FC2ブログ

中国の外交官が漢族の言葉を話せないでどんな人権を語るのかと発言

中国の張霄駐カザフスタン大使が最近インタビューに答え、新疆(東トルキスタン)問題について語ったとき、一人の現代人がもし自国の共通語の文字を読み書きできず、現代の婚姻の意味を分からず、基本労働技能がなければ、「テロリズム、分離主義、宗教上の急進主義の勢力」に洗脳利用されるだけになり、どんなその他の人権も語ることができなくなると言った。
新疆文化清洗 陸外交官:不會普通話談什麼人權 中央社

これはカザフスタンのメディアの合同取材を受けた時に語り、カザフスタンの中国大使館が15日内容を公表した。張霄は新疆の収容所を中国側の呼び方「職業技能教育訓練センター」と強調した。彼の言った内容は、「教育訓練センター」は監獄ではなく社会全体に向き合う学校だ、教える目的は人を教育してよい人を悪い人にさせないためだ。内容はまず共通語を学びすべての中国人が聞き話し書ける共通語をできるようにする。これはいかなる文明国家でも自国民に要求し教育する内容だ。

張霄はその他に語ったのは、もし自国の共通語が分からなければ、現代の結婚の意味も分からず、基本労働技能がなく、家で奴隷のような妻になったり、決められた夫の虐待に遭うだけになる、「テロリズム、分離主義、宗教上の急進主義の勢力」に洗脳利用されるだけの人権以外に、どんな人権もなくなるのだ。「教育訓練センター」には刑はなく、人権の尊重と保護があるのみだ。世界に流れている「教育訓練センター」に関する「フェイクニュース」と正反対の存在だ。

その他
柯文哲、韓國瑜選總統? 民調:北高市民過半不支持 自由時報
「遠見雜誌」の世論調査によると、台北市58.4%と高雄市53.7%の市民は市長が総統選挙に出馬して、任期途中でいなくなることに反対している。その中で強く反対しているのは台北柯文哲34.2%、高雄韓国瑜33.6%、また出馬を支持している市民は柯文哲側は29.7%、韓国瑜37.9%、強く支持している市民は、柯文哲12.2%、韓国瑜22.9%。また韓国瑜高雄市長は老人世代の支持が高く、柯文哲は若者世代の支持が高い。
台北市新聞稿

スポンサーサイト

四月のこと座流星群が来る

台北市の新聞稿から


火球を見たいですか? 四月のこと座流星群が来る!
發布機關:臺北市立天文科學教育館
聯絡人:李瑾、張桂蘭
發布日期:108-04-19

毎年四月中旬から月末にかけてこと座流星群が出現する、推算によると今年の極大期は4月23日早朝発生し、一時間に18個の流星があると予想される。しかし今年のこと座流星群の極大期はちょうど満月が過ぎた後にあたるため、鑑賞するとき月光の邪魔がやや大きい。しかし過去の経験に基づけば、こと座流星群は火球を出現させる割合が相当高い、これらの火球の光度は明るい金星に劣らない、それゆえ流星ファンは視野の開けた場所を選び、月光を避ける方向に向かって鑑賞することもできる。

こと座流星群は人類が最も早く記録した流星群の一つだ! 「春秋左傳・荘公七年」の中に記載がある。「夏,四月,辛卯,夜,恆星不見,夜中,星隕如雨。」指摘されているのこそ紀元前687年出現したこと座流星群だ。その母天体は1867年にサッチャー彗星(C/1861 G1)と確認され、最も早く母天体を確認された流星群となった。
詳細資料は台北天文館サイトを閲覧。


80204610-4cc6-48f7-abe7-9912d0899001.jpg

中国のフォックスコン内部に中共党支部

今日午後1時1分、花蓮でマグニチュード6.1の地震が発生し、台北市と新北市と花蓮で合計17人が負傷、台北市のビル一棟が傾いた。数日は余震の恐れがある。
花蓮でM6.1地震 17人けが 台北でビル傾く 中央社
花蓮地震全台有感 17人受傷1大樓傾斜 中央社

