界経済成長の歩みに影響を与える可能性があり、今後の展開はなお注目しなければならない。

2、国内景気は安定が期待できる

国内方面は、今年1月輸出は歴年同月最高を記録し、且つ輸出は2016年第4季以来連続5季成長、且つ去年の工業生産、小売業、飲食の売上高がどれも成長し、加えて労働市場の状態も安定している、去年12月の景気対策信号(Monitoring indicator)は黄青色信号になったけれども、景気領先指標(Leading indicator)と景気同時指標(Coincident indicator)は引き続き7ヶ月上昇しており、現在の国内景気が引き続き回復していることを明らかに示している。

将来を展望して、国内外の機関は今年の台湾経済成長率は2.0%~3.0%の間になり(附表2)、経済全体の勢いは安定していると予測している。その中で、主計総処は今年の経済成長は2.42%で、引き続き適度な成長をすると予測している。その主要な要因は、世界の貿易のひき続いての増加の恵みを受け、我が国の輸出の勢いを維持できると期待できる。投資方面では、半導体業者が高度な製造工程への投資を拡大し、加えて政府が積極的に将来を見据えたインフラ建設計画を推進し、産業イノベーション発展計画を具体化し、また政府は既に「台湾投資加速専案会議」を開始し、企業が投資で遭遇する困難を確実に解決している。主計総処は今年の固定投資成長率は4.46%の増加になると期待でき、経済成長を引っ張る重要なエンジンになると予測している。
guojiafazhan1.png

3、政府は景気回復の契機を把握し、法規制の緩和推進、行政の効率化、投資の勢いの強化の三つの面を通して、長期的経済成長の潜在能力を育てる

国内経済強化が政府の今年の最重要の任務だ。国内環境を改善し、投資の機会を増やし、国家の長期的経済成長を促進するため、政府は法規制の緩和推進、行政の効率化、投資の勢いの強化の三つの主要な面を通して、投資環境を改善し、資金を導入して実体経済に投入し、産業イノベーションの勢いを刺激し、以って台湾への投資、将来への投資を加速し、ビジネスチャンスと雇用機会を創出し、そうして国民の賃金上昇をもたらし、経済成長の果実を全国民に共有させる。

 1、法規制緩和の推進
  政府は事業新興、政治の簡素化、国民の利便性強化の原則を持ち、積極的に財政経済の法律の規制緩和を検討し、確実に法律規制緩和を実感させる成果を提出し、以って民間投資の勢いを加速させる。
(以下略)

スポンサーサイト

人工知能の大脳:AI用チップと台湾

台湾国家発展委員会の新聞稿から


人工知能の大脳:AI用チップ
發布日期: 107-02-19
聯絡人:詹方冠、簡大超

Googleの AlphaGo が囲碁の対局で人類最強棋士を破ってから、また人工知能の画像認識分野、音声認識等の分野の正確さで人類を超えてから、新しいAI(Artificial Intelligence)人工知能発展と投資のブームが巻き起こり、市場研究会社 MarketsandMarkets の予想によると、AI用チップ市場は2022年に160.6億ドルに達し、2016年から2022年までの年平均成長率は62.9%となっている。我が政府はこのデジタル科学技術発展の趨勢を掌握するため、積極的に「AI応用発展行動計画」を計画推進し、以て台湾が世界スマート科学技術イノベーションの重要な中枢となるようにする。

将来の5GとIoT時代において、情報流量流速と通信数量はどれも爆発的な発展を見せ、更に多元的先進的な高度な応用、例えばVR技術、スマートグリッド、自動運転車等々をもたらすと予想される。その各種応用にどれも十分に能力を発揮させるため、各種応用サービスは5G等の技術を通して専用化、特殊化されたネットワーク効率と資料分析を提供されることに加えて、更に重要なのはAI人工知能の実現だ。

AI用チップの応用分野は広汎で、国内外のソフトハードの科学技術企業、NVIDIA、Intel、Google、Microsoft、聯發科、台積電、日月光等はみな資源を大量に投入して大きなビジネスチャンスをつかもうとしている。

○ NVIDIAはもともとGPUのトップ企業で、GPUが大きな演算能力を具え、ディープラーニングでのAIへの応用に非常に適合しているため、現在NVIDIAがAI用チップでリードする位置に立っている。

