食品藥物管理署がクラトム(Kratom)を禁止薬物にするよう要請

台湾衛生福利部の新聞から


ネットでクラトムを買うことは、支払いと健康に注意
資料來源:食品藥物管理署
建檔日期:107-02-14

近日メディアが、クラトム(Kratom)がアメリカで数十例の死亡事件に関係し、アメリカ麻薬取締局(DEA)はそのためクラトムをヘロインと同級の「一級管制薬物」に指定しようとしていると報道した。ネット上の情報には国境がないことに鑑み、民衆がネットの個人輸入を使用する恐れがあり、民衆の濫用が健康被害をもたらすことを避けるため、食品薬物管理署(以下食薬署と称す)は既に法務部にクラトムを麻薬に加えるよう要請した。

クラトム乾燥葉は主に精神に影響する物質 mitragynine と 7-hydroxymitragynine 等を含み、アヘン類受容体の促進剤と成る、このため濫用すると中毒となる危険がある。クラトム葉は使用後動悸、意識混乱、嘔吐、血圧上昇等の反応が発生する可能性がある、使い過ぎも死亡に至る。我が国の麻薬に対する規制は「毒品危害防止条例」を規範とする、ただもし医薬と科学で必要があれば、「管制薬品管理条例」で管理し、医薬と科学で使用する者が不法に流用しないようにしている。クラトムは目下まだ医療用途としては無審査だ(原文は卡痛目前尚無核准之醫療用途)、もし麻薬として管理するのなら、法務部の麻薬審議委員会によって審議される必要がある。麻薬指定後、もし科学で使用する必要があれば、再び衛生福利部管制薬品審議委員会によって管制薬品として加える審査をする。

食薬署の「管制薬品濫用通報システム」及び「濫用薬物檢驗通報システム」の資料は、100年(今年は107年)から今まで通報案件がないと明らかにしている。食薬署は引き続き濫用資料を監視し、また世界に加わった最新資料を収集し、適時法務部に提供し、麻薬編入審議の用途に供する。

食薬署は民衆に呼びかける、現在世界各国はまだクラトムが医療用途を具えていると実証していない、その成分を含む品はその安全性は確認されておらず、もし疾病の問題があれば、迅速に医者に行かなければならない、決してネットで購入して使用せず、以て自身の健康と金銭に問題を起こさないよう。


「クラトム」、それは薬か麻薬か──規制をめぐる激論の行方 wired
>クラトムは日本国内においては、2016年3月に指定薬物として規制対象になった

調劑科主任毛志民:​含「卡痛」產品應速列為毒品 蘋果日報
スポンサーサイト

台北市の家庭薬剤師計画

台北市が福祉施設の老人や独居老人の薬についてアドバイスしたり電話での相談に応じる制度を始める。台北市の新聞稿から


台北市第五回成績優秀薬剤師表彰大会と台北市と澎湖県家庭薬剤師計画協力記者会見 柯文哲 全台湾により良い医療サービスを広められうよう希望する
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2018/1/7

台北市長柯文哲は今日(6日)午前台北市議会開催の「台北市第五回成績優秀薬剤師表彰大会と台北市と澎湖県家庭薬剤師計画協力記者会見」に参加した。市長は、薬剤師の表彰を通して、台北市の薬剤師の台湾市民の健康に対するサービスに感謝し、また薬剤師たちが引き続き努力して、市民により良い医療サービスを提供するよう要請した。

柯文哲は挨拶で表明した、
「現在台北市には5千6百人以上の薬剤師がいて台北市民の健康のため仕事をしている、家庭薬剤師計画は重要な政策だ。みなさんは台北市は医療資源の豊富な場所だと考えている、しかし台北市の約半分の家は古いアパートだ、昔の家はエレベーターがなく、70や80の老人たちは昇り降りに苦労している、医者にかかるのも老人にとってはとても難しいことなのだ」

「台北市は8箇所の医学センターがあり医療資源は豊富だけれども、多くの人にとっては使いにくい、そのため家庭医療を開始する、その中で重要なのは家庭薬剤師だ。過去この種の計画は短期且つ試験的な計画で固定的なものではなかったが、現在は計画的に一歩々々推進し、まず老人福祉施設からはじめてそれを拡大して地域でも実施する」

「いくつかの医療問題、例えば老人が何人かの医者に診てもらい、薬を複数受け取っていた、家庭薬剤師の制度があれば、薬剤師が全ての薬を調べて重複した薬を減らせ病人の安全を確保でき、薬物の濫用浪費を避けることができ、廃棄薬物処理問題でさえ避けられる」