今日の地震の時に台湾の花蓮県と台北市の住民の携帯に災害警報が送信され、人々が対応できて損害を減らせた。送信された内容は「04/18 13:01左右花蓮地區發生有感地震,預估震度4級以上地區:花蓮,氣象局」だった。
災防警報先響地震才開始搖 NCC掌握快速關鍵 中央社

王金平:身上一顆台獨細胞都沒有 中央社
国民党の中で総統候補に名乗りをあげている王金平氏は台湾の本省人のため、国民党員だが独立志向を持っているのではないかと言われている。しかし今日彼は、自分は台湾独立の細胞は一つもないと言った。また九二共識こそが両岸安定の要だと言った。

富士康設中共黨支部影響郭董參選?陸委會:宜由鴻海說明 自由時報
フォックスコン・テクノロジー・グループの郭台銘会長が台湾総統選挙に名乗りをあげているが、中国フォックスコンには中共党支部が設置されており、台湾の総統選挙に立候補できるかどうかと記事になっている。
中国の約186万の民間企業の中の70%近くに党組織が設置されている。新華社の報道によると、フォックスコン・テクノロジー・グループの党支部は2001年12月15日成立し2017年9月までに中国全国で1030の党支部があり、党員は3万余人だという。台湾の法律で明確な規定はないが、台湾大陸委員会邱垂正副主委は今日定例記者会見で、「大陸での企業集団がもし党支部を設置して事業にどのような影響があるのかは、その企業集団が対外的に説明するべきだ、今は本会はコメントしない」と言った。

[中国のフォックスコン内部に中共党支部]の続きを読む

2019年4月17日中国外交部記者会見-日本関連抜粋(中日青少年交流促進年、アフリカ開発会議での債務問題の議論)

2019年4月17日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋(中日青少年交流促進年、アフリカ開発会議での債務問題の議論)
https://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1655241.shtml 中国外交部


問:先週末、中日青少年交流促進年開幕式が北京で開催された、中国側は青少年交流の中日両国関係の中での働きをどう見るか? 将来的に中日青少年交流を促進する面においてどういう計画を持っているか?

答:皆さんは既に留意していると思うが、先週末、王毅国務委員兼外相と河野太郎外相が北京で開催された中日青少年交流促進年開幕式に共同で出席し挨拶した。皆さんご存知のように、国の交わりは民が相親しむところにある、中日友好の帰結するところは両国人民の友好であり、青少年交流は中日民間交流の重要な構成部分だ。

中日青少年交流促進年の手配の一つとして、双方は、将来5年内に3万名の青少年が交流相互訪問を実現する予定を協議決定した。皆さんは1984年中日青年友好懇親行事をまだ覚えているかもしれない、当時3000名の日本の青年が中国を訪問し、両国関係史上力強く鮮やかな一筆を書き残した。我々は、両国青少年が若者の創造と知恵で豊富で多彩な交流活動を展開し、互いの理解を高め、相互に深く知り合い、両国民間交流の中のもっとも目覚ましい新手の勢力となることができることを心より希望する。

問:報道によると、日本政府は中国に対しての債務問題に関係するアフリカ国家に金融の専門家を派遣し、財政困難に関して協力し解決すると決定し、また今年8月日本で開催されるアフリカ開発会議に提出する予定だ。中国側はこれについて何かコメントはあるか?

答:アフリカ債務問題に対して、中国側は既に何度も見方と主張を表明してきた。現在、アフリカ国家は経済社会発展の速度を早めることに取り組んでいるが、資金不足は長期間アフリカ国家の発展を制約する主要な問題だ。アフリカ国家のよき兄弟、よい友人よいパートナーとして、我々はアフリカ国家の困ったところを助けようとし、アフリカ国家の思うところを思い、中国アフリカ投融資協力を強化したいと思い、力の及ぶ限りアフリカインフラ状況と経済社会の発展環境を援助改善し、アフリカ国家の自主発展能力を増強している。事実が証明しているのは、上述の協力はアフリカ人民にうそ偽りのない利益をもたらし、アフリカ国家政府と人民の広汎な歓迎を受けている。