○ IntelはAI用チップ競争力を強化するため、2016年AI新興業者Nervana Systemsを買収し、また2017年10月17日に「Nervanaニューラルネットワークプロセッサー」を発表し、AI用チップ市場に食い込んだ。

○ GoogleはAIを導入しネットの検索能力を向上させるため、自ら開発した特殊AI用チップ(ASIC)を投入し、検索結果の相関性と地図とナビゲーション能力の正確度を向上させる。

○ Microsoftは拡張現実(AR)ヘッドセットの画像認識と音声認識能力をより高めるため、次世代型ヘッドセットで使用するAI用チップを研究開発中で、また可変性AI用チップ(FPGA)をクラウドサービスに導入する。

○ 聯發科(MediaTek)はAIを将来五年の重点投資項目にし、専門の研究開発チームを設立し、また NeuroPilot プラットホームを押し出し、スマホ、高度家庭機器、自動運転車等の製品でのAIビジネスチャンスを勝ち取ると宣言している。

○ 台積電(TSMC)はAIのため先進チップ製造工程を特別に造り、またNVIDIA等の新世代AI用チップのODM生産注文を受けている。

○ 日月光、矽品は既にAIに必要とされる立体型積層パッケージング技術を開発し、積極的にAI用チップソフトウェアテスト市場の利益を勝ち取っている。

(以下略)


激化する「AIチップ開発競争」と、その先にあるニューラルネットワークの未来図 wired
中国政府、AIチップで「2030年に世界トップ」を目指す戦略を明らかに──動き始めた巨大プロジェクト wired
AIチップスタートアップの競争は既に始まっている TechCrunch

中国の「天宮一号」の落下範囲に日本、台湾も含まれる

中国が2011年9月29日に打ち上げた無人宇宙実験室「天宮一号」は2016年3月に制御不能に陥った。毎週5キロの速度で地球に近づいており、徐々に早くなって今年の3月頃地球の北緯43度から南緯43度の間に落下すると予測されている。
天宮一號3月撞地球 各國緊盯預測落點 中央社
中國太空站天宮一號落點涵蓋台灣 太空中心:下月預測會較精準 蘋果日報
中国の「天宮1号」、3月までに地球に落下 CNN

台湾国家宇宙センターの余憲政副主任が中央社の取材に答えて語った。
「台湾の衛星は重量が重くないため大気圏で燃え尽きる、しかし天宮一号は約8.5トンあり、大気圏で完全に燃え尽きず、破片が落ちる可能性がある、しかし数量や大小、位置などは予測が難しく各国が注目している」
「天宮一号は地上から300キロのところから落下をはじめ現在270キロまで近づいている、天宮一号の軌道から予測をしたいが、200キロまで近づかないと精確な予測ができない」
「天宮一号の一部の劇毒、高腐食性の物質が地球に落下する可能性がある、その場所は立入禁止になってしまう可能性もある。落下する範囲の中には台湾、ニューヨーク、東京などが含まれる」

その他
伊朗墜毀班機 與復興航空失事班機同機型 自由時報
イランの Aseman Airlines の飛行機が墜落し、乗員乗客66人全員が亡くなった。墜落したATR-72型機は2015年2月,台湾の基隆河に墜落した復興航空機と同型機だった。

總統前往臺中、彰化、南投、雲林、嘉義等地廟宇祈福參拜並向民眾賀年 中華民国総統府
農暦正月三日目、蔡英文総統は台中、彰化、南投、雲林、嘉義等の廟宇を参拝しまた人々にお祝いの袋を配った。

「野生馬英九」拜年人氣旺 網酸:不信小英卸任會如此 YAHOO!
国民党の馬英九前総統も新年の初詣に行ったが、どこでも人々に取り囲まれ大歓迎をされたと自分のFacebookで写真を披露した。おそらく国民党員を動員したのだろう。まだまだ国民党員も、中国との統一派の勢力も一定程度あるということだろう。

台湾新年二日目台北保安宮で柯文哲市長と蔡英文総統が参拝

台北市の新聞稿から画像も
376b3f01-6e75-4ace-8210-f46400fe5c95.jpg


春節2日蔡英文総統に同伴して保安宮を参拝す 柯文哲:みんなの2018年が旺旺旺!になるよう祈る(旺は盛んの意味で発音は戌年にピッタリのワン)
發布機關:臺北市政府秘書處媒體事務組
107-02-17