今回の澎湖県との協力を柯文哲は喜んでいる、彼は常に「台湾の改変を首都から始め、台北の改変を文化から始める」と言っている。しかし新制度を創るのにもお金がいる、台北市は資源がまだ比較的豊富であり、台北市は過去数年絶えずイノベーションを行い、成功後は台湾各地に広めてきた。台北市は経験を外島の澎湖に押し広めることができる、将来この種の制度が全台湾に広がり、台湾人民がこの種の医療サービスを享受できるよう希望する。

メディアが凱達格蘭大道の労基法改正への時代力量党党首らの座り込み抗議について聞いた。柯文哲、「総統府周囲は座り込み抗議は禁止された地区だ、しかし人民の抗議の権利は尊重する、しかし申請しなければいけないし、法によって事を行わなければならない、特に立法委員は、法律を作るのには法を守らなければならない、総統府近辺は本来デモはできない」
(以下略)

台北市と国が大気汚染悪化で注意を呼びかける等のニュース

明日にかけて中国大陸から流れてくる寒波と大気汚染の影響から台湾の西部の大気汚染のレベルが上がる、国や台北市は注意を呼びかけている。
国の衛生福利部の新聞から


空気品質の悪化と低温、楽しい年越しを過ごせるよう自身で注意しよう
資料來源:國民健康署
建檔日期:106-12-31

国の環保署の空気品質観測網の予報によると、今日(31日)大陸の冷気団の南下が国外の汚染物をもたらすのを受け、西部と馬祖、金門がAQI指数150以上の赤色の警告、宜蘭と澎湖は「橘色の注意」になり、雲嘉南空品区は埃が舞い飛ぶ天気を引き起こす可能性があり、加えて北部は気温が低下する。国民健康署は民衆に年越しの外出は防護措置をとらなければならないと注意する。
(以下略)


台北市の新聞稿から


今日(31日)台北市の空気品質は赤色等級(AQI150以上)に達する可能性がある 環保予防制御指揮センターは全面的に対応し 民衆に注意防護を呼びかける
發布機關:臺北市政府環境保護局
發布科室:空污噪音防制科
發布日期:2017/12/31
聯 絡 人:楊梅華科長

台北市環保局今日(31日)発表。
行政院環境保護署空気品質預報によると、寒気団が中国沿岸の国外汚染物質をもたらす影響を受けて、今日(31日)台北市の空気品質予測AQI指標は150以上(全ての人に不健康な赤色等級)に達する可能性がある、主な指標汚染物質はPM2.5だ。環保局は今日午前9時当局の指揮センターに入り、全面的に対応した。環保局はまたアレルギーの人、老人子供等の抵抗力の弱い人と心血管の患者にできるだけ外出を減らすよう注意する。この寒気団はホコリと寒気をもたらす、台北市民が越年行事に参加する時は暖かくしまた個人で防護措置をとるよう注意する。

本寒気団は今日午前から徐々にAQI指数を高め、午後150を越える場合があった、この汚染の波は1日朝まで続くと予想される。今日大陸の寒気団の南下が国外の汚染物(上海31日8時PM2.5が146マイクログラム毎立方メートル)をもたらしたのを受け、今日6時頃北部の空気に影響をし始め、富貴角観測点でPM2.5濃度が18μg/m³から、92μg/m³に上昇し、その後徐々に北から南に伝わった。PM2.5濃度上昇に加えPM10濃度も上昇した。
(以下略)


日本のPM2.5情報・予報サイトPM2.5まとめ(台湾も表示してある)
教育部の新聞稿
教育部補助改善老舊廁所,讓學生安心使用、快樂學習!
「公立国民中小学老旧廁所整修計画」で教育部が老朽化した学校のトイレを改修した成果について(略)

台北の2017大晦日、大気の状態はあまり良くない

台北市の新聞稿から


国外の汚染の影響を受け31日の年越しの空気は良くない 台北市環境保護局は対応作業を開始 影響を受けやすい人に注意予防を呼びかける 
發布機關:臺北市政府環境保護局
發布日期:2017/12/30
承辦單位:空污噪音防制科
發稿日期:106年12月30 日
聯 絡 人:楊梅華科長

台北市環境保護局の今日(30日)の発表。
環保局の空気品質予報によると、東北の季節風がもたらす国外の汚染物の影響を受け、明日(31日)北部の空気品質AQI指数*は100より大きくなる場合があり、影響を受けやすい体質の人に対して不健全な橘色の等級になる、(主な)指標汚染物はPM2.5である。環保局はSOP(標準業務手順書)に従うのに加えて、関連管理措置を開始した。31日の元旦の休暇にあたり、市民は旅行や年越し行事に参加する予定かもしれないが、環保局は大気汚染の影響を受けやすい人に戸外活動を控え、外出時はマスクをしたりそれぞれでの防護措置をするよう呼びかける。
*)整合PM2.5、臭氧 新式空污指標「AQI」12月1日上路 環境資訊中心