中国側はずっと国際的協力パートナーがアフリカに対する協力を強化することに対して歓迎し開放的な態度を持ち、国際的なアフリカに対する協力は力を合わせ、アフリカの発展をよりよく助けるよう一貫して主張してきた。もし日本政府がアフリカ国家のためにアフリカに対する投融資協力を含む、いくつか実用的なことをもっと行うなら、中国側はその成功を希望する。しかしもし日本側が何らかの政治的考慮のために、所謂アフリカ債務問題を使って言いがかりをつけ、甚だしくは中国の顔に泥を塗ろうとするなら、アフリカ国家の賛同は得られないと信じる。

4月15日多数の中国軍機が台湾周辺を飛行

昨日「15日、多数の中国軍機が同日正午ごろ中国大陸南部から台湾南方のバシー海峡上空を通過して西太平洋に出る長距離飛行訓練を行った」。
多数の中国軍機が台湾周辺を飛行 国防部、F16をスクランブル発進 中央社
中国機の東シナ海及び太平洋における飛行について.pdf 統合幕僚監部04/15
蔡英文総統は今日国家安全会議でこれに対して指示をして、「国防部は各共産軍の動態を厳密に監視制御し、万全の対応準備をし、国家の安全に不安が生じないよう確保するよう。また地域の安全の共同の責任に基づき、本事件の安全情報は、即時地域の関係国家に知らせるべきだ」と言った。

また中国の台湾政策を行う国台弁の発言人馬暁光は今日これら民進党当局の対応に反応し脅迫した。
http://www.gwytb.gov.cn/wyly/201904/t20190416_12156946.htm 国台弁


国台弁:我々の国家主権と領土の一体性を守る断固たる決心と強固な能力を見くびるな
時間:2019-04-16 14:45

新華社北京4月16日電 中国人民解放軍東部戦区の海空兵力が台湾島を巡り巡航と合同演習に出動したことに対して、民進党当局が中傷している、国台弁発言人馬暁光は16日答えて表明した、中国人民解放軍の最近の訓練演習は年度計画内の正常な手配だ、趣旨は国家主権と領土の一体性を守り、台湾海峡の平和と安定を守り、両岸同胞の共通の利益を守ることだ。民進党当局が台湾民衆を騙し誤った方向に導き、この機会に乗じ両岸対立を挑発し、両岸の敵対意識を高め、両岸関係と台湾海峡の平和と安定を破壊し続ける企みは実現しない。いかなる人も、いかなる勢力も我々の国家主権と領土の一体性を守る断固たる決心と強固な能力を見くびるな。



その他
武力統一支持の中国学者が出境 デモ参加の予定を否定 中央社
大陸委員会新聞稿
12日台湾を武力統一すると主張している中国の学者が国外追放になったが、台湾の中国政策を行う大陸委員会はその正当性と総統の指示だったという新聞稿を発表した。


中華民国は外来人士が国際規範に違反し台湾に来て台湾を武力統一すると宣揚し、戦争を鼓吹することを歓迎しない
發布日期:108-04-16
陸委會新聞稿編號第045號

中華民国は自由、民主、法治の国家だ、憲法は国民に十分な言論の自由を有することを賦与している、しかし戦争を鼓吹し、台湾を武力統一することを宣揚する等の言論に関しては、国際社会の平和を追求する普遍的価値に違反しており、また市民的及び政治的権利に関する国際規約第20条の戦争鼓吹の禁止の規範精神に違背している、この様な言論は国際社会に同意されるはずはなく、また我が国民全体に受け入れられるはずもない。

最近のメディアの報道で、外国及び中国大陸から来た人士が4月下旬台湾に来て、武力で台湾を統一する、言葉で攻撃し武力で統一する行為を宣揚する等の一部の情報があり、政府関係機関はどこも把握しまた国家安全部門高官に報告した、総統は陸委会の報告を聞いた後、出入国等の機関が関係者の台湾に来た目的に対して抜かりなく把握するべきで、もし来台の主張が「一国二制度」、「武力統一」等の戦争を鼓吹する、台湾人の生活を恫喝する主張があり、国家安全、社会の安定に影響を与える恐れがあるものは、政府は相応の管理制限措置を取るべきで、必要な時には入国拒絶を与えるべきだと決定指示した。

(略)


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国政府の発表等は中国共産党の党員による中国共産党政府の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)