今日は春節二日目、台北市長柯文哲は朝早くから息もつかせず台北市の慈后宮、葫蘆寺、保安宮、省城隍廟、臺北天后宮、龍山寺、雙福宮、廣照宮、艋舺青山宮、慈諴宮、芝山惠濟宮、福星宮、慈生宮等の各宮廟を参拝し、地元の信徒の人々に新年の挨拶をした他にも、香を焚いて神仏に風調雨順、国泰民安、市民の安居楽業を祈った。

柯文哲は挨拶で語った、「過去一年来台北市の各宮廟は台北市政に協力し、特に台北ユニバーシアードを賛助し支え開催を成功に導いたことには最大の感謝の意を表したい」 柯市長はまた蔡英文総統と一緒に保安宮を参拝し、お年玉を民衆に配った。

柯文哲は語った、「過去一年媽祖に多く助けてもらい、去年(106年)のユニバーシアード開催時には、台風がそれて台北直撃はなかった、これこそ媽祖が台湾を助けたのだ。台北市は宮廟の助けを多く受けた、皆さんにはユニバーシアード開催時お金を出してもらい、私はこれに非常に感謝している。台湾の宮廟は信仰の中心ということに加えて、更に教育文化、社会福祉の中心だ。台北市の宮廟は過去台北市を多く助けてきた、将来市の助けが必要な所があれば,何でも市に言ってもらえれば歓迎する。私はすべての参拝に来ている人の身体健康、萬事如意、闔家平安を祈る、2018年は戌年だ、皆さんが旺旺旺できるよう祈る」

その後記者のインタビューを受けた
記者:総統がさっきあなたに手を動かしていましたね

柯文哲:あった、総統が私にもう一度立つよう促した

記者:なぜか今日着ているワイシャツは見たとこアイロンが当ててあるようですね

柯文哲:(笑)昨日帰ってタンスをひっくり返して探しだした服だ、総統と並ぶからにはいつもきれいにしなくてはいけない
(以下略)


2018九合一-蔡英文保安宮發福袋 柯文哲.姚文智同台-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=a1_m09woBlA


大年初一到十五都吃啥?中國的「年味」有講究 新唐人亜太台

蔡英文総統初詣で各地を周る

中華民国総統府新聞から


総統が台東、屛東、高雄、台南、嘉義等の地の廟宇に行き福を祈って参拝しまた民衆と新年のお祝いをした
総統は台東、屛東、高雄、台南、嘉義等の地の廟宇に行き福袋を手渡す
中華民國107年02月16日

今日(16日)農暦の元旦、蔡英文総統は前後して台東、屛東、高雄、台南、嘉義等に行き当地で著名な宮廟を参拝し、また戌年新春の福袋を手渡し民衆に新年の挨拶をした。

総統は朝早く「台東天后宮」に到着し、「霖雨遐被」と題した扁額を贈り掲げ、また現場の民衆の熱烈な歓迎を受けた。その後「屛東玉皇后」、「高雄三鳳宮」、台南「台湾首廟天壇」等の地に行き参拝し、最後に嘉義「新塭嘉應廟」で「孚佑生民」の匾額を掲げた。総統は参拝した時、国家安泰、国民安康、風調雨順を祈った他、また自ら福袋を手渡す機会を借りて民衆に新年の挨拶をし、国民が新しい一年に平安幸福、万事如意であるよう祈った。

現場で並んで福袋を受け取った民衆は大喜びで、人波は絶えず、新春を喜ぶ熱気が溢れていた。


蔡英文総統が台南市忠義路の「台湾首廟天壇」でお年玉袋を手渡していた所、男にいきなり「蔡英文下台」(蔡英文辞めろ)と怒鳴られた。報道では計三回発生し三人が警備の人間に取り押さえられたという。映像では蔡英文総統は笑っている。おそらく国民党系か中共系の中国との統一派だろう。
這個人對總統蔡英文說了"一句話" 還沒領到紅包 就被抓出去了|【台灣要聞。先知道】20180216|三立iNEWShttps://www.youtube.com/watch?v=8mvCMv_fbdw


【有片】蔡英文台南發紅包 陳抗者三度近身突襲爆喊「下台」蘋果日報

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)