(国の)環保署の空気品質予報に拠れば、31日は東北の季節風がもたらす国外汚染物質の影響を受け、北部、竹苗、宜蘭地区は「橘色の注意範囲」(AQI101以上)に達するだろう。最新の空気品質と気象予報によると、31日朝粒状汚染物質濃度は徐々に高まり、この国外汚染の波は1日早朝まで影響が続くと予想される。環保局は引き続きこの波の前線の空気品質に与える影響に細心の注意を払っており、また(国の)環保署に台湾電力と強調して協和と林口発電所の負荷を下げるよう既に要請した。また、環保局サイトで最新情報を発表して市民に注意を呼びかける、教育局、社会局、衛生局等の部門が対応するよう通知する、埋め立て地、工事現場の洗い流し、水撒き等の粉塵抑制措置の強化、高濃度排気ガス車輌の停止を2倍にする等の関連防護措置と管制作業を行うだろう。そうすることによって国外汚染の本土来襲と本土自身の汚染が結合して空気品質を悪くする現象を遅らす或いは軽減させて市民の健康への悪影響の可能性を低減させる。

この寒波の波は汚染物質と冷たい空気をもたらし、台北市の明日(31日)から1日の温度は14度を切る予想だ。台北市民は越年行事には保温に注意し、老人子供と汚染の影響を受けやすい人はできるだけ戸外の活動を減らし、外出時はマスクをしまた個人で対応策を取るよう呼びかける。最新の空気品質の状態に関しては、市民は環保署の空気品質観測網(http://taqm.epa.gov.tw/taqm/tw/default.aspx)を参考にできる。


環保署のPM2.5の観測サイトhttps://taqm.epa.gov.tw/pm25/tw/default.aspx
日本のPM2.5情報・予報サイトPM2.5まとめ(台湾も表示してある)

「色づく街」、台北の街路樹台湾木欒子(たいわんもくげんじ)

台北市の新聞稿から(画像も)
緑の台湾木欒子
71228144259.jpg
秋冬の落葉前の台湾木欒子
7122814422250.jpg


冬の木欒子ショー 台湾モクゲンジが町を赤く染める
發布機關:臺北市政府工務局公園路燈工程管理處
發布日期:2017/12/28
發稿單位:園藝工程隊
聯絡人:劉玉華
承辦聯絡人:胡鴻威

季節が変わるのに応じて、台北の街頭で多くの落葉樹が色づいた葉を落とし始めた。その中の台湾木欒子は代表的な落葉樹だ、台湾木欒子は台湾の固有種で栴檀(Melia azedarach)と似ている、どちらも羽状複葉で、そのため「苦苓舅」「金苦楝」と呼ばれることもある。

公園処が表明する、「台湾木欒子は四季に呼応して、新緑、濃い緑、黄金色、濃いピンクの四種の色彩に変化し四色の樹と言われる。濃い緑の葉が黄色い花を引き立て、赤く互い違いに実る果実、豊かな色彩はこの町に活力をもたらし、台北市でよく見ることができる街路樹と公園の緑地の樹となっている」

園工隊の胡鴻威隊長が語る、「台湾木欒子は台北市で約6,000株以上植えてある。敦化南路2段と忠誠路は台北の著名な台湾木欒子の通りになっている。それぞれ約1,000株、その他忠孝東路5段、7段、民權東路6段、承德路4段、7段、基河路、士東路、康寧路3段等ではどこでもその姿を見ることができる」

その他台湾木欒子は四季の変化に応じて、春は芽を吹き、夏は緑陰を作り、秋は黄色い花、冬は赤から落ち葉になる。特に呼びかけるのは、冬の落葉期間は1〜2週間だ、葉が落ちた傷口の細かい汁に多くの昆虫が引き寄せられそれを餌にするため、街路樹帯の生物の活動が活発になる、一般的に汁は腐食性はない、車の上に滴っても拭けば大丈夫だ。同時にまた呼びかける、12月から1月の間、路上駐車をする時、気になる市民は台湾木欒子の下の駐車スペースに駐車しないようにしてください。



その他
中共武嚇頻 外媒:民主台灣對專制中國沒興趣 新唐人亜太電台
中共の記者会見や報道で台湾への威嚇、脅しが続いているが、ロイター社は台湾は軍事面で大陸の攻撃に備えているのに加え、台湾人は政治制度の面で民主制度に誇りを持っており、中共の専制統治には興味を惹かれていないと書いた。

蛋蛋的哀傷!愛愛到一半 男子遭妻咬下右睪丸

